★青空

安心安全な食材で病気にならない体つくりを。

食を選ぶ選食の時代です。

太鼓たたいて笛ふいて

2014年03月01日 22時02分13秒 | Weblog
今日、博多のキャナルシティ劇場であった「太鼓たたいて笛ふいて」を夫と二人で観に行きました。

林芙美子さんを演じた大竹しのぶさんは勿論ですが、6人の役者さんの力に有難うでした。

あんまり、知らないで、タイトルの意味もわからず、観たわけです。

戦は儲かるものだという時代にあわせ、お国がすすめる戦争に自らが太鼓をたたき笛をふいて戦争美化の中に国民を民衆を誘導した林芙美子の苦悩と人生後半の執筆活動などが舞台を通じ伝わってきました。

良かった。

久しぶりに考えさせられるいい舞台でした。力強い舞台でした。
安倍政権のいま 特に多くの方に観てもらいたい舞台と思いました。

最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よい文化にふれると・・・ (岡山の空は遠いです)
2014-03-02 08:00:01
やはり、文化ですよね、ひさしぶりに「青空」さんのブロクが動きまして、たのしく読ませてもらいました。

どんな世の中になっても、人は文化、文化はひとですね・・・

阿部さん、本当に、怖いですね、、何が「自衛権か・・・」です。文化のない人、わからない人は、戦争屋です。

戦争の時代は、文化まで、完全に間違います、自由と民主主義と文化、そこに、人としての花が咲きますよね・・・

文化のない「暗黒の時代」の再来をとめるために、お互いに力を合わせましょうです。
返信する
お久しぶりです (青空)
2014-03-03 10:48:06
本当に、私らもですが、これから成長していく子どもたちに、もっとこういう舞台を観ることを薦めます。
返信する

コメントを投稿