我が青春のMBX

初めてのバイクMBX
思い描く完成形を目指して
カスタム有り/レストア有り
の作業記録ブログです!

ブーツのリペア 其の七 ヒールカウンターの補修 再び

2020-01-24 | BIKEネタ
さて潔く、もう片方の羽も切り取る

多少 切れ込みが入っていた事もあるが(時間の問題)
このサイズのプラパーツを、コース内に落としたらと考えての判断

改めて中身を検証

やはり貼り付け処理には向いて無い
ヒールカウンター/単体での補修がマストだが
パックリ二つに割れた様な状態(中々重症)

接着剤を使用するならば、溶かして着けるタイプの方が有効だろう
しかしながら、このレベルだと接着処理が 難しい事は元より
一般的な「プラモデル用接着剤」と「ABS用接着剤」共にテストしたが
どちらも、素材が溶ける様子が見受けられない

溶かして着けるとなれば…「半田ごて」で溶接モドキ

素材が柔らかく有効手段となるか?
接合部の柔軟性が損なわれる為 →そこから割れるかも(硬くなってしまった結果)

割れ目に沿って、突き刺す様に処理

エクボ状に凹みが、致し方無い

転んでも、ただで起きるな精神で
切り取った羽を溶かし→充填( ̄ー+ ̄)


先回同様 カーボン調/カッティングシートを貼り付け


余白を切り取ると…
あ…Σ(T▽T;) 塗装はげた

まぁ それだけカッティングシートの粘着力が高い証拠
むしろ革に「アクリル絵の具」が、染み込んでるイメージだったので
ペリペリっと剥がれた事に驚き

とりま、タッチアップ


のつもりが…結局 全塗装してwww

補修完了(*`・ω・)ゞ


剛性や装備重量など加味しての、正当進化だろう
皮革やプラパーツ/カーボン繊維など織り混ぜた
ハイブリッド製品が主流となった、今時のレーシングブーツ

ちょいとググると、ヒールカウンターに限らず
シフトガード等のプラ系パーツが、割れるのは 良くあるトラブルらしい

そんな破損したプラパーツ部分を
革を用いて(革で代用して)補修しているショップも
長く付き合えるのは、皮革製品と言った所か

そもそもシフト操作の多いミニバイク
更にカートコースなんて走ろうものなら、忙しいったらありゃしないw
そんな環境下だからこそ、馴染んだ柔らかいブーツの方が走り易いと考える

いよいよとなったら、買い替えも視野に入れていたが
僕ぐらいの使用頻度だと、馴染むまでに時間が掛かりそう(;^_^A
ヒールカウンターが破損したのは残念だけど…

補修を行っているショップを、見つけた事は有益だったと〆ておこう




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村

コメント

ブーツのリペア 其の六 無事にやり過ごした?

2020-01-21 | BIKEネタ
無事に走行会を、終えたブーツ
いや…やり過ごしたブーツか(^_^;)

チャックの開閉で「ナスカン」が開いてしまった

まぁ 手持ちの部材での補修だったので、想定内

実は、真っ先にイメージしていた「2重リング」を調達


内径Φ12

これより小さくなると、針金の様なリングが多く
材質/強度を考えると、恐らく最小レベル(マナブタ調べw)

因みに、これより小径の2重リングも所持していたので ナスカンの前に試したが
前出の針金のような素材で、ことごとくリング形状が崩れてしまいNG
形状的にはナスカンの方が、装備時の異物感が少なそうなので残念ではある

サクッと交換

試し履きレベルでは、特に異物感は無く一安心
チャックの開閉具合は勿論OK(^^♪

各所チェック
内側は、ステップホルダーと擦れて色落ち

まぁ味が出たと言うもの

ヒールカウンター/リペア部も良好


と、思いきや…

反対側が重症(-_-;)

これが「やり過ごした」の心にして、想定外

羽?ウイング?部分が(意味一緒かw)8割り方ちぎれてプラプラ
点での接着になるし、難しいかな…

あ!!(゜ロ゜ノ)ノ

とれたwww

さて、どうするか(-_-;)




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村

コメント

MBXレストア計画@279 Φ43ダクト

2020-01-18 | MBX 弐号機
振り出しに戻った「エアクリーナーダクト」
ネット検索するも、中々ヒットしない 調べ方が悪いのか?

そんな時は、視野を広げる為に足で!
ホームセンターへ凸

排水ホース系


う~ん 一番太くてΦ38か


フレキパイプになるとΦ50…


ダクト系は、当たり前に太いし

視点を変えるか

まさかの雨樋なんてどうだ(・・?


お!蛇腹ジョイント!

42型って書いて有るけど=Φ42か?

なるほどΦ42かも、ノギス持ってくれば良かった(;^_^A

耐油性はともかく
長年 屋外使用する物だから、耐候性は高いだろう

お!風呂釜連結管=Φ45だ!

太さは何とかなるにしても、形状が惜しい~
なにか関連商品で、行けそうなものは…

あった!!

蛇腹~ 長さも届きそう(むしろ丁度よい?)

ゴムの厚みも申し分ない

しかし…逆に柔軟性に欠けて
蛇腹の戻ろうとする力で、マニホールドに負荷が掛かりそう
とりま キープだな

もっと柔軟で、耐油性も良く 破れにくそうな物は…

まさかのカートリッジグリスのチューブなんてwww

言うまでも無く、グリスの容器だから耐油性は間違いなし
ガンで使うぐらいだから、蛇腹の柔軟性/強度も良さげ
洒落だよと笑ってるどころか、むしろ適材か?

太さも良さげだし、次回はノギス持参だなw




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村

コメント (2)

お次は…

2020-01-15 | BIKEネタ
ツナギ/ブーツと、来たらお次は…

なんちゃって~
グローブは、流石に塗らないw

グローブぐらいは新調したい気持ち
レーシンググローブ持ってないし…
それどころか、インナーで調整して一年中メッシュグローブだし(^_^;)

現場仕事はけて→久々にナップス東八♪
今のグローブが、調子良いので 同じくTAICHIを物色

のわ!!(゜ロ゜ノ)ノ

¥26,000もするの~
食指を伸ばした事なかったから、相場すら知らなかった(^_^;)

ショートグローブが、¥10,000切るぐらい
1.5倍~の、¥15,000ぐらいと想定してたけど
ブーツが買える値段か…

ダウングレードしても¥19,000

それでも、手が出ないな(T_T)

最も、どちらのデザインも 今一つストライクでは無い
少し白の配色が多いかな~
もっと青ベース寄りか、黒が多目か

見渡して見ると、青系グローブって少ない…


お♪憧れのFIVEグローブ 10%オフ!


あったあった


のわ!Σ( ̄□ ̄;) ¥28,000
6
まぁ 同じくストライクでは無いか

言うなれば、こんなデザイン&配色

白/黒/青+水色まで( 〃▽〃)
この風味で、レーシンググローブだったらな…

ん~
メッシュグローブしか持って無いし…
使い初めて、5年目に突入するし…
ショートグローブだけど、これなら3シーズン行けるし…
使い分けたら、メッシュグローブも長持ちするしな~

あ~あ 嵌めちゃったよw


ナイス キャッチフレーズwww


今回の現場仕事で、休日出勤手当て付くしね
無駄遣いでは無いなっと(* ̄∇ ̄)ノ




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村
コメント

革ツナギの補修 其の十四 自己満足の極み

2020-01-12 | BIKEネタ
作業開始より2ヵ月!
まだ少し気になる所も有るけど…どうにか見れるレベルまでw
ギリギリ 走行会に間に合わせました(^^♪

まずは正面before


after


いけね!背面のbefore 撮影しとくの忘れた(;^_^A
何か分かりやすい画像は~っと
TOP★GUNの記事より「渋いぜ男の背中の」w


after

腰回りにシャーリング加工が無い
古の仕様なので、お尻がブカブカに見えるけれども
着用して着座すれば、beforeの跨っている画像の様にピッタリなのです

ついでにブーツも


凄く比較しやすい画像あった~
流石!攻撮さま 安定感抜群の撮影アングル(^^♪

本人はレベルUPしてないのに、不思議と速そうに見えるwww

左足は塗分けも少なく、ワッペンの欠損も少なく楽ちん


右足は、ワッペンの欠損が多く一苦労

ワッペンロゴでは無く、プリント印刷風?
ある意味 今時www

膝シャーリングは黄色に

着て膝を曲げると、エッジ部分が今一つだけど
まぁ限界かな? 着たまま塗装して→乾燥するまで膝を曲げ続けるのも無理だしね(;^_^A

二の腕のラインは、真正面/真後ろから見ても色数が増える様
中間色のブルーを配置


パンチングも中々の手間
まだ少し 塞がってしまっている穴が有るので、楊枝でチクチクせねばw


ファスナーも縫い直し、段違いを補整


ネーム部に差し色で、元の赤を一文字だけ残す

一文字おき(AAU=赤)でも良かったかな?
あえての一文字の方が、遊び心UPか?

一番苦労したのは、腰のメーカーエンブレム

極限まで高めた集中力で作業w
老眼の自覚症状が… まだ大丈夫なハズw

ん?いや…一番苦労したのは…
走行会まで、ブログ&SNSに「ツナギ」を塗り直している記事をUPしなかった事かwww
誰が為のサプライズでも無いけど、年に一度の一堂に会する場
小ネタの一つでも仕込んで行かないと、性格的に許せないw

気になる経費は…

消費税込み(8%) ¥5,702(^^♪
費用対効果高い!!
正し、アクリル絵の具で塗った事で「革製品」としては…な状態に

見違える程 綺麗になったけれども
その代償として、表皮を塗装被膜で覆ってしまった結果
革製品の持つ 通気性が失われてしまった

部分的に、パンチングメッシュを採用しているので
通気性と言う意味では、走行風を取り込んでくれるのが幸いだが
大量に汗をかくような季節ならば、表皮から逃げない分 乾きが悪いかも

試着してみると、多少しなやかさも失われていて
袖を通すのに少し苦労した(身体が固いのも有りますがw)
まぁ、着用して走行する分には 気にならないレベル

部分補修で有れば お勧め出来るけど
僕の様に、全塗装は…
ちょっと有り得ないかな(やっといてなんですがw)

まぁこのまま使い続けるには、じり貧な状態だったので…
代償を払うのは、承知の上での作業!
自己満足の極みで(`・ω・´)ゞ




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村
コメント

革ツナギの補修 其の十三 膝/穴の補修

2020-01-09 | BIKEネタ
作業17日目/延べ作業22日目

彩色作業は概ね終了
補修作業の合間に、気になる部分のクオリティを高める段階

今宵のメインディッシュは、膝/穴の補修

幾層にも貼られたガムテープの下は、こんな事に(;^_^A
バンクセンサーベースの補修を行った際は、見て見ぬふりをしつつ 結局ガムテープで養生したが…
今回は、徹底補修を心掛け→最終メニューとして用意!

なんて、如何にも段取り良く作業している 言い回しだけど
間に合わなかったらガムテープで!!と言う考えで
先立って「青」ガムテープを購入してたりw

さぁ作業開始!

まずは、クリアファイルを宛がい「バンクセンサーベース」のRをトレス

そのまま切り抜き型紙製作

材料は100均で調達した「合皮はぎれ」

色や革の風味/厚みも色々あって悩んだが
風味と厚みを重視して選択し、その中でも色乗りの良さそうな「生成り色」に決定
ダメージを受けやすい場所なので、本革の方が良いだろうけど
今回はテストと言う意味合いも含め 100均で(`・ω・´)ゞ

型紙合わせで切りとり、現物合わせで修正


「ウルトラSU」の安定感に期待し接着!


マスキングテープで固定

伸びが良く、膝のRを上手くトレスしてくれて助かった

良い塩梅に接着! 湿布薬みたいw


塗装して作業完了!

乾けば更に、目立たなくなるかな~

ウルトラSUの相性も良く、思いの他 上手く出来た(^^♪




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村
コメント (2)

革ツナギの補修 其の十二 ファスナーの補修@2

2020-01-06 | BIKEネタ
新年明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

ご挨拶も程々に、早速通常モードで記事UP!
さて、新年一発目の更新は…
どうにか走行会に間に合わせた「革ツナギ」ネタの続きから

なんだかんだの作業工程で、旧年中に補修記事をUPしきれず
結果が見えていて、ワクワク感半減?ですが…
完結まで、もうしばらくお付き合いのほどm(_ _)m

作業16日目/延べ作業21日目
胸廻り補修からの流れで、ファスナー廻りエッジ部/内側の彩色作業

手首/裾と内側が塗りやすい様に
ファスナー部を折り返して 養生テープで固定


裾は裏返せるので、塗りやすい


手首は慎重に(`・ω・´)ゞ


もちろん胸廻りも


開閉回数の多い部分なので 厚塗り


内側つながりで首元


摩耗して欠損箇所も多々
深追いせずに革が残っている部分を丁寧に


1時間程度 乾燥

なんか、脱皮した抜け殻の様なw
もしくは、ウミウシ風のアメコミ系クリーチャーw

養生テープを剥がして→はみ出しのリカバリー


安定の「マッキー」で

ここへ来て「マッキー」(・・?
対象が繊維部分で有る事と、速乾性を求めての選択

アクリル絵の具を使って、乾燥待ちの間に
塗装済みの内側へ 触れてしまう事を嫌っての判断
ホワイト→ベタ→ホワイトの無限ループ対策w

仕上りは問題なし


右肩回りの重ね塗りを、優先して行い
各所チェックしながら、気になる部分をタッチアップして
後2日もあれば、塗装作業完了と言ったとこかな

今宵はココまで~




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村


コメント

補完計画@448/レストア計画@278 2019年・壱号機33歳/弐号機37歳

2019-12-27 | MBX 今年の〆記事
補完計画@448/レストア計画@278 2019年・壱号機33歳/弐号機37歳 


壱号機こと86年式AC08 MBX50-F/33歳


弐号機こと82年式AC03 MBX50/37歳


2019年
10月1日より 消費税が10%へ引き上げられる。
10月12日には、過去最大級と言われる台風19号が猛威を振るった。
まだまだ記憶にも新しく、被害に遭われた皆様には 心よりお見舞い申し上げます。

肉親が大病を患うが、奇跡的とも言える回復力で安堵する
本当に心配し 覚悟の時と思えたが…
喉元過ぎれば、バイク馬鹿な生活に戻る自分に失笑

几帳面な性格が災いしてか? 相変わらず忙殺されている…
心を亡くすと書いて「忙」とならぬ様に
「心」のバランスを、何とか保てる程度には バイクと共に有れた

娘は年少さん 息子は3年生
高校生の時に出会った カミさんも40代に突入
家族への感謝の気持ちを忘れずに 良い父親で有りたいと思う

例年通り 時事ネタを織り交ぜつつ こんな1年間だったと振り返る。

さて、弐号機の〆 まずはリマインドから
一昨年の〆記事にて掲げた 問題点&作業項目の内
昨年も、持ち越してしまったのは「4項目」 追加案件が「2項目」

以下 昨年の〆記事より引用

・Fフォークの細部がMBX系/NS系で異なるとの情報が入り
 壱号機と絡めての手直しを検討中!
→壱号機は換装済 結果Fフォークに関する情報も取り纏まった

・FRタイヤ交換→来年は必須!

・バックステップ全般の手直し
→乗り慣れて来た事も有り 後回し気味(良いアイデアも浮かばない)

・VM20+エアクリーナー/KN企画製ダクトへ交換
→実は材料は調達済みw 頓挫中

今年新たに発生し持ちこしてしまったのは
・エンジン腰下よりの異音
・スピードメーターの不具合

ブログなんて、大人の絵日記の様な物
作業記録として有効活用しない手は無い
時折 自分でも読み返して内容を確認 宿題から優先的に作業

・Fフォークの手直し

内容的には、弐号機外し→壱号へ/不具合発生→弐号機へ戻し
付加状況を抜きにすれば、OHして組み直しただけと言うオチ

ココだけ切り取ると、トライ&エラーの様な口振りだが
元を返せば、弐号機レストアの時短を目論み失敗w
心境的には、挑戦の要素は皆無www

正し、この失敗のお陰でMBX/MBX50-F/NS50-FそしてNS50Rまでの
Fフォーク/マトリクス?に迫れたのは、今でも有益だったと思う

FRタイヤ交換
壱号機へ新品を驕り→弐号機へ中古を換装

3年ほど 壱号機で使用し、只今4年目へ突入だが 下駄ならばまだまだ十分
以前も記したが、今のペースが保たれるならば
壱号機=1~3年 弐号機=4~6年 程度のタイヤが分配される

壱号のタイヤ交換のペースに、合わせられるか?
先に、弐号のタイヤが終わるか?
経済的な選択を考え、壱号/新品 弐号/中古の 図式は否めない

足回り全般の仕上がりを上げる為に
ブレーキロッドジョイント&アジャスターナットを追加

パーツクエストの果て、ようやくゲット(^^♪

仕上がりを上げる為に=見た目重視! それでは、はりぼてチューニング
タイヤ交換と同期に、ホイールベアリング&ダストシールも交換済み
偉そうに綴ってるが、引き回しが軽くなる程の変化に感動=これまでガバガバ整備w

ちなみに、作業時のベアリングプーラーの手応えから
弐号機のホイールの方が、程度が良いとアナウンス頂いた

・バックステップ全般の手直し
まずはR側から、今年最も手を掛けた部分と振り返る

特記事項は、「ヒールガード」の追加 もちろん自作w
手のひらに乗る様なパーツだが…
全体の雰囲気を引き締める程の、存在感を醸し出しているような?

ここでも、ところてん式だが
壱号へ新品ステップバーを驕り→中古を弐号機へ移植

言葉にすれば移植作業だが加工が付いて回り
「ステップバー」の手直しは勿論 「バーエンド」はABS削り出しで自作

ブレーキペダルの手直し

オリジナルには手を入れまいと、避けて通っていが
強度的不安を解消すべく純正加工
短く切り落として→ペグの位置を変更

お次はL側


R側同様 壱号機に使用していたTTSを加工

リンク式チェンジペダル部は、旋盤加工で!

派生的に「ガソリンキャッチタンク」の移設

Rステップホルダーに装備していたが、ヒールガードの追加に伴いキャンセル
定番の位置へ、定番のボトルを使用した代わりに
一手間加えて造形美を追求!僕らしい仕事だなと自画自賛w

・VM20+エアクリーナー/KN企画製ダクトへ交換

材料は調達済み/結果的にボルトONだったが…
まさかのクラックが各所に( ;∀;)

破けて→吸気してしまうのも時間の問題
先回は「フォークブーツ」を流用したので、諦めもついたが
今回は「汎用エアクリーナーダクト」を使用したのに残念
振動による物か?原因は不明

これで一昨年よりの宿題は完了!と思いきや
VM20+エアクリーナー装備が、今年も持ち越しになってしまった(-_-;)

吸気系統が決まった(つもりでいた)流れで
最後の、ところてん式案件w 「チャンバー」交換!

DGWチャンバーのOHを受けて
壱号機へ、代打投入していたLip’sチャンバーを装備

副産物的な言い回しだが、Lip’sチャンバーを譲り受けた際
実は、もう一本別のチャンバーとの二択だった
この図式も視野に入れて、赤アルマイトサイレンサーのLip’sをチョイス!

膨張室は、ステップホルダーへ伸びるステーを自作し固定

壱号機への代打導入の際も、固定方法に悩んだが
ステップホルダーを、フレームグループと考える事で解決
その経験を活かし、弐号機へ応用

ステンレスチャンバーだが、フランジ廻りはスチール

なるほどね~ 熱伝導差異や膨張率等 考えると納得
錆が発生しているので、耐熱ブラックで塗装せねば

昨年発生した宿題
・スピードメーターの不具合

メーターユニットごとNS50-F純正を移植し解決

ここまで純正メーターに拘り続けたが…
いよいよスピードメーターまで、不具合が発生した事を受け交換

それでも、ショートハーネスはミニマムの加工で済ませ
水温計は「MBX純正」を縦向きに配置し移植
マウントステーも自作し、斜め45度のアングルは お気に入り

可及的に装備した、ハイビームインジケーターは仮組レベル
時計も追加したいので、同期に見直しを検討中
まだまだ方向が定まらない 慌てずじっくり

・エンジン腰下よりの異音
こちらに関しては、酷くなる事も無く 一年乗り切ってしまった(;^_^A
(良くも悪くもあるが)

明らかな不具合であれば、対処法を練れるが(お手上げ含む)
不特定多数?と思われる不具合(年式相応軽度の)となると
僕レベルでは特定困難でもあり、しらみつぶし=腰下フルOH以外方法が無い
しかし…その経験/スキル/特殊工具 全てを持ち合わせて無いのも事実(-_-;)

そこまで出来る様になれば、プライベーター気取りも許されるだろうけど
いつまでたってもレベルUPせず、工作好きのサンデーメカニックw
宿題が終わるのはいつの事やら?

今年 発生したトラブル
ラジエーターリザーバータンクよりの液漏れ

これまで耐圧ホースを、使っていた事が原因で
キャップ部にテコがかかり→液漏れと推測
PVCホースへ交換+液体ガスケットで処置し→経過観察中(今のところ鳴りを潜めている)

部品が出る内に 交換するのがベスト
汎用性の高いパーツなので保留中(在庫確認もしてないが、他車種品番で出そう)
小さなネガだが、ネガはネガ

OILフィーラーキャップの交換+ワイヤーロック


スプロケガードの装備

各々 実戦投入を視野に入れて?

実戦投入しないならば、レーシーなドレスアップパーツ止まりw
ならば嗜好品と指を咥えていたが…クーポン券を有効利用(^^♪

掛けた経費は、壱号機>弐号機
しかしながら 壱号機のお下がりを、余すことなく弐号機へ注ぎこみ
+αの作業も多々、内容の濃さは 壱号機<弐号機 な一年だった

ぐるりと


チャンバーは好みもあるが、確実に速くなった


キャッチタンク/ヒールガード/スプロケガードの追加で
左側からのルックス向上(^^♪


結論的に、走り重視で90/90は太かったが…


ストリート仕様ならば、グッドルッキン☆


さて、持ち越してしまった宿題は
1.VM20+エアクリーナー装備(振り出しに戻る)
2.フランジ塗装(地味な内容)
3.ラジエーターリザーバーキャップの調達(部品出るか?)
4.メーター廻りの最終仕上げ(経費も問題)
5.腰下よりの異音(技術も経費も無い)

1~4=積極的に/5=消極的な未来が見えるw

未来と言えば、モーターサイクルショーまで下見に行った「YSS/Rサスペンション」
一通り実動レベルまでレストアし、シェイクダウンより2年経過
今年は、動態状態に入ってから 二巡目のOH的な位置付け

唯一 部品交換もOHも行われていないのは、Rサスペンション本体のみと言っても過言では無い
年明けには、壱号機の自賠責更新も控えており 2020年スタートから経費がかさむが(;^_^A
装備したい思いは強い(嗜好品では無いしね)

なんだかんだトラブル発生しつつも
着実に良い状態へ向かっている事は 間違い無い!
今年も前進したぞっと(^^♪

続い壱弐号機/今年の〆 流れでぐるりと


今年も無事 定例の「走行会」を終えて
タイミング的に「〆記事」のレーサー仕様率が、高い件w


初春には「TOP★GUN」にも参戦!
年2回のスポーツ走行を果たせた(^^♪


結果ストリート仕様は、4月~10月の半年間と短め(;^_^A


前出の通り、来春早々には自賠責更新を控えているが…


このままレーサー仕様で過ごし、自賠切らすか?
なんて考えも過るw


とは言え、コンバートの往復で煮詰まる部分も有れば
細部の確認にも繋がるのも事実


なによりストリートマシンだからね(^。^)


あ!いけね…
恒例の「バックシャン」〆画像まで貼っちゃったw
それでは、皆様 今年も一年間 当ブログにお付き合い頂き~
ってw 終わりませんよ~もう少しお付き合いのほどm(_ _)m

・F廻り
タイヤ+ホイールベアリング交換

無事にダストシールも新品出たが、生産国が各々違うのに吹いた
次回交換の際には、80/90-18(2.75-18相当)を視野に入れている

・R廻り
F同様/タイヤ+ベアリング交換

タイヤサイズは、90/90-18→3.00-18へ変更
切り返しは明らかに軽くなった(^^♪

・ステップ廻り
ホルダーの修正からの流れで

ダメージの蓄積されたステップバーを
TTSスタンダード83mm→スーパーショート63mmへ変更
若干 短い印象も残っているが…大きなネガでは無い

・DGWチャンバー「type AJ改」OH


少しずつ薄れたトルクが、一気に回復!


・Rホイール/ブーメラン×4鏡面加工

左×3枚+右×1枚/追加作業→いよいよ残すところ、右×1枚!
作業期間1カ月オーバーだから、年間の12分の1以上費やした事にw

・ファイナル変更
トルクの回復に伴ってか?55丁がショートな印象に

運良くヤフオクでゲットした53丁へ換装
現状F17/R53=2次減速比3.117
地味な所だが、チェーンガードステー/F側を3mm厚でリメイク

・クラッチレバー廻り
レーサー仕様時の、安全性を高める為にNSF100用へ交換

アジャスターは「POSH」汎用ブルーをチョイス

ブレーキレバー=銀/クラッチレバー=黒
多少なり気になっていたので、左右共に銀となり 満足感も高い(^^♪


シートの再塗装

原因究明なったのか?経過観察中(`・ω・´)ゞ
ひと夏 乗り切れればOKだろう

塗れば、見違える事が約束されている「再塗装」
作業自体は嫌いでは無いけど…
塗装/乾燥場所の確保や、作業期間中の天候やら 乾燥待ちの間 乗る事が出来ない等々
不随してくるネガも多い
これで収束してくれるのを祈るばかり(;^_^A

壱号機も、今年一年頑張りまし…
と、言いたい所だけど
メインディッシュは、ホイールベアリング&タイヤ交換 そしてチャンバーOH!

メインはDGC様にお願いして、副菜程度の作業をチョイチョイ(^_^;)
食指が向きにくいと言う事は、それだけ纏まって来たと言う解釈も出きるが
次のステージへ向かう為の、準備期間とも考えている
妄想?構想?が、纏まりきらないのが正直な所

今年の、メインは弐号機?

いえいえ 作業期間&達成感 そしてインパクトも、こちらでしょ

ツナギ&ブーツの塗装!

恥ずかしながら、あえて言わせてもらいます
「あ~俺氏 カッコえ~( 〃▽〃)」
※見た目ねwww 見合った走りは、まだまだ手にしてないけど(^_^;)

完璧なトータルコーディネート(自画自賛w)

もうチョイで、作業レポートも完結
そう 塗装作業は嫌いでは無いw
その作業も、夏場の暑い時期に室内でw 楽させて頂きました~♪
(汗だくの「軒先作業」を避けたせいで、ウェイト落ちなかったのかw)

と、言うわけで 楽させて頂きましたと言いつつも
今年一年頑張りましたぞっと(`・ω・´)ゞ

さぁ 年末恒例の定型文

〆の画像は恒例のバックシャン!!なんと今年は+αで「ライダー」付きwww

「渋いぜ男の背中の」出たな「バリマシ用語」w

今年も一年間 当ブログにお付き合い頂き ありがとうございました!!

皆様 良いお年をお迎え下さいm(_ _)m 




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村
コメント (2)

ブーツのリペア 其の五 アンクルスライダーの補修

2019-12-24 | BIKEネタ
ブーツのリペア5日目/ツナギ~延べ作業20日目
アンクルスライダーの補修

まずは右足から
エッジが消耗している


他に有効手段も 思い付かないので
ホットメルトで接合&穴埋め

「僕の内足の使い方だと、擦る部分でも無いので まぁOK」

…。

ごめんなさい カッコつけました
「僕レベルの走りだと、擦る事が無い部分なので 全くOK」
の、間違いでしたw

違和感無い仕上り♪


左足は、捲れてしまっていたのでカット済み
(考え無しに…悔やまれる)

ドライヤーで暖めるなりして、整形する方法もあったのに(-_-;)

欠損部を補うべく
クリアファイルを、重ね合わせマーキング


切り抜いて、ザラザラした面を外側へ配置
(ホットメルトを盛る方)


土手を作り形成

まぁ見れるレベルかなと…
とりま、これにて補修完了

後は、着々と色を塗り完成!

作業スタート時は、思いの外はかどり
3日も有ればと考えたが…
アレコレ補修して 日程がヤバイ感(-_-;)

ツナギ終わる!?
不安を残しつつ 今宵はココまで~




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村
コメント

ブーツのリペア 其の四 ヒールカウンターの補修

2019-12-21 | BIKEネタ
ブーツのリペア4日目/ツナギ~延べ作業19日目

ヒールカウンター(ヒールカップ)部に クラックが


まずは、状態の確認…

あ!Σ( ̄□ ̄;)折れた~


素材なんだろう?


粘りがあり柔らかい

樹脂系より柔らかい印象
柔軟性だけならPVCに近いけど、PVCにしては、反発力が強いし…
適材適所なイメージでも無い

判断に困った時には、安定の「ウルトラSU」

エッジに塗りつけて

据え置く程度に、嵌める


裏技的に、隙間へアロンアルファを流し込み


ターボライターで炙る


「瞬間接着剤」素材によっては、名前負けする事ありません?
流れ出たり(はみ出したり)すると固まらなかったり
そのくせ 指に付くと、ここぞとばかり瞬間性を発揮したりw

混ぜるな危険!的な裏技だけど
ウルトラSUの接着力が促進されるのか?
アロンアルファの接着力か?
SUにアロンを流し込むと固まりやすい

ライターで炙ったのは、軽く溶接的な処置と 素材の確認も兼ねて
間違ってるかもしれないけど…
PVCだと縮みが発生しやすく、ポリ系?軟質プラだと縮みは少なく ブツブツ気泡の出るイメージ

後者かな


歪ませても付いてくる=接着成功!


このままでは、不細工なので 表面を整え
カーボン調カッティングシートを貼り付け


同じく左足も処置


ソールの剥離同様 破損のレベルは左足の方が軽い


一旦 塗装作業へ戻り
補修パッチ部へ 中間色の青を入れる


土手を作る様に厚塗り

水色のラインは、一晩寝かせて乾燥後

補修箇所が多く 当初のイメージより手間が…
とりま 今宵はココまで(*`・ω・)ゞ




ご訪問ありがとうございます!!
地味にランキング参加中。お気持ちでクリックをm(_ _)m
      ↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへにほんブログ村
コメント