ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

ローマ法王が、今特に伝えるべき重要なメッセージだと考えた、『焼き場に立つ少年』の写真

2018年01月02日 | 日本とわたし
あなたはこの、『焼き場に立つ少年』の写真を見てもまだ、戦争はしょうがないと思いますか?
http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/c45f9793732aa7e8116d123f503b3dd9

この記事は、2013年の5月2日に掲載したものです。
丸1日がかりで文字起こしをしてヘトヘトになったけど、どうしても伝えたいという強い気持ちが支えになって、仕上げることができました。
それから4年半が経ちましたが、今も時々、読んでくださっている方がいます。

記事を書きたいという気持ちを駆り立てた一枚の写真。
それがこの、『焼き場に立つ少年』の写真でした。




ローマ法王フランシスコが、この写真をカードに印刷して配布するよう指示を出した。
さらに、カードの裏に、『戦争が生み出したもの』という言葉を記載するよう要請した。

「幼い少年の悲しみはただ、血のにじんだ唇をかみしめるその身ぶりの中にのみ表現されている」

核兵器を非難し、紛争が子どもたちにもたらす影響を強調したことがあるフランシスコ法王は、
この写真のメッセージが今、特に重要だと考えている。



日本こそが、日本の政治家こそが、このようなメッセージを世の中に向かって強く出していくべきなのに、
その行動が、その意思が、唯一の戦争被爆国として核廃絶を強く訴えてきた国としてそぐわないままにいます。
だから、
「核兵器の保有国+核の傘にいる非保有国」VS「条約を推進する非保有国」という構図の中でも、核兵器禁止条約を先導する国としてのリーダーシップが取れない…。


この法王のメッセージが世界中に伝わり、多くの人々の良心に呼びかけることを、心から願っています。

「焼き場に立つ少年」の写真、ローマ法王が配布を指示
【CNN】2018年1月1日
https://www.cnn.co.jp/amp/article/35112697.html?ref=rss&__twitter_impression=true

ローマ法王フランシスコが、長崎原爆投下の被害者の姿をとらえた1945年の写真を、カードに印刷して配布するよう指示を出していることが、1日までにわかった。



カードの裏には、法王の要請により、「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている

この写真は、死亡した弟を背負いながら火葬場で順番を待つ、1人の少年の姿をとらえたもの。
第2次世界大戦末期に、原爆が投下された直後、米海兵隊の従軍カメラマン、ジョー・オダネルさんにより撮影された。

法王は今回、カードの裏に、自身の署名とともに、「戦争が生み出したもの」という言葉を記載するよう要請した

写真の内容と由来は、短いキャプションにより説明。
「幼い少年の悲しみはただ、血のにじんだ唇をかみしめる、その身ぶりの中にのみ表現されている」などと記している。


裏には、「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている


米議会図書館の記録によれば、オダネルさんは、4年間をかけて、両都市の戦後の様子を記録した。
一連の写真は、本の形で出版されている。

CNNのバチカン専門家、ジョン・アレン氏は、自身のウェブサイトで、
「新年を前にこの写真を公開したことで、法王の立場に何か実質的なものが付け加わるわけではないが、
フランシスコが、年末年始の休暇期間中に、特定の画像を配布するよう依頼したのは、今回が初めてだ。
これは法王が、写真のメッセージが、今特に重要だ、と考えていることを示唆している」
と述べた。

アレン氏によれば、法王は以前にも、核兵器を非難し、紛争が子どもたちにもたらす影響を強調したことがあるという。


******* ******* ******* *******

核廃絶決議・問われた戦争被爆国
【NHK NEWS WEB】2017年11月7日
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1107.html

引用はじめ

ー前略ー

「逆風」の背景 深まる対立

なぜ、(日本の核廃絶)決議案に、賛成する国が減ったのでしょうか。

日本にとって「逆風」とも言える状況になった最大の要因は、ことし7月に国連で採択された、「核兵器禁止条約」への日本の対応でした。

「核兵器禁止条約」ーーー名前は、日本が提出した核兵器廃絶の決議案に似ていますが、内容は全く異なります。
拘束力がない日本の決議案とは異なり、核兵器そのものが国際法に違反しているとして、核兵器の開発や保有、それに使用などを法的に禁止しています。

核廃絶に向けた今の取り組みは不十分だとして、オーストリアやメキシコなど、核兵器を保有しない国々が主導
条約は、核抑止の概念も否定していて、核廃絶に向けて、核兵器を一律に禁止する、非常に厳格な内容となっています。

これに対し、核兵器を保有するアメリカ、ロシア、中国などが反対したほか、
日本も、アメリカの核の傘に守られる安全保障政策などを理由に反対し、条約には参加しないことを決めています

同じく、アメリカの傘の下にある韓国、伝統的にロシアの脅威にさらされてきたヨーロッパの多くの国々も、安全保障上の理由から参加していません

「核兵器の保有国+核の傘にいる非保有国」VS「条約を推進する非保有国」

「核兵器禁止条約」によって、一層鮮明になったのは対立の構図でした。

「核兵器禁止条約は、核の脅威にさらされていない国々によるものだ」

私が、その対立が根深いものだと強く感じたのは、ふだんは穏やかな外務省幹部から、初めて聞く、いらだった言葉でした。
条約は、あくまで直接、核の脅威にさらされていない国々だけで採択されたもので、核保有国や核の傘の下にいる国々が参加しない限り、核なき世界を実現させることはできない、と皮肉ったのです。

しかし、条約を推進する国々から見れば、日本は、唯一の戦争被爆国として核廃絶を強く訴えてきたのに、なぜ、条約に参加しないのだと不満の声があがるのも、ある意味当然と言えるかもしれません。

ー後略ー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あけましておめでとうござい... | トップ | 安倍さん、昭恵さん、去年は... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オダネル氏の写真のこと (尾形知巳)
2018-01-03 23:33:32
突然のコメントを差し上げる失礼をお許しください
尾形知巳と申します。

焼き場の少年の写真について、私は1990年代にもその存在は知っていたのですが、上の娘が生まれた直後2004年にニュースで取り上げられたのを見て、以前に比べても特に心を動かされました。ニュースに載ったオダネル氏のコメントに、涙が止まりませんでした。今でも、何十回も読み直しているのですが、その度に涙を抑えることができません。
その後、オダネル氏がなくなったことなどは知っていたのですが、あなたが紹介してくださったNHKの番組はずっと知らないままでした。
今年、新年早々のニュースで久しぶりにこの写真が取り上げられているのを見て、今更検索をかけてあなたのブログにたどり着きました。
新年早々、あらためて、オダネル氏がこの写真を公開した意義をかみしめています。
小さな石の波紋がローマ法王を動かし、大きな波となることを願います。

あなたのブログは、これから少しずつ読ませていただきます。

私の上の娘の名は「空(そら)」といいます。

では、取り急ぎ、いいブログ記事を読ませていただいた、御礼まで。
ありがとうございます。
知巳さんへ (まうみ)
2018-01-04 15:28:52
コメントを残してくださり、本当にありがとうございました。失礼だなんてとんでもありません。嬉しかったです。

お嬢さんのお名前、素敵ですね。うちの大切な家族も空という名前ですが、クウと読んでいます。
どこまでも広々と拡がる空のように、自由で大らかで表情豊かなお嬢さんなんでしょうね。

記事を書いた者としては情けないのですが、わたしはあの記事を書いた2013年まで、この少年と赤ん坊の写真のことを全く知らずにおりました。
初めて知った日は一日中、泣いたり考え込んだりしながら、番組から流れてくる言葉を、何度も聞き直しながら文字起こしをしていました。

この記事には、とても多くの方々がコメントをしてくださったのですが、どうしてこんな考え方になるのだろうかという意見も少なくなく、当時は落ち込んだこともありました。

このローマ法王の気持ちが、世界に広がって行くことを、わたしも強く願っています。

読んでくださり、そしてまたご自身の体験や気持ちを書いてくださり、本当にありがとうございました。
Unknown (ショウ)
2018-01-06 19:39:08
この記事は以前拝見したことを微かに覚えています。素晴らしいことですし読ませていただいて感謝しています。
ところで
記事とは関係ないのですが遺伝子組み換え食品のことでとある話を耳にしました。コメント欄に乗せて欲しいようにも思うのですがご迷惑ではありませんか。
ショウさんへ (まうみ)
2018-01-09 13:38:41
コメント欄への掲載でよければ、どうぞお書きください。
内容を読ませていただいて、掲載の有無をお知らせしたいと思います。
Unknown (ショウ)
2018-01-09 19:51:56
管理人様ありがとうございます。
ではお言葉にあまえて。転載ですが


安田美絵@「サルでもわかる遺伝子組み換え」です。

【緊急大拡散希望】

緊急事態です。今すぐ、わたしたちが行動を起こさないと……

→「遺伝子組み換えでない」表示が消えてしまう

→遺伝子組み換えに関する表示を一切見かけなくなり、
 警戒感すら薄れていく。

→「遺伝子組み換え(不分別)」の表示義務がなくなる。

→遺伝子組み換えの豆腐や納豆などの流通が始まる

→遺伝子組み換えの大豆などの国内栽培が始まる

→遺伝子組み換えの麦や米などの国内栽培・流通が始まる

→アレルギー、消化器系疾患、ガン、不妊症、腎臓病、肝臓病、
 自閉症などの病人がますます増える

この流れを止めるために今、行動を! 消費者庁の「遺伝子組み
換え表示制度検討会」の委員に意見を送りましょう!

「表示」は流通を止め、栽培を止める力を持っていることを
ご存じですよね?

EUではすべての食品に遺伝子組み換えの表示義務があるため、
人間の食品で遺伝子組み換えのものはほぼ流通していません。
(飼料のみ流通)

日本では、豆腐や納豆、味噌など「組み換えられたDNAやそれに
よって生成したタンパク質が含まれる食品」には表示義務があり、
表示をすると売り上げが落ちることがわかっているので、企業は
それらに遺伝子組み換えの原料は使いません。

ですから、それらの食品で遺伝子組み換えのものは日本では一切
流通していません。

ところが油には表示義務がないため、キャノーラ油、サラダ油、
コーン油、綿実油はほとんどが遺伝子組み換え原材料です。

だからこそ、遺伝子組み換えの種子を売りたい企業は、一切の表示
をなくしたくてたまらないのです。

その第一歩となるのが、「遺伝子組み換えでない」表示をなくすこと。

今、消費者庁の遺伝子組み換え表示制度検討委員会が「遺伝子組み
換えでない」表示をしてもいい要件を厳しく設定することにより、
現実的に表示を不可能にするような方向で議論を進めています。

「遺伝子組み換えでない」表示が消えるということは、外堀を埋め
られるということ。

敵はじきに内堀も埋めにくるでしょう。
そうなったらもう本丸は取られたも同然。

その前に今、行動を! 動画を見て、ハガキまたはファックスを
検討委員に送ってください! 敵はわたしたちの出方を見ています。

動画:https://www.youtube.com/watch?v=l14EiJR5u04

Unknown (ショウ)
2018-01-09 19:55:48
こちらは本当かどうか分りませんが一参考意見として。

さようなら、三橋貴明(1) http://wjf-project.info/blog-entry-1549.html

三橋貴明の言論の問題点を端的に要約すれば、


A. グローバリズムや新自由主義の危険性を一方で指摘しながら
B. 自民党のようなグローバリズムや新自由主義を推進する政党に投票を呼びかけ、自民党の対抗勢力の台頭を阻止し、自民党の選挙勝利に加担する。

三橋貴明が、妻に対してDVを働いているのではないかという噂は、2015年頃から存在していました。三橋貴明の前妻(二番目の妻)であり、三橋貴明との共著者でもあったさかき漣氏という作家が、公式ブログ上で、とても他人事について書いているとは思われないDVに関する生々しい記事を繰り返し公開していたからです。

安倍政権も、「国を売る・国を壊す政策」という「暴力」と、「愛国的なスローガン」という「やさしさ」を同時にかかげており、行っている事は、ドメスティック・バイオレンスそのものです。

また、チャンネル桜が掲げる「TPP絶対反対・安倍政権絶対支持」という矛盾したメッセージも、ドメスティック・バイオレンス的です。
ショウさんへ (まうみ)
2018-01-13 13:20:10
こちらこそ、大切な、そして急を要する案件を教えてくださり、ありがとうございました。
酸っぱいブドウの合理化に突き進む日本政府と取り巻き (Percian)
2018-01-16 03:10:56
まうみ 様
この少年の写真についての過去の記事を思い出しております。あの時は色んな方々の意見がありました。あの少年の心情を自身が追体験することが果たして可能だろうかと思うくらい、訴えかけてくる写真だと思います。我々一人一人が、戦争という人間にしか無い狂気の行為をどうやって克服して、末永く地球と共生して行くのか考えなくてはいけませんね。相手が攻めてきたらどうするとか、頓珍漢なリアクションをする人も多いのですが、それは心理学的に解析すれば、自身の願望の裏返しであるわけで、まずはそこから改めて行けば良いのにと思います。侵略の過去の歴史が示していると思います。
戦争ビジネス然り。他者の命を奪う行為で営利を得るなんて言うのが道徳的に受け容れられるでしょうか。宗教もビジネス臭が漂う場面もありますが、それでも世界的に大きな影響力を持つローマ法王がこの写真を拡散しろと行った事の意味は大変重いモノだと感じます。日本での報道は殆どありませんでしたが、これは、現在の日本のメディア、ジャーナリズムの質を鑑みればむべなるかなだと思います。文化と言うよりも、彼らの知性、理性、倫理観の劣化が激しいのではないでしょうか。望んで行っている場合には、忖度の範疇に入るのかも知れませんが、何のために?としか思えないですね。
遺伝子組み換えに関する情報のコメントを見ましたが、規制撤廃という名目(それすら本当に良いことなのかの議論は有耶無耶)で食品表示問題が揺れていますが、押し売りのような外資系種子会社の営業活動には辟易します。食は自給自足を大前提に考えるべきだと思いますが、現在の経済の仕組みや、我々の労働と生計維持の仕組みでは、それは万人に求められるモノではありません。だからこそ、消費者の質が求められるし、それに応える生産側が報われるような仕組みを作って行かなくてはいけないと思います。需要に応えるためにはこれしかない、とか、まるで電力の原子力村の人達のような言い方だと感じるのは、やはり彼らに共通するのは自己の利益確保のためなら、生命や地球へのリスクなんて自分があの世に持って行くわけではないくらいに思っての事でしょうか。みっともない欲望の現れだと思います。
安倍首相が来日中のICAN事務局長の面会申しれを断ったというニュースも流れていましたが、お笑い芸人やメディアの友人らと一流レストランで散在しているのだから、その席に同席願えば良いだけの話で、時間が無い訳じゃあないですよね。言い訳も子供騙しのようなモノばかりで、本人も取り巻きも何かしたいのか、少なくとも公益には寄与していないなあと感じます。
今年初めてのコメントで、つらつらと愚痴を並べてしまいましたが、本年もよろしくお願いします。
Percianさんへ (まうみ)
2018-01-20 04:10:39
これについての報道が日本ではほとんどなかったのですか…そこまで劣化しているとは…。

自分に経済力と戦う気力が無かった頃は、食や水がどんどん汚されていることを知りながら、仕方がないじゃないかと自分に言い訳しながら、まだ幼かった息子たちに、常に体に良い食べ物を与えなかったことを、今も時々思い出しては後悔しています。
今やっと、自分で野菜を作ったり、味噌や納豆を作ったり、口に入れるものはオーガニックに限定するようになって、お金が無かったからという言い訳が正しくなかったことを学びました。
ただ、こちらでは、食品には消費税がかかりませんし、オーガニックといってもさほど高価ではないからかもしれませんが…。

こちらでは、モンサントのような企業にNOを突きつける人がどんどん増えてきました。デモや抗議活動も頻繁に行われています。
大統領の毎日のように更新される愚かしい発言に対して、テレビも新聞も逐一伝えるし、それに対して市民も黙っていません。
もしこのような動きが日本にもあれば、たとえ寒い季節であったとしても、詩織さんのような経験をした女性のために、日々破壊されている沖縄の自然のために、リニア疑獄を明かそうとして左遷された検事のために、水を汚されようとしている市のために、今も避難生活を強いられている人たちのために、被曝のみならず、命まで脅かされている子どもたちのために、
毎日のように抗議の声を上げる人たちの列が、路上に現れているはずです。

わたしたち市井の人間には、力も金もありません。
ただあるのは数の力です。
それが活きる日本になるかどうか、Percianさんと一緒に見守っていきたいと思います。
もちろん、愚痴もこぼしながら♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事