■□■Mayumi Sekizawa Official Blog■□■

マリンバ奏者、関澤真由美の公式ブログです。www.mayumisekizawa.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松本震度5強

2011年06月30日 | 日々のこと
長野にお住まいの皆さまのご無事を心より祈っております。

昨日から何度か突き上げるような揺れを感じていましたが、今朝、地響きのような音と共に大きい揺れがやってきてパニックでした。

ほんのちょっと離れたところにいた娘に駆け寄って抱きしめ、揺れが止まった時点でオットに電話。でも、繋がらないので、お義母さんに電話。そこで再び強い揺れが来て、どうなることかと思いました。揺れが止まってあたりを見回してみると、いろいろなものが倒れ、床に散乱。机の上のデスクトップが落ちていたのは痛かった・・・でも、家族みんな怪我もなく無事でした。娘が危ないところにいなくて本当に良かった。皆が無事なのがなによりです。

マリンバはなんとか無事でしたが、廊下も花瓶などが割れて散乱し、台所もひどい。何をどうやったらいいのか思わず呆然としてしまいました。

そのうち、近所の人がやってきて、このあたりみんな、瓦屋根がくずれ落ちているとのこと。我が家もそのうちの一軒でした。ベランダにも、庭にも瓦が散乱していました。ご近所では、壁にたくさんヒビが入ってしまったお宅もあったそうです。

とにかく、時々やってくる余震に恐れおののきながら、少しづつ家の中を片づけ、あっという間にお昼。お昼過ぎに消防の方々が、屋根にビニールシートをかぶせに来てくださいました。屋根の上に乗って見て貰っている最中にも地震は来て、消防の方々に申し訳ないくらいでした。いろいろ調べて貰うと、屋根に2つも穴が開いてしまったとのこと。とりあえず応急処置をして下さいました。頼むからしばらく雨よ降らないで~と祈るしかありません。

よく見て見ると、家が揺れて歪んだために2Fの壁紙はあちこちはがれて破けていました。窓も歪んで閉まりにくいし、屋根も歪んでいるそうです。

まだまだ余震があり、気がぬけません。今日一日、娘のそばにぴったりと寄り添い、もちろん練習なんか一度もできませんでした。地震は本当に怖い。震度7を経験された東北の方々は、これに津波も加わってもっと恐ろしい思いをされたかと思うと、胸が痛みます。

どうか、これ以上地震がきませんように、祈るしかありません。
コメント (4)

曲数

2011年06月27日 | コンサート
さて。今週末に行われるコンサート、そして来週末の東日本大震災支援コンサートは、それぞれに別のプログラムなので、少々テンパリ気味。

準備しなければならない曲数がすごく多いです。私としては、精神的に追いこまれた極限の状態に持って行ったほうが、結果的に良い演奏になるので、頭を整理して頑張りたいと思います。とはいっても、母としての顔は穏やかに保っておかなければと努めているので、これまた頭の切り替えが大変。修行だなぁ。

どちらもどうぞよろしくお願い致します。それぞれに違った世界なので面白いですよ。


マリンバとお話のコンサート
7月2日(土) 13:30開演
会場:塩尻市えんぱーく3階 多目的ホール アクセスはこちら
入場料:無料
主催:塩尻市民読書の会
お問い合わせ:HPのスケジュールをご覧ください。



東日本大震災支援コンサート
音楽で勇気と力を!今こそ心をつなぐ時
関澤真由美(マリンバ)  原 邦晴(和太鼓)

日時:2011年 7月10日(日)
開場: 午後 1:30 開演:午後 2:00
会場: 山形村ミラ・フード館(ホール・ミラ)
チケット: 大人 1,000円 中学生以下 500円
お問い合わせ: ミラ・フード館  0263(98)3033

※今回のコンサートの収益金のすべてを、日本赤十字社を通じて
東日本大震災の義援金として寄付致します。

THE MET

2011年06月23日 | 日々のこと
娘が全快するも、なんだかひどく甘えん坊になり、べったりの毎日です。

特に深夜に、抱っこをせがまれるのはキツい。立ってゆらゆらを、しかも明け方まで(泣)これがウワサの「魔の2歳児」というヤツでしょうか。普段は可愛いんですけどねぇ。自我が芽生えてきて要求が強くなってきました。親にしてみたら、まさに人生修行の何ものでありません。毎日が寝不足です。

そうこうしているうちにメトロポリタンオペラもダンカン先生も帰国。
ダンカン先生は全然お変わりなくお元気そうでした。メトロポリタンのティンパニストはダンカン先生を含め2人いるのですが、今回はダンカン先生のみが来日。「全のり(プログラム全曲演奏すること)なんだよ~」とおっしゃっていました。今回、METの中にも原発の問題を理由に来日されないアーティストもけっこういたそうです。仕方ないですよね。METが日本に来てくれただけでも感謝。その上、義援金も寄付して下さり、本当にありがたいですね。

今回も常任指揮者であるジェームズ・レヴァイン氏は体調不良の為、来日されませんでした。変わりに、特別コンサートはファビオ・ルイージ氏が振ったのですが、リハーサルが面白かったそうです。シュトラウスの「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」のリハーサルで、冒頭に「♪た~ら、た~ら、たぁ~♪」というフレーズがあるのですが、その部分を「とにかくリラックスして弾いて」と弦に指示。その指示の表現が面白くて、お風呂に入る時にまず片足入れて♪たーら♪また片足入れて、♪た~ら♪ そして、最後に肩まで浸かって♪たぁ~♪ あ~いい気持ち~リラックス~みたいな(笑)、そんな感じで表現してと指示したそうです。弦パートはみんな、お風呂に入ってる感じで弾いてたとのこと(笑)

ルイージ氏は、イタリア人なのですが、眼鏡をかけて、いつもきっちりした服装をして、ドイツ語なまりの英語をしゃべるので、厳格な感じからのギャップも面白いとも言ってました。
また、レヴァインはけっこう、その冒頭の部分をテンション高く弾いて!と指示するのに対して、彼はとにかくリラックスと指示。対照的で面白いそうです。

「どちらが好きなんですか?」とダンカン先生に聞いてみると「どちらも」だそうで。

その夜、私はお風呂に入るときに、あ~いい気持ちのリラックスフレーズを思い出して笑ってしまいました。

METを聴きに行った方、どうでしたか?

当日は、ダンカン先生と一緒に写真を撮ろうと思っていたのですが、話が盛り上がって撮り忘れてしまいました。くぅ~無念。

リハーサル2回目

2011年06月17日 | マリンバ
ダンカン先生のことを書こうと思っていたら、あっという間に1週間たってしまいました。

実は先日、娘が風邪から中耳炎になり、この1週間はほぼ看病に徹してました。特に熱が出た夜は、耳が痛くて何度も起きかわいそうでした。立て抱っこをしてあげると、少し痛みが和らいで安心して眠れるようなので、ほぼ一晩中立て抱っこ。ああ、母親って大変・・・と思いつつも、少しでも安心できるならと、せがまれるままに抱っこしてました。具合の悪い時は、子供は母親に特にべったりですね。そんな娘もお陰様で元気になり、一安心。と言うわけで、昨日は原さんとの2回目、そしてコンサート前最後のリハーサルでした。

リハーサルには奥様もいらっしゃるのですが、原さんご夫婦の二人三脚っぷりがなんとも素晴しい。
奥様の深雪さんがよく気の付く人なのですよ。暑くなったら、原さんを団扇であおいであげたり、ストレッチを始めたら、タイミング良くそのサポートに周り、マッサージ。そして、愛妻弁当も美味しそうで、いたれりつけせり。かゆい所に手が届くとはまさにこのことです。楽器運びもなんのその、コンサートのチラシ、チケット、プログラム、衣装に至るまで全て器用に作ってしまいます。
「いいな~原さん」と私がうらやましがったら、「いいでしょ。」とのろけられてしまいました(笑)原さんの素晴しい太鼓は奥様あってこそだな~としみじみ思いました。


原さんがマッサージしてもらっているところを、うらやましそうに指をくわえて見ていたら(笑)「関澤さんにもやってあげましょう」とマッサージしてくれました!しかも時間をかけてしっかり揉み解して下さり、とっても気持ちよかったです。普段から肩こりがひどくて頭が痛くなってしまう私には、ホント至福の時でした。「これは明日揉み返しがくるかも。」と言われたのですが、このチャンスを逃したくないとばかりに、しっかりお願いしたところ、今朝になってやっぱり揉み返しが来てました(笑)でも、いいのですよ。目先の快楽をとったのは、私ですから。

そのうち、うちの超お世話好きな2歳児が大きくなって、「お母さん、はい。お弁当!」とか、「お母さん頑張ってるからマッサージしてあげるね。」なーんてことを言ってくれる日が来てくれないかな~と、自分の都合のよい野望を抱きつつ楽しみにしている毎日です。

さて、私も原さんも7月10日のチャリティーコンサートの前にそれぞれ別のコンサートが控えているので、リハーサルはこれで最後。リハーサルも無事終わったことだし、後はそれぞれの持ち味を生かして、耳にも目にも楽しい演奏をご覧に入れたいと思います。お楽しみに!

次こそダンカン先生のお話を書きますね。



東日本大震災支援コンサート
音楽で勇気と力を!今こそ心をつなぐ時
関澤真由美(マリンバ)  原 邦晴(和太鼓)

日時:2011年 7月10日(日)
開場: 午後 1:30 開演:午後 2:00
会場: 山形村ミラ・フード館(ホール・ミラ)
チケット: 大人 1,000円 中学生以下 500円
お問い合わせ: ミラ・フード館  0263(98)3033
チケットご希望の方はこちらからもお申込みいただけます。


願い (関澤真由美 作曲)
深空  (原 邦晴 作曲)
花鳥風月 (関澤真由美 作曲)
新作初演 (関澤真由美 作曲)
響宴 (原 邦晴 作曲 / 関澤真由美 編曲)  他

※今回のコンサートの収益金のすべてを、日本赤十字社を通じて
東日本大震災の義援金として寄付致します。

リハーサル

2011年06月10日 | マリンバ
昨日は、太鼓の原さんと7月10日のチャリティーコンサートの為のリハーサルをしてきました。

全曲、集中してのリハ。思いっきり音楽に集中できたのはとても幸せでしたが、終わるころにはぐったり。
解体、積み込み、積み下ろし、そしてまた組み立て、この作業がなければどれだけ楽か。

新曲も形になってきて、良い感じです。
原さんとは5年のブランクがありましたが、リハが終わるころにはしっかり感覚を取り戻し、これからもっと良くなりそうです。あぁ、楽しみ。

そして今日は、メトロポリタン歌劇場の主席ティンパニ奏者のダンカン・パットン氏にお会いしに東京へ。メトロポリタン歌劇場はただいま来日中です。海外アーティストのキャンセルが相次ぐ中、ありがたいことです。ダンカン先生は、感謝してもしきれない私のティンパニの先生であり、尊敬するアーティストです。これまた5年ぶりにお会いできて、有意義な時間を過ごさせて頂きました。しかし、長時間リハーサルの次の日に東京&日帰りで、これまた体はぐったり。今日はもう寝ます。ダンカン先生のお話はまた次回のブログで。


さて、改めて7月10日のご案内です。
皆さんの気持ちを被災地に届けましょう。そして、私たちみんなも元気になりましょう!
そんなコンサートにしたいと思っています。

東日本大震災支援コンサート
音楽で勇気と力を!今こそ心をつなぐ時
関澤真由美(マリンバ)  原 邦晴(和太鼓)

日時:2011年 7月10日(日)
開場: 午後 1:30 開演:午後 2:00
会場: 山形村ミラ・フード館(ホール・ミラ)
チケット: 大人 1,000円 中学生以下 500円
お問い合わせ: ミラ・フード館  0263(98)3033

願い (関澤真由美 作曲)
深空  (原 邦晴 作曲)
花鳥風月 (関澤真由美 作曲)
新作初演 (関澤真由美 作曲)
響宴 (原 邦晴 作曲 / 関澤真由美 編曲)  他

※今回のコンサートの収益金のすべてを、日本赤十字社を通じて
東日本大震災の義援金として寄付致します。

マリンバとお話のコンサート

2011年06月05日 | コンサート
7月2日に行われるコンサートの詳細です。皆さまお誘い合わせの上、是非お越しください。

マリンバとお話のコンサート
7月2日(土) 13:30開演
会場:塩尻市えんぱーく3階 多目的ホール アクセスはこちら
入場料:無料
主催:塩尻市民読書の会
お問い合わせ:HPのスケジュールをご覧ください。

演奏曲
ドレミのうた(ロジャース~関澤真由美)
マイ・フェイバリット・シングス(ロジャース~関澤真由美)
こころの空(関澤真由美)
パッション(関澤真由美)
仮面をつけて(田辺恒弥)より
1.登場!ファンファーレ 
2.小さなマーチ
月の子守唄(関澤真由美)
日本の歌 心の唄 (関澤真由美編曲)
春の恋(サンルーカル~関澤真由美)
響宴~さくらへ~(関澤真由美)

お話
注文の多い料理店(宮澤賢治)
寒い母(高橋隆介)

出演者
関澤真由美(マリンバ)
酒井倫子(お話)
今泉ヤス子(お話)

塩尻市民読書の会からのお願い
東日本大震災支援として。石巻市内の保育園に絵本を送りたいと思います。被災地の子供たちに喜んでもらえるような絵本で、あまり古びていないものがありましたら、一冊でもかまいません。ご協力いただける方は、当日、会場にお持ちください。