とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

[アイビーS]出遅れオーソクレースが2戦2勝に!

2020-10-24 19:55:06 | JRA G1・重賞戦線

ZBAT!競馬 『【アイビーS】G1馬マリアライトの息子オーソクレースが圧巻V』

10月24日の東京9R・アイビーステークス(リステッド、2歳オープン、芝1800m)は、池添謙一騎手騎乗の2番人気オーソクレース(牡、美浦・久保田貴士厩舎)がスタートで出遅れながら徐々にポジションを上げ、直線では狭い間を割って抜け出すという圧巻のレース内容でデビュー2連勝を飾った。タイムは1分48秒1(良)。クビ差の2着にはラーゴム(5番人気)、さらに1馬身3/4差遅れた3着にスパイラルノヴァ(4番人気)が続き、1番人気のバニシングポイントは7着に終わった。

アイビーSを勝ったオーソクレースは、父エピファネイア、母がG1・エリザベス女王杯、宝塚記念を制したマリアライトで、母の父ディープインパクトという血統。

◆池添謙一騎手(オーソクレース)「ゲートでは隣の馬を気にして鳴いていたし、レースぶりもまだまだだけど、馬混みの中でもすごくいい反応で狭いところにもひるまず入ってくれた。今後に向けていい競馬ができました」

-----

東京9RのアイビーSは重賞ではないですが、この世代の今後の勢力図を占う意味で注目の一戦でした。注目すべきポイントはハッキリしていて、北海道で新馬勝ちをした2頭、バニシングポイントとオースクレースの対決がどうなるか。。結果はバニシングポイントが7着に沈んだのに対し、オースクレースは出遅れの不利を徐々に挽回しての見事な逆転勝利。新馬戦に続いて2勝目も派手な勝ちっぷりだったと思います。

ちなみにこの2頭、北海道で新馬勝ちをしたときも記事を書いていて、その時の評価では「オーソクレースはかなり強い馬、バニシングポイントは(本当に強いかどうかも含め(^^;))分からない部分が大きい馬」というものでした。バニシングポイントについては私の悪い予感が当たってしまった格好ですが、芝の中距離戦がベストの条件と思えないフシもありますし、これから巻き返すチャンスはたくさんあると思います。

【バスラットレオン】札幌5R快勝のオーソクレースも強敵か!?

【バスラットレオン】バニシングポイントはどのぐらい強い?

しかしあれですね、今年の北海道シリーズで将来性の高い順に名前を挙げるとしたら、札幌2歳S勝ちのソダシよりもバスラットレオンとオーソクレースを1、2番手に挙げたいです。もちろん素人の勝手な感想ですし、バスラットレオンに至っては出資者の色眼鏡までかかっていますから…。全然マト外れの可能性はありますが、(どちらが上かは別にして)バスラットレオンとオーソクレースは現時点でもかなり強いし、これからもっともっと強くなると思います。

あ、北海道で新馬勝ちをした、もう一頭の私の出資馬カイザーノヴァはジャンルが違うと思っていまして、バスラットレオンやオーソクレースを負かす可能性はあるものの、気分が乗らなければ大敗もありそう。。アテにならないところがたくさん残っているので順位付けがしにくいんですよね(^^;)

いずれにしても、カイザーノヴァもバスラットレオンも次のレースで頑張らないと、来春に向けてはあまり目立つ存在になれないかもしれません。いや、目立たなくても活躍してくれれば良いのですが、できれば注目される立場で結果を残す存在になって欲しいですから(^^ゞ

 

**2020/10/24東京9R アイビーステークス(L/芝1800m)・良**

 


Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【サティアナ'19】BTCでの... | TOP | 【ステラリード’19】最新動画... »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | JRA G1・重賞戦線