とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

グランソヴァール : 11/3東京2R 2歳未勝利(ダ1400m) 衝撃の圧勝劇!

【グランソヴァール】年内は休養、来年一月末頃復帰をめざす!

2018-11-15 06:06:13 | グランソヴァール
スピリットファーム在厩のグランソヴァールは、試験騎乗を経て、14日朝よりダート周回コースでハロン22~23秒ペースのキャンター2000mを開始しています。

◇明智代表のコメント
「左トモの疲れ、加えてそれをかばうのか、右トモもいくらかお疲れ気味のようですね。ただ、言うほど酷いものではありませんので、ケアしながら軽めを乗っているうちに回復が進んでくれると思います。あまり負担をかけないよう坂路には入れず、周回コース主体で調整していきましょう。以前はのんびりした印象の馬でしたが、二度競馬を使い、段々と気持ちが入ってきた感じ。だいぶ競走馬らしくなってきました」
◇尾関調教師のコメント
「まだ疲れがあるようですので、ひとまず年内の出走は見送る方向で。早ければ年末年始頃にトレセンに戻し、1月下旬あたりのレースを意識していければと思います。あくまでも今後の様子と相談をしながら慎重に決めていきましょう」
-----

スピリットファームでリフレッシュ中です。
先週は左トモに筋肉疲労との話がありましたが、その影響なのか、右トモにも疲れが見えるとのことで、さすがにこれでは年内もう一走は無理ですね。(密かに12/15中京の寒椿賞出走を期待していましたが(^^;))
いや、考えてみれば、まだ全体的に緩さがある中で、前走で結果を出せたのは本当にラッキーでした。

そして、回復がうまく進んでいけば、「年末年始にトレセンに戻して1月下旬のレースを意識」するとのこと。
先週は、「当面はダート1400~1600m、できれば広いコース」とのコメントもありましたから、年明けの中山開催はパスをして、東京開催開幕週から2月のヒヤシンスステークスをめざすイメージなのでしょう。
(もうヒヤシンスステークスに出られる気になっている自分が怖い(^^;))

とにかく、これで次走まで約三ヶ月の休養ということになりますが、その間にさらに成長が進み、気持ちも馬体もパンとしてくれば、いきなり前走以上のパフォーマンスを見せてくれるかもしれません。
そう思うと今からワクワクしてきますが、今年はダート路線にも結構強そうなのがいますので、油断はできないんでしょうねぇ。。 でも、もしも次も勝っちゃったら、ものすごい勘違い系妄想をしちゃうんだろうなぁ(^^ゞ
まだ年明けの番組は出ていませんし、出来過ぎたストーリーかもしれませんが、是非とも思惑通りに事が運んで欲しいと思います!


【11/3東京2Rでのグランソヴァール : 公式HPより】


*広尾TC様のご厚意により、クラブ公式HP等からの情報転載の許可を頂いています。
Comments (2)

【グランソヴァール】リフレッシュ放牧、年内もう一走ある?

2018-11-09 05:29:44 | グランソヴァール
美浦トレセン在厩のグランソヴァールは、レース後は運動のみ。9日にスピリットファームへリフレッシュ放牧に出る予定となっています。

◇尾関調教師のコメント
「レース翌日に獣医師に診てもらった感じでは、左トモに筋肉疲労があるとのこと。頑張って走ってきてくれましたからね。年内もう1戦するにしても、年明けまで待つにしても、とりあえずは一旦リフレッシュ放牧を挟んでから。1つ勝ってくれたことですし、まだ弱い面を残している段階ですので、無理せずやっていければと考えます。当面はダート1400~1600mを視野に。できれば広いコースが良いでしょう」
-----

ひょっとしたら11/24カトレア賞出走か?とも思いましたが、一旦放牧となると、さすがにそれはないでしょう。
ただ、回復次第になりますが、12/15中京の寒椿賞(ダ1400m)出走の目は残っていそうで。。
もしも今年中に2勝目をあげることができれば、来年、数少ないダートマイル路線のヒヤシンスSにチャレンジする権利(そのずっと先にはユニコーンSも!)が手に入るわけで、それはそれで魅力的ですからね。
もちろん馬優先で考えて頂いていいのですが、前走の内容が内容だけに、ちょっとスケベ根性が出てしまいます(^^;)

まあ、こういうことを考えられるのも、期待に応えてキチッと勝ち切ってくれたからこそ。
終わってしまえば『鼻歌まじりの大楽勝』とか言っていますが、本当はひとつ勝つのは大変なことですから…
寒椿賞に出るにしろ来年まで待つにしろ、せっかく大きな可能性を示してくれた前走の勢いを止めないためにも、出来るだけいい状態でレースをさせてあげたいし、次走こそ結果にこだわりたいところです。


【11/3東京2Rでのグランソヴァール : 公式HPより】


*広尾TC様のご厚意により、クラブ公式HP等からの情報転載の許可を頂いています。
Comments (2)

【グランソヴァール】GC先週の結果分析、『次走上位争い』

2018-11-07 05:09:02 | グランソヴァール
グリーンチャンネルの『先週の結果分析』によれば、グランソヴァールが勝った11/3東京2R(ダ1400m)は基準タイムより0.5秒速いタイムランクBで、なかなか優秀なレースだったとのことです。


解説の津田照之さんによれば、「好スタートから楽な手応えで2番手追走、直線ではほぼ馬なりのまま(残り200m地点から)2着馬を5馬身突き放す内容。デビュー戦は内に包まれて力を出せなかったが、2戦目はスムーズに運びレースぶりが一変。時計も大幅に短縮しており、この内容を見る限りでは昇級しても上位争い。2着ファムファタルはスタートが良くその後の加速もスムーズ。いい形でハナに立ってよく頑張っているが、今回はとにかく相手が強過ぎた。3着馬を8馬身離しているし初勝利は時間の問題」とのこと。 当然ながら、“次走上位争い候補の勝ち馬”として名前をあげてくれていました。
いやぁ、それにしても、何度聞いてもイイものですね、「相手が強過ぎた」的なコメントは(^^)
まあ、いつまでも勝利の余韻に浸っていてはいけないですが、次走の方針が出るまでは、まだ全然OKですよね(^^ゞ

そう言えば、血統診断でお馴染みの竹内さんがブログでグランソヴァールの勝利に触れてくれています。
■きねうちドライビング!-Full Throttle- 『好調ダンカーク産駒』
『広尾サラブレッド倶楽部さんのダンカーク産駒グランソヴァールがワンサイド勝ちでした!この馬は相当強いですね。新馬は不利があって力を出し切れずに敗退しましたが2戦目で大楽勝!今後がとても楽しみになりました。』

竹内さんはダンカークやマジェスティックウォリアーを導入された方ですが、2014年の展示会ツアーでイーストスタッドにお邪魔をして、導入直後(供用前)のダンカークを竹内さんと一緒に見学したこともありました。
(あの年は一泊二日のツアーで、参加者も少なかったんですよねぇ(^_^;))
今考えると、あの頃からグランソヴァールやナグラーダへの出資、そして先週のグランソヴァールの勝利へと道筋が出来ていたわけで、長いと言うか何と言うか、一口馬主という趣味は、随分と時間を贅沢に使うものだと思います。

当時私が書いたダンカーク見学の感想は、コチラ→『[広尾TC展示会報告8]種牡馬見学・イーストスタッド&ダーレー編』をご覧くださいなのですが、記事の中で、「初年度、二年目の産駒がどこまでやるか、最初から結果を求められるのが辛い」などと書いています。
フタを開けてみれば、ダンカーク産駒は芝・ダートを問わず勝ち上がっていて、そのハードルを楽々と超えているのが素晴らしい!
(竹内さんは最初から自信満々でしたが、ハズレを引くのが当たり前(?)の種牡馬導入で、この成果はすごい(^^))
広尾TCの募集馬ではラズベリータイム'18がダンカークですが、経緯を考えると(そして無責任に勝手な事を言うと)、クラブとしてもっとダンカークにこだわっても面白いような気がします。
(あ、ナグラーダ(レフィナーダ'16)もまだ買えるんでした(^_^;))

Comments (4)

【グランソヴァール】このコメントが聞きたかった! フム(( ˘ω ˘ *))フム

2018-11-03 18:48:23 | グランソヴァール
競馬ラボ@keibalab.jp 『エヴァキュアンなど≪東京1~5R≫レース後のコメント』
●2Rで2歳未勝利(ダ1400m)が行なわれ、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気・グランソヴァール(牡2、美浦・尾関厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:26:2(良)。2着には5馬身差で2番人気・ファムファタル(牝2、美浦・栗田徹厩舎)、3着には8馬身差で4番人気・ブレーンクロー(牡2、栗東・小崎厩舎)が続いて入線した。
1着 グランソヴァール(戸崎圭太騎手)
「新馬から能力があると分かっていましたが、内でスムーズさを欠いてしまいました。今日は強いところを見せられて良かったです」
2着 ファムファタル(大野拓弥騎手)
「相手が強かったです。状態は良さそうでした。しっかり反応もしてくれています。この距離は大丈夫ですね」
-----

戸崎騎手のコメントには、『前走の借りを何とか返したかった、マトモだったらこの馬は強いと示せて良かった』、という気持ちが出ていてとてもイイのですが、でも、大野騎手のコメント、「今日は相手が強かった」、これが一番嬉しいんですよね。
競馬をやっているとこの手のコメントには度々出くわしますが、自分の出資馬が言われることは、そうそう数多くはありません。
当然ながら、「相手が強かった」と「相手に上手くやられた」では全然意味が違っていて、前者には、現時点ではギブアップ、どうやってもアイツには勝てません的な意味が含まれていますから。

何と言うことはないネタですが、勝ったレースのことを考えると気分が良いものです(^^ゞ
未勝利戦を勝ったぐらいで浮かれるな!とのご批判もあるでしょうが、今日のところは許して頂いて…
今日、結果が出せなかったスパーブアゲイン、18日に出走予定のカナロアガール、そしてテンコートレーニングセンターで勉強中のナグラーダも、出来るだけ早く1勝して、グランソヴァールに追いついて欲しいものです(^^)

Comments (4)

【グランソヴァール】次走は馬に合わせて… 年明けが有力!? @関係者コメント

2018-11-03 13:28:32 | グランソヴァール
東京2Rで見事な初勝利を飾ったグランソヴァールの関係者コメントです。

◇戸崎騎手のコメント
「新馬戦の時と同様に雰囲気は良好。初戦は窮屈な競馬になって勝てませんでしたけど、今日はこの馬の力を出せました。スタートが決まり、直線ではどこで追い出そうかというくらいの勝ち方でしたからね。完勝です。芝でも走れないことはなさそうですが、ダートの方がより強い競馬を見せてくれるような気がします」
◇尾関調教師のコメント
「新馬戦の時とは違って外めの枠でしたし、頭数も少なめ。敵は2着の馬だけでしたからね。嫌なのはこちらが押し出されてハナに立ち、マークされる形でしたが、相手が先に行ってくれたことで展開も向きました。完勝だったと思います。2歳のこの時期での勝利はひとつホッとできますし、これで今後が楽にもなってきます」
◆クラブのコメント
今日はスタートを決め、番手につけた時点で勝負あり。持ったままで相手に並びかけると、終い1ハロンから軽く仕掛けただけで5馬身差の楽勝。新馬戦での鬱憤を晴らすかのような派手な勝ち方となりました。なお、このあとは、「馬の状態次第では続戦も考えますが、何もここで無理をする必要はないですし、軽くひと息入れて年明けあたりでも良いかなと。まだ途上ですから、あくまでも馬に合わせて考えていきたい」(調教師)と思います。
-----

当たり前と言ってしまえばそうですが、尾関先生も戸崎騎手も前走は口惜しい敗戦で、それもあって、今日はハナから勝つ気満々だったという事でしょう。(マトモなら負けないぞ!的な…(^^))
で、実際にとても強い勝ち方が出来たのですから、そりゃあ、関係者の皆さんも気持ちがイイはずです。
それぞれのレース後コメントには余裕がありますし、今日の勝利はまだ序の口で、先々は上で活躍させたいという意志を感じる事が出来ますね。(戸崎騎手が言うように、やはりダートが無難、と、勝ち方が良過ぎて思ってしまいますよね(^^ゞ)

その次走ですが、ひとつ勝って慌てる必要がなくなったので、基本的には馬の状態次第のようです。
確かに(調教を含めて)それなり以上に緊張が継続しているはずですし、ここで少し休ませるのは悪くない選択肢。 3歳春はダート路線、ダートで上をめざす馬の選択肢が限られていますから、そのあたりも含め、もう一度本馬の将来を考えてみるのもイイでしょう。
今日の感じではマイルぐらいまで距離も持ちそうですし、やはり、めざすはユニコーンですかね(^^ゞ

*複勝ころがし馬券をあらかじめ買っておいたのですが、配当は1.0倍の7200円でした(^_^;)



*広尾TC様のご厚意により、クラブ公式HP等からの情報転載の許可を頂いています。
Comments (2)

【グランソヴァール】鼻歌まじりの大楽勝(^ .^)y-~~ 東京2R 2歳未勝利・優勝!

2018-11-03 11:05:41 | グランソヴァール
東京2R 2歳未勝利(ダ1400m)に出走したグランソヴァールが見事に優勝しました!

【レース内容】
好スタート。大外から逃げ主張のファムファタルを先に行かせて悠々と番手をキープ。
折り合いがついてリズムの良い走りは見ていて気持ちがいいほどでした。
その後、3~4コーナーをファムファタルの外め直後でクリアすると、直線に入って外から併せ馬の形に持ち込み…
そこからはもうグランソヴァールの独壇場、併せた瞬間から手応えの差は明らかで、必死にムチを入れる大野騎手を尻目に、戸崎騎手が軽く気合をつけたのは残り200m地点から。
あえて表現をするなら、『ゴール前強め』の競馬でアッという間に5馬身抜け出し、余裕の先頭ゴールを飾りました!
-----

いやホント、強かったなぁ┐(^ .^)┌

ゲートをポンと出た瞬間に、なんか、もう負けない空気感が伝わってきました(^^ゞ
それは戸崎騎手も同じだったようで、外からファムファタルが来た時も、『どうぞどうぞお先に!』みたいに見えましたね。
きっと戸崎騎手、返し馬の感触も含めて、『これなら、普通に走れば今日のメンツには負けない』という確かな手応え、前走からの上積みを感じ取っていたのではないでしょうか(^^)

それにしても、あれだけ楽に走って終い3Fが36.5秒の1分26秒2。
2着のファムファタルは前走(0.1秒差の3着)と同タイムで走っているので、そんなに悪い内容ではなかったはずです。 それなのに子ども扱いをされた挙句に5馬身も千切られるとは、まさに、『今日は相手が悪かった』と思うしかないでしょう。
うーん。。 相手にはちょっと申し訳ないのですが、ムチャクチャ気分がイイですね(^^ゞ

しかしアレですね、ダートでこれだけ強い競馬をしてしまうと、芝を試してくれるかどうかが心配になります。
まあ、この時期はダートの番組が充実していませんから、尾関先生もいろいろ作戦は考えてくれると思いますけれど…
いやいや、先のこと、余計な心配は別にして、まずはひと息入れてもらいますかね。
今日は本当に気分の良い勝利をありがとうございました!m(_ _)m

■11/3東京2R 2歳未勝利(ダ1400m)・良


Comments (14)

【グランソヴァール】一騎打ち! 11/3東京2R 2歳未勝利・枠順&予想

2018-11-02 23:14:56 | グランソヴァール
■11/3東京2R 2歳未勝利(ダ1400m) 10:30発走



◎ グランソヴァール
○ ファムファタル
▲ ブレーンクロー
△ トゥルボー
△ ホロポノ

グランソヴァールは7枠8番になりました。
前走は全く同じ東京ダート1400mで3着だったわけですが、その敗因の大きなポイントの一つ(あるいは大半かも(^_^;))に、“内枠ゆえの不利”がありましたから、7枠8番は願ってもない好枠です。
今度は内に包まれるリスクを気にしなくててイイのですから、堂々と地力勝負で勝ち切ってもらいたいと思います。

そしてこのレース、デビュー戦から4→3→2→3着ときているファムファタルと前走(新馬)3着のグランソヴァール、この2頭を以外の9頭は、何と一度も掲示板に載ったことがないというメンバー構成になっています。
まあ、過去の実績で全てが決まらないから競馬は難しいわけですが、それでも常識的に考えればこのレース、グランソヴァールとファムファタルの一騎打ちになると思って良いでしょう。
これだけ力関係がハッキリしていると、他馬が2頭の間に割ってはいるとか、そういうムードが全くありません(^_^;)

では、この一騎打ちにグランソヴァールが勝つかどうかですが…
本当は『やってみなければ分からない』のでしょうが、グランソヴァールに分があると思えるポイントとして、ファムファタルは惜しい競馬が続いているものの、結局、いつも何かにやられて勝ち切れないこと、そして、グランソヴァールがデビュー2戦目なのに対し、ファムファタルはこれが5戦目で、さすがに上積みまでは難しそうなことがあげられると思います。
おそらく、両馬が先行態勢から直線でガッツリ叩き合うレースになるでしょうが、是非とも捻じ伏せて欲しいと思います!

Comments (10)

【グランソヴァール】余力充分! 11/3東京2R 2歳未勝利・出走確定

2018-11-02 05:30:46 | グランソヴァール
グランソヴァールは、11月3日東京2R 2歳未勝利(ダ1400m)に戸崎圭太騎手で出走します。

-調教時計-
18.10.31 助 手 美南W良 半哩 - - -53.9-39.3-12.8(9) 馬ナリ余力
アゴベイ(新馬)馬ナリの外0.4秒先行0.2秒先着

◇尾関調教師のコメント
「31日は先行して後ろから来られるとまた伸びてくれる形。一度競馬を使ってほどよく気が入っているようですし、最後まで余裕がありました。稽古の感じとしては、これくらいでちょうど良いのではないでしょうか。左トモなどにまだ課題は残るものの、ここも良い状態でレースを迎えられそうです」
-----

グランソヴァールの出走が確定しました。
レースは11/3東京2R、ダート1400mの未勝利戦です。
ここは前走直後から狙っていたレースですし、鞍上も引き続き戸崎騎手ですから、今度はスムーズにレースを進めて勝ち切って欲しい。。 そのためにも、今度はなるべく外目の枠が引けるとありがたいですね(^_^;)

デビュー戦から中2週での競馬になりますが、最終追い切りでは半哩からなかなかイイ動きを見せてくれました。
もともとデビュー前から乗り込み量が豊富で、もうあまりやらなくても仕上がっている中での追い切りながら、(たとえ相手が新馬でも)馬なりで終い13秒を切っての先着は、一度使った上積みを感じさせるものでした。
尾関調教師が「ほど良い気合」、「良い状態」を強調されていて、鞍上の戸崎騎手は前走に続いて二度目の騎乗、11頭立ての競馬で前走馬券圏内が(本馬の他に)1頭だけと、完全にお膳立てが整ったようにも感じます(^^ゞ

■11/3東京2R 2歳未勝利(ダ1400m)出走馬



【美浦トレセンでのグランソヴァ―ル: 公式HP(10/25更新分)より】


*広尾TC様のご厚意により、クラブ公式HP等からの情報転載の許可を頂いています。
Comments (2)

【グランソヴァール】回復順調、11/3東京2R出走へ

2018-10-26 06:05:02 | グランソヴァール
美浦トレセン在厩のグランソヴァールは、24日はウッドで普通キャンター、25日朝少し速めを消化しています。

-調教時計-
18.10.25 助 手 美南W良 5F - -72.5-56.0-41.5-13.4(9) 馬ナリ余力

◇尾関調教師のコメント
「時間差で後から疲れが出るようなこともなく、回復は順調です。トモなどに課題を残しているとは言え、そこまで酷い状態ではないですし、これなら続戦も大丈夫でしょう。ある程度仕上がった状態で初戦を迎えましたので、そこまで大きな上積みはないものの、一度レースに使ったことで内面的には上がってくるかもしれません。予定通り、11月3日東京2R 2歳未勝利(ダ1400m)に向かいたいと思います」
-----

来週のレースに向けて順調に調整が進んでいるようです。
今度は中2週での競馬になりますし、デビュー戦前もかなり乗り込んでいましたからね。
あまり強い追い切りは行わず、来週もサッとやる程度で充分でしょう。

前走は最内枠の難しいところが最後に出てしまい、残念ながらの3着でした。
まあ、最内枠になる可能性はいつだってあるわけですし、そうなってしまった時は開き直って勝負するしかありませんから、あまりああだこうだと敗因を突き詰めても仕方がないですよね。
実際、ゴール前の脚は2着馬を上回っていましたし、普通にやれば次は勝ち負けの競馬ができるでしょう。

その意味では、大事なのはあくまでも今後の話、直近で言えば、状態を維持して次走に向かうことです。
それは尾関先生も十分に理解しておられると思いますし、戸崎騎手も本馬のことを分かってくれているでしょうから、あとは前走で厳しいレースをした経験が、うまく結果に結びついて欲しいと思います。
勝ち上がれるという手応えと、実際に勝ち上がった時の喜び、(未勝利から)の開放感は別次元のものですから、なるべく早く勝って出資者を安心させてもらいたいものです(^.^)


【10/13東京4R メイクデビュー東京でのグランソヴァール : 公式HPより】


*広尾TC様のご厚意により、クラブ公式HP等からの情報転載の許可を頂いています。
Comment

【グランソヴァール】5回東京開幕週に戸崎騎手で続戦へ

2018-10-19 05:38:56 | グランソヴァール
美浦トレセン在厩のグランソヴァールは、17日までは運動のみ、18日朝より騎乗を再開しています。

◇尾関調教師のコメント
「ひとまずレース後も大きな反動はなさそうです。初戦の1400mで前に行けたわけですし、外枠であればまた違ったようにも思いますので、やはり距離は1400~1600ぐらいが合うはず。1800mでもやれるかどうかは、その先の話でよいでしょう。したがって次走も同条件、11月3日東京2R 2歳未勝利(ダ1400m)への続戦を視野に調整していければと考えます。鞍上は引き続き戸崎圭太騎手の予定です」
-----

レース後の様子確認の結果、このままトレセンにとどまって次走に向かうことになりました。
馬の状態に関しては厩舎の判断の通りだと思いますので、あとは次走でさらなる前進を見せてもらうのみです。
デビュー戦に跨った戸崎騎手も、最終追い切り後に、「一回叩いてから…」とコメントしていましたし、次も引き続き乗ってくれる方向のようですから、この続戦はきっと良い結果につながってくれると思います。

その次走ですが、5回東京の開幕週とのこと。
開幕週は3日の土曜日にダート1400m、4日の日曜日にはダート1300mの未勝利戦が組まれていて、100m距離を短縮しても十分対応できそうでが、無難にいくならやはり前走と同じ1400m戦でしょうね。
(今のところ尾関先生も、距離短縮ではなく延長方向で考えておられるようですし…)
まあ、将来的には芝も試してみたいですが、まずは勝ち易いところでひとつ勝ち、後のことはそれから考える作戦でいいでしょう。


【美浦トレセンでのグランソヴァール : 公式HP(10/12更新分)より】


*広尾TC様のご厚意により、クラブ公式HP等からの情報転載の許可を頂いています。
Comments (2)