ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

あの時、福島のある町で起こっていた、25人の真実

2011年10月13日 | 日本とわたし
今日、ブログの事務局から、ついに連絡がきました。
この記事の削除の要請がありましたので、残念ですが削除いたします。


【重要】goo事務局からのお知らせ


<お問合せの履歴>
---------------------------------------------------------------
■回答内容 (goo事務局) - 2011/11/18 12:23 PM
mayumilehr 様

こちらはgoo事務局です。

mayumilehr 様の運営されるブログ「ウィンザー通信」に対し
朝日新聞社知的財産管理チーム様より著作権侵害が行われているとの
お問い合わせが弊社宛にございました。

ご指摘いただきました箇所を確認致しましたところ、下記gooブログ利用規約に
抵触する恐れが見られましたので、早急に該当箇所の削除をお願いいたします。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (91)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 国の危機を招く大事故を起こ... | トップ | ピアノのおけいこ三点セット »
最近の画像もっと見る

91 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワイも読んだで!! (れいこ)
2011-10-14 16:30:38
まうみさん
私は、リアルタイムで読んでいました。
故郷歌えない で泣きました。ピアノ挫折ですが、歌が大好き。下手の横好きですが。
ブログのテーマにしようと思っていましたが、あまりに、内容がーー。終わってからと思って、しそこなっていました。
せめて転用させて下さい。
ありがとうね。
まうみさんの祖国を想う気持ちに感謝!!
浪江町で育ちました (高瀬)
2011-10-14 23:50:30
父の転勤で、小学生から高校まで双葉と浪江の町境に住んでました。姉は双高私は原高卒(南相馬)です。
でももう20年も前なので、連絡を取っている人はほとんどいませんが、きっと多くの知人が暮らしていたと思います。話を聞くたび、まるで低温火傷のような痛みをおぼえます。

あの鮭がのぼる川、ほたるが舞う田んぼ、いつも遊んだ神社・・・もう行けない思い出の地域。私にも乳児がおり、東京で不安な気持ちでいます。避難している方々の辛さは計り知れないものでしょう。
れいこさんへ (まうみ)
2011-10-15 02:41:24
最近、少しはまともなことを報じ出した記事を読んで、
当時の混乱をある程度知っている気になっていたけれども、
こんなにもひどいとは……。
記事を読んでも、一度目は信じられなかったりして、
そんなアホな、と思いながらもう一度読み直したりしました。
それほどに、暴力的なウソにまみれた為政者達の態度……。
今はネットがあるから、まだこうやって、遅まきながらでも知ることができるけど、
昔はこんなふうに、皆が騙されてきたんでしょうねえ……。

本当になんともやりきれない思いでいっぱいです。
こんなところでのんきに暮らしているわたしがこんなんなら、当人の方々の思いはいかほどのものか……。

微力でもなんでも、とにかく支えになりたいと思います。
高瀬さんへ (まうみ)
2011-10-15 03:27:26
鮭がのぼる川、ほたるが舞う田んぼ、いつも遊んだ神社・・・もう行けない思い出の地域。

高瀬さん、今回の事故の被害に遭われた方々の無念は、わたしなどには到底計り知れないことですが、
痛みを、哀しみを、ともに感じていたいと思いながら、毎日を過ごしています。

わたしにも、違う事情で、戻れない故郷があります。
その景色を思い浮かべる時にはいつも、楽しかったこと、美しかったことが、走馬灯のようにクルクルと現れては消えていきます。
東北の美しさは、訪れた人の心を癒すと、前に伝え聞いたことがあります。
日本は、本当に、とても素晴らしい宝を失いました。
このことを、全国の者が、もっと知り、怒り、立ち上がらなければならないと思います。

高瀬さん、痛みを分けてくださってありがとう。
わたしは高瀬さんとともにいます。
転載させてください (SUE)
2011-10-15 06:48:54
転載させてください。
ジャーナリストかもしれません。 (haruka)
2011-10-15 09:05:21
「3・11メルトダウン 福島原発取材の現場から」Part1
http://www.youtube.com/watch?v=-pEanEpwEiU&feature=related

事故直後にジャーナリストが現場に入っています。先日開かれた講演会で綿井健陽氏は現場で荷物を取りに帰る地元住民に放射線量が高すぎるので危険だと訴え続けたが誰も聞いてくれなかったと落胆しておりました。
実家が福島です (acupuncturist)
2011-10-15 09:05:25
転載させてください。
Unknown (北の猫婆)
2011-10-15 11:47:52
「政府に言われて本当の線量を住民に告げることができない」。。。誰のための政治なのでしょうか。日本人でありながら自国を信用できない悲しさ。今後一層、日本人というアイデンテティは希薄になるでしょう。しかし、この国の実態は自分の責任でもあります。自分の職業を通して何ができるのか考えて実行していきます。嘆くだけでなくて、それぞれで頑張りましょう!
ぞっとした。 (muramatu)
2011-10-15 12:20:28
ほとんどの公的機関が自分さえよければいいんですね。
まうみ さま (薔薇、または陽だまりの猫)
2011-10-15 12:45:48
正確に言えば

「朝日新聞の朝刊で数カ月にわたって連載されたものです。」ではなく

現在連載中のものです。
朝日は「数か月」続けるといっています。

朝日新聞から削除「命令」でも来ない限り
掲載するつもりです
それと、WEBでみられるようにしてほしい と
要請もし続けたいと 思っています

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

[写真][レポ]福島第一原発の20km圏周辺に行って、初めて感じ取れたこと (Transnational History)
原発事故から8ヶ月が過ぎたわけですが、先週の9日に立ち入り禁止(警戒区域)となっている原発から半径20km圏ぎりぎりのところまで行ってきましたのでエントリを書いてみます。 千葉から出発して高速・常磐道で北上できるのは広野の出口までで、降りるとすぐに福島第一原...
「あれは【水蒸気爆発】だ!!」と直感した。 (LMN研究所 @tada_de_English)
#1691 福島県浪江町津島地区で何が起きていたのか:3月11日から数日の記録 Oct. 19, 20113月11日から数日間の記録があるブログにアップされていると知らせてくれた人がいる。 『防護服の男』というタイトルがつけられているが、先ほどみていたらフリーズしてしまった。ま...
ねみゅい・・・ (takatomiデスク)
お腹が減った。そして眠い・・・。