“すくらんぶるーむ”便り

多摩市・諏訪商店街の中のまちづくり拠点“すくらんぶるーむ”のお知らせや街の風景など

■■ 11月の予定 ■■

2008-10-31 15:16:44 | 予定
ニュータウンの街路樹も紅葉が進み、あちらこちらで私たちの目を楽しませてくれています。
皆さんのお勧めスポットはどこでしょうか?


11月の“すくらんぶるーむ”の予定をお知らせします。

============================
*10月31日現在の予定です。詳細の案内や変更については、このブログで別途ご案内します。
*◆は参加自由です。
============================

11月6日(木)、11月13日(木)、11月20日(木)、11月27日(木)
        13:00~15:00 体力チェック&健康相談
        15:00~16:00 運動教室
  →詳細はこちら
      (主催:国士舘大学・ウエルネス・リサーチセンター 共催:NPO法人クレール)


◇11月7日(金)19:00~21:00 たま・まちせん理事会


◇11月9日(日)10:00~12:00 (仮称)永山ハウス世話人会


11月10日(月)、11月17日(月)
           16:00~17:00 運動教室(グループ予約済)
           18:00~19:00 運動教室(一般参加可→詳細はこちら
      (主催:国士舘大学・ウエルネス・リサーチセンター 共催:NPO法人クレール)


◇11月16日(月)10:00~12:00 (仮称)永山ハウス全体会


11月20日(木)19:00~21:00 木曜サロン→詳細はこちら

      (主催:NPO法人 多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議)


11月22日(土)14:00~16:00 TAMA市民大学・永山公民館市民企画講座
        第3回 思春期の子どもたちの心は? →詳細はこちら
      (主催:NPO法人多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議、多摩市教育委員会(永山公民館市民企画講座))

      

◆11月26日(水)9:00~10:00 “すくらんぶるーむ”運営委員会
        “すくらんぶるーむ”についてのお尋ねも受け付けています!

============================

【“すくらんぶるーむ”についてのお問合せ】 
NPO法人 多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
 多摩市諏訪5-6-3-102 MAP
  Eメール:info@machisen.net
  TEL 042-337-5609  FAX 042-337-5599
 

第2回講座(子どもが健康であるために)報告

2008-10-16 14:20:55 | 出来事
◆TAMA市民大学・永山公民館市民企画講座◆
~地域の大学から“こんにちは” ─子どもの暮らしと環境を考える─ ~


第2回を10月11日(土)に“すくらんぶるーむ”において開催しました。
今回も連休初日で、スポーツイベントとも重なっていたためか、10人ほどのご参加でしたが、こじんまりと、ざっくばらんな講座となりました。



まずは、「元来、健康であるはずの子どもについて、“健康であるために”という話をしなくてはいけない、現代の問題は深刻」という永吉先生の言葉でお話が始まりました。


●子どもの健康についての変遷とその原因
今日の子どもの健康問題を、3つの視点(身体的、精神的、社会的)から様々なデータを提示していただきながらお話をうかがいました。

マスコミ報道などでも断片的には情報を聞いてはいるのですが、さまざまな面から“子どもの体の危機”が深刻になっている状況を総括したお話に、参加者一同、ためいきが出る思いでした。

 にわとり症候群(独りで食べる「孤食」()、 朝食を抜く「欠食」()、家族がばらばらなものを食べる「個食」()、好きなものばかり食べる「固食」()⇒コケココ)、疲労感を感じる子の増加、遊ぶ時間・空間・仲間がない…

●では、どうすれば?
「人間の生理機能はすべてが自然環境のもとで進化し、自然環境用につくられている。」(生理人類学・佐藤方彦氏)という言葉や永吉先生がマリ共和国で3年間活動された経験、キャンプなどの野外教育に取り組まれている中から、「子どもが健康であるために」のキーワードは「自然な暮らし」と強調されました。


さてさて、現実の私たちの都市生活の中では、“ゆらぎ”とも表現される不確定に変化をし続ける「自然」の中で受ける様々な刺激(子供たちの五感などのさまざまな感覚への刺激)をどのように体感・体験していけばいいのか、「解」はなかなか難しそうですが、ニュータウンの恵まれた空間を活かしつつ、また、その活用方法の発想の転換も必要かもしれません。
ニュータウンの中に沢山ある公園、これを見直していくことも一つのアプローチでは。


参加された皆さんからは、データへの熱心な質問や小さいお子さん連れのお父さんから「ある程度の怪我も含めて、なるべく自然に遊ばせたいが、危険の見極めは?」といった具体的な質問などが続き、やや少人数の集まりではありましたが、かえってざっくばらんな質疑の時間を持つことができました。




永吉先生には「是非、第2回を…」というリクエストの声も聞かれました。
乞うご期待!


【“すくらんぶるーむ”についてのお問合せ】 
NPO法人 多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
 多摩市諏訪5-6-3-102 MAP
  Eメール:info@machisen.net
  TEL 042-337-5609  FAX 042-337-5599
 *“すくらんぶるーむ”の10月の予定





認知症イベント in諏訪

2008-10-08 18:49:53 | 出来事
秋晴れの4日(土)に、「認知症になっても 自分らしく暮らせる街 in諏訪」のイベントが行われました。

             


昨年から、諏訪地区をモデル地区として行われている東京都の「認知症地域資源ネットワークモデル事業」の一環として開催されたイベントです。

認知症の方が住み慣れた地域で、自分らしく安心して暮らすことができるように、地域の方々が認知症への理解と認知症の方との接し方などを講座や寸劇(↓あしたやさん前で)などでわかりやすく学ぶことができる企画でした。

             

諏訪商店街でも、3月に「認知症サポーター養成講座」を受講し、参加された皆さんは、オレンジのリストバンドをいただきました。
      


障害のある方に接する時も同じですが、やはり実際の出会いを重ねることで、サポートする側も戸惑うことなく、自然な触れ合いができるのではないでしょうか。

少しづつの積み重ねが必要ですね。

このイベントは、諏訪地区にお住まいの方や認知症家族の会、認知症コーディネート委員などの皆さんで構成する「オレンジの輪実行委員会」、地域包括支援センター、社会福祉協議会、高齢支援課のほか、多摩大学や帝京大学の学生さんもボランティアとして参加して開催されました。
皆さん、ご苦労様でした!

さまざまな立場の方に優しい地域づくりを一歩、一歩進めていきたいですね。


【“すくらんぶるーむ”についてのお問合せ】 
NPO法人 多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
 多摩市諏訪5-6-3-102 MAP
  Eメール:info@machisen.net
  TEL 042-337-5609  FAX 042-337-5599
 *“すくらんぶるーむ”の10月の予定


まちせん第39回「木曜サロン」(10月)のご案内

2008-10-03 13:09:50 | 予定
【毎月第3木曜日は「まちせん木曜サロン」の日です。】


今回は、1昨年3月(第11回)に続き、2度目のご登場になりますが、多摩NTの第1期入居世代で、永年多摩市のまちづくりや市民活動を担ってこられた永山在住の浅井民雄さんにお話を伺います。

■日時:10月16日(木) 19時~21時
■場所:すくらんぶるーむ(諏訪商店街)→場所はコチラ

     206-0033東京都多摩市諏訪5-6-3-102
            電話: 042-337-5609

■講師:浅井民雄(あさい たみお)氏
 (1971年多摩ニュータウン第1期入居、永山2丁目在住)
       
■テーマ:楽しく暮らし楽しく老いる―自立して暮らす 
     “キーワードはグリーン&クリーン”
前回のお話では、浅井さんの35年のニュータウン暮らしを通してニュータウンの市民生活の歴史と今後の見通しなどをご本人の実体験と活動からお聞きしました。お話の後半で高齢社会を楽しく生きること、農業とまちづくりのかかわりなどについてお聞きしましたが今回は、その話をもっと具体的に掘り下げてお聞きしようと思います。
最近、特に食の安全や農への信頼ということが大きな関心事になっています。
ニュータウン生活における農業との係り、エコライフの楽しみ方など皆さんと一緒に考えて見ませんか。

■講師略歴
1971年多摩ニュータウン第1期入居(諏訪2丁目)、以来豊ヶ丘2丁目、諏訪1丁目など37年のニュータウン暮らし。
仕事:グラフィックデザイン(版画、イラストレーション、企画編集)
○大日本印刷会社企画部を経て、デザイン会社勤務。その間、企業、環境団体、生協、政治・市民団体等の宣伝・企画・出版活動に参画。
○その後デザイン企画会社を設立。主に企業、環境保護団体、政治・市民団体の事業の企画・立案、広報宣伝活動・出版活動に関わる。
主な編著書:写真集「メコンの流れのように」「広島・長崎:原子爆弾の記録」「鳥たちのうた」「渡り鳥のうた」「どうぶつのおやこ」、書籍「生ごみ堆肥化大作戦」「生ごみ堆肥化Q&A」「家庭でできる生ごみ堆肥化」他
○現在、多摩市と北杜市清里に在住、NPOと事務所の仕事、地域活動、創作等を行なう。

《現在関わっていること》
・㈱アイデス・プランニング顧問
・有機資源の循環推進:NPO 有機農産物普及・堆肥化推進協会副理事長
・多摩市の環境保全活動:多摩市民環境会議(副会長)
            永山雑木林を守る会(会長)
            多摩市愛鳥会(会長)
・地域の食循環:磯沼ミルクファーム・ジャージークラブ(会長)

■参加費(懇親会含む): 会 員1000円(学生会員 500円)
                非会員1500円(一般学生1000円)

■過去の木曜サロンの概要はホームページで紹介しています。
⇒http://www.machisen.net/salon/past/index.html


【“すくらんぶるーむ”についてのお問合せ】 
NPO法人 多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
 多摩市諏訪5-6-3-102 MAP
  Eメール:info@machisen.net
  TEL 042-337-5609  FAX 042-337-5599
 *“すくらんぶるーむ”の10月の予定