中年から・夢庵の同志社MBAとインターネット起業
50歳から起業!好きなことをやっているちょっと素敵なオヤジからの素敵なメッセージ




Macのキー

Control (Windows) = Command

コピーの「ctrl+c」は「cmd+c」、

ペーストの「ctrl+v」は「cmd+v

カットの「ctrl+x」は「cmd+x

 

文字の情報(プレーンテキスト)としてペーストするには、 「command + shift + option + v

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この年になって初めてMacを使い始めてみた。

大学生の娘が新しいMacに買い替えたので、おさがり。

Core2DUOに4GBメモリ HDは300MBほど

OS再インストールしてディスク掃除したら結構速くなったので感激。

メモリは16GBにできそうだし、HDはSSDに換装そればもっと早くなりそう。

しかし、Winとはキー配置もコマンドも違うので当分苦労しそうなので、いろいろと備忘録を作ろうと思った

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




株が乱高下する中、金が上昇を始めたようです。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

薬剤師が答えてくれる薬の質問サイト:YaQuuを開設しました。

インフルエンザやノロウイルスもはやり始めたようで心配ですが、

薬の質問があるときに使ってみてください。

回答する薬剤師は現在2名なので回答に少し時間をいただくかもしれませんが。。。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




派遣薬剤師の時給、7000円!?高!



薬剤師不足が慢性化しています。

都市部も地方も薬剤師が不足しています。



なぜ、薬剤師が不足しているのか。3つの理由があります。



1.将来のかかりつけ薬局化、門前薬局の廃止と院内化をにらんだ大手薬局の面展開と店

  舗の増加。

2.薬剤師の国家試験合格者の増加。および、学力不足による薬科大学の卒業延期者増加

3.団塊の世代の退職による自然減

という複合要因だと思っています。



その結果として、派遣薬剤師の時給高騰が続います。


薬剤師国家試験の合格率急落が需給逼迫(ひっぱく)に拍車を掛ける中、今春は9000人以上の合格者が出たこともあって都市部では一服感も見られたようですが、人手が集まらない地方ではなおも高水準で推移しており、正社員やパートの薬剤師をなかなか採用できない地方の薬局の中には、派遣薬剤師を確保するために時給7000円を提示したケースも出ているそうです。

当社サイトでも、高給の薬剤師派遣案件が出ています。


薬局経営は益々難しくなり、淘汰と集中が始まるのでしょうね。


激動の時代を迎えつつある業界。

薬剤師は自分のキャリアを真剣に考えないといけませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




薬局と薬剤師を取り巻く環境は、いま大きく変わろうとしています。

 本日の閣議後、塩崎恭久厚生労働相は、医薬分業の在り方について厚労省が門前薬局からかかりつけ薬局へ移行する方針を明確に打ち出したことに関して「医薬分業の原点に立ち返って、本来の患者本位の医薬分業を実現していく」と強調。門前薬局が保険薬局全体の7割を占める中「病院前の景色を変えるということだと思う」と述べたそうです。

1.薬局を病院の中に入れる。

2.門前薬局を無くしてゆく。

3.かかりつけ薬局の推進。

という3点を強力に推し進めてゆくと思います。

 

また、本日の日経新聞では、2020年にはジェネリックを80%にすると厚生労働省が発表しました。

これにより、薬の価格が下がり、薬局経営ひいては薬剤師の給料に大きな下げ圧力が加わってくると予想されます。

 

これらの変化により、薬剤師の就職転職および医療業界はどのように変化してゆくのか。

注視して舵取りを間違えないようにしたいものです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週、大阪地区の3社の人材紹介会社のキャリアコンサルタント3名と話してきました。

今年度の薬剤師国家試験の合格者が少なかったことや今年も同じような合格率が予想されている事もあり、薬剤師不足は大阪・神戸も同じ様子です。
こういう時こそ、薬剤師は自分のキャリアを見直してステップアップするチャンスです。

自分のキャリアを考える上で、今までの業務経験を棚卸してみましょう。
1)時系列に、業務内容、そこで習得した事を箇条書きにする
2)その時に感じた事を書き出す
3)自分のできる事、やりたい事を書き出す

それを職務経歴書にまとめてみると、自分のやりたかった事ややりたい事がはっきりと
わかってきます。
それをベースにしてキャリアコンサルタントと話すと、自分に合った職場を比較的簡単に探すことができます。

職務経歴書を作らないで転職活動すると、いろいろな好条件の就職先を比較してしまい、結局自分は何のために転職するのかがわからなくなってしまいます。

それと、一番大切なのは、じっくりと相談できるキャリアコンサルタントを選ぶことです。
キャリアコンサルタントによっては、十分にあなたの話を聞かないで、沢山の就職先情報を提示し、その中から選ばせるいい加減な進め方をします。
コンサルタントのペースに押されて中途半端に決断すると、後で後悔する事になります。

自分の希望に近い職場にステップアップすると同時に給料もアップする理想の転職をした方もいるそうです。
じっくりと相談する事ができるコンサルタントと付き合ってゆくことの重要性を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




厚生労働省は3月27日、第100回薬剤師国家試験の結果を発表しました。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000079160.html

(概要)

 全 体 受験者数 14,316名  合格者数 9,044名  合格率 63.17%

  新卒者 受験者数  8,446名  合格者数 6,136名  合格率 72.65%

 

受験者1万4316人のうち、合格は6年制になってから最多の9044人で、合格率は63・17%だった。
合格者数は、前回の7312人から1732人増加。
合格率は前回の60・84%から約2ポイントほど上昇。

厚労省は、新卒者が前回並みの合格率を維持し、既卒者の合格者数と合格率が増えたためと分析した。
ただし、計14問が正解扱いとなっており、厚労省が薬剤師の需給に支障を来さないよう、補正を行った可能性もある。

今回の試験は、1万6546人が出願、1万4316人が受験した。
「6年制新卒」の合格率は前回の70.49%から微増の72.65%となった。
一方既卒の合格率は前回の39・85%から53・12%に上昇している。

これにより、薬剤師の新卒、転職共に、求人市場は過熱しており、初任給や待遇改善による企業・薬局の引き留めが過熱している。

調剤薬局は、薬剤師がいないと営業ができないために、当社が運営する下記のような就職、転職支援サイトには、今年に入って特に全国から多くの求人が集まっている。
http://www.yakuzaishi-kyujin.com/

過去9年間薬剤師の転職市場を見てきているが、今までは給料、待遇ともに低迷していたので、今回の大波は、キャリアアップと給料アップを狙う薬剤師にとっては、千載一遇の転職時期であると思う。

(参考:厚生労働省HP、薬事日報HP)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




病弱だったらそれを生かせばいい
 夢庵注)松下幸之助は病弱だったから部下を育てて任せた。
     小学校しか出ていなかったから勉強した。     

普通の人は神が与えてくれたことを使っていない
今あるものを精いっぱい考える。

自分にないことを望む事が一番悪い。

周りの人のことを聞き過ぎる:世の中は多岐にわたる。自分に向いてる事を考え行動する
人に相談するな。

最大の才能は人に好かれる事

今を生かせる人は次もいかせる。        

 自分の失敗と神の与えてくれたものを活かす。

生かしきったら人生変わる。

 

天が与えたすごい才能は、「人の才能をほめられる」才能が一番すごい才能

普通は褒める努力しないでほめられる努力をする。
最高の才能は人をほめるんだよ!
褒める努力をする。それが持って生まれた才能。

 
苦しみながら成功する人はいない。

楽しくてしょうがないようにやると成功する。
これが神が与えた才能。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一目均衡表の勉強します!
一目とは、相場に方向性がある時に有効な指標と言うこと。
特に日経平均にはよく合うとのこと。
今回の相場も、2月のゴールデンクロスで買えばかなりのパーセントを取れたとのこと。

参考URLをいくつか教えてもらったのでべたバリします。。

http://www.sevendata.co.jp/shihyou/jukyuu/ichimoku.html

http://www.kabudream.com/technical/ichimoku.html

http://www.forexwatcher.com/pattern/ichimoku.htm

http://miller.co.jp/study/chart/13.html



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ