とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

[チャンピオンズC(G1)]テーオーケインズ圧勝、ソダシは12着に沈む!

2021-12-05 16:12:57 | JRA G1・重賞戦線

ZBAT!競馬『【チャンピオンズC】6馬身差の圧勝!テーオーケインズがダート頂上決戦制す 白毛馬ソダシは12着』
第22回チャンピオンズカップ(3歳以上G1、ダ1800m)は、松山弘平騎手の1番人気テーオーケインズ(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎)が6馬身差の圧勝。芝との“二刀流”G1制覇を狙った白毛の桜花賞馬ソダシや、史上2頭目の連覇に挑んだチュウワウィザードらを撃破。秋のダート頂上決戦を制し、JRA・G1初制覇。2017年ゴールドドリーム以来の4歳馬による優勝で、確たる主役不在のダート界に新王者が誕生した。タイムは1分49秒7(良)。
6馬身差の2着には連覇を狙ったチュウワウィザード(3番人気)、さらに3/4さ遅れた3着にアナザートゥルース(14番人気)が入った。なお、白毛の桜花賞馬ソダシは芝との二刀流Vならず12着に敗れた。
チャンピオンズCを勝ったテーオーケインズは、父シニスターミニスター、母マキシムカフェ、母の父マンハッタンカフェという血統。通算成績は15戦8勝(うち地方3戦1勝)。重賞は今年のアンタレスS(G3)、帝王賞(交流G1)に次いで3勝目。チャンピオンズCは高柳大輔調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。

-----

白毛のアイドルホース、ソダシの参戦で注目を集めたチャンピオンズカップを制したのは、今年に入ってアンタレスS(G3)、帝王賞(交流G1)を勝っている4歳馬テーオーケインズでした。2着には昨年のこのレースを勝ち、ドバイWCでも2着となった実力馬チュウワウィザード、3着以下もアナザートゥルース、インティ、サンライズノヴァとダートで実績を積み重ねてきた馬たちが入り、初ダートだったソダシにこの路線の厳しさを見せつけるかたちになりました。

勝ったテーオーケインズは父シニスターミニスターで、これまで芝を一度も走ったことがない生粋のダート馬。。スローペースを折り合って、直線で満を持して抜け出す横綱相撲、最後は2着に6馬身差の圧勝ですから文句のつけようがありませんでした。管理する高柳大調教師はこれがチャンピオンズC初勝利とのことですが、広尾馬、特にレトロクラシック’20のことも、くれぐれもよろしくお願い致します… のその前に、本当におめでとうございます!ですね(^^ゞ

さて、12着に負けたソダシはどうだったんでしょうねぇ。。最内枠からうまくハナを取り、ペースもスローに落として良い感じに見えましたが、さすがに3歳牝馬にダートの猛者たちをすべて捻じ伏せろ、というのは荷が重かったでしょうか。父クロフネのイメージがあるので、もしかしたらダートでトンデモなく強いかも…との期待を集めていましたが…。敗因は別にして、秋華賞、チャンピオンズCと大敗が続きましたので、ひと息入れて立て直した方が良いのかもしれませんねぇ。。

 

**2021/12/5中京11R チャンピオンズカップ(G1/ダ1800m)・良**

 


Comments (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021年秋追加募集馬残口... | TOP | 今週末のカナロアガールで1... »
最新の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (musashida2002)
2021-12-06 08:40:38
おはようございます。
先日の暴言?すみませんでした。
僕は調子に乗るととんでもないことをやらかしますのがクセです。
今後は自戒しますm(_ _)m

さて、ソダシですが4角の出口でインティに並ばれた時は競馬をやめた様に見えました。
精神的に何かあるんでしょうか?
牝馬は難しいですね。
Unknown (Az)
2021-12-06 14:07:13
>musashida2002さん

こんにちは!
多分大丈夫でしょう、どうかお気になさらず(^^)

それはさて置き、競馬をやめることを覚えてしまうと厄介と言いますが、ソダシはどうなんでしょうね。
何とも言いようがないですが、ちょっと止まり過ぎな気もします。
その意味では、バスラットレオンも… (^^;)

post a comment

Recent Entries | JRA G1・重賞戦線