総天然色・魔人スドォの円盤-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

『デッドコースター』

2009-04-06 | ホラー映画を熱く語る
『デッドコースター』

【ストーリー】
キンバリーは友人達と休暇を過ごそうと車で出発するが、ハイウェイに入る寸前に、
自分を含めた大勢の人間が衝突事故によって死ぬ瞬間を予知する。
一瞬の後、予知した通りの大惨事が現実となるが、予知夢では死ぬはずだった内の8人が生き残る。
そして、九死に一生を得た彼らに、想像を絶する“死”が忍び寄る...

この作品はDVDで鑑賞しました。

は~い
予知夢を見て生き残った若者達が次々に事故死する『ファイナル・デスティネーション』に続く2作目です。
タイトル(邦題)は『デッドコースター』に変わってしまったが、正統派の続編。
その斬新な“死”の恐怖はパワーアップしており、タイトルどおり“ジェットコースター”の如く
息もつかせぬ速さで“死”が襲い掛かって来ます。

“地獄のハイウェイ”
今作での話の発端は飛行機ではなく高速道路。
何でも「マトリックス リローテッド」のアクション部分の演出を手掛けた監督さんなので、
その凄まじいカー・クラッシュ・シーンは一見の価値ありです。

↑トラックの丸太が崩れ落ち、ハイウェイを惨劇に変える。
その映像は衝撃的で普通のホラーとはまた違う、恐怖が味わえます。

生き残った8人が“死”の運命からは逃げられず、次々に残虐な“死”を遂げて行く話の展開は同じなんですが、
事故の直後に前作の“180便の生き残り”の話が語られるので、“死”の運命の認識が手っ取り早く、
余分な話のネタフリなしで前作を観た人も無駄なく続編を楽しめるのです。


↑今回の生存者は8人、今回は何人生き残ることが出来るのだろうか?

今回もドミノ倒し的に襲い来る“死”の巧妙な演出は更に磨きが掛かっており、
来る来る...と思わせといて、「なんだ~来ないんだ」っと息をついた瞬間に襲い掛かる絶妙な“死”の恐怖!
(ホラー好きなら病み付きになっちゃいます!この感覚~♪ゾクゾク~)

↑偶然の偶然が重なり“死”が訪れる...
今作品はCGもより多用しており、より派手なスプラッターな衝撃映像が堪能出来ます♪
(結構グロいので、ホラー初心者にはキツいかも?)

私好みの美女がヒロインを演じる、今シリーズ...
前作に続いて180便の生き残り、クレアも出演しています~♪

前作の“死”の運命から未だに回避し続けている、クレア↑。“死”の運命は永遠に続く?
今回のキンバリーを演じる女優さんもかなりの美女でチュ~♪
タイプは違うけど1つの作品で2人の美女を堪能出来るなんて~
なんて贅沢でありましょう?
ダブルメロリンキュ~


今回の話の新しい展開は“死”の運命から逃れる方法が出て来ます。
永遠に続く恐ろしい“死”の運命から、彼等は逃れることが本当に出来るのでしょうか~?


PS.私的にはシリーズの中でこの2作目が一番好きかな?
次回、更なる3作目『ファイナル・デッドコースター』へ
続く...
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『ファイナル・デスティネー... | トップ | 『ファイナル・デッドコース... »
最近の画像もっと見る

ホラー映画を熱く語る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事