ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

本日午後7時半、国会前南側に集まろう!安倍内閣総辞職を実現させよう!

2018年03月06日 | 日本とわたし
たった3行のニュースですが、とても大きな意味があるニュースです。
事実上の国政調査権の発動です!

自公幹事長が速やかな資料調査を要求へ
【共同通信社】2018年3月7日
https://this.kiji.is/343917222182863969

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は7日の会談で、森友学園問題に関する決裁文書書き換え疑惑に関し、
資料の調査などを速やかに行うよう、財務省に申し入れる方針を確認した。
一両日中の報告を求める。


財務省に対し、資料の調査と関係者の聞き取りを行い、8日までに国会へ報告するよう求めた自公両党の幹事長と国対委員長。
国政調査権を行使し、文書の提出を求めよと与党に呼びかけた野党。


ここまできました、やっと。

踏ん張っている野党議員たちや記者たち、官僚たちの中にもいるかもしれません。
今こそ応援しているぞという気持ちを伝えるべく、

今日の午後7時半、国会前南側に行ってください!




この人は、首相夫人という立場であることをいいことに、名誉職を安易に引き受けたり、集ってくる人間にいい顔しては、お金を融通したり特権を与える橋渡しをしていたのです。
そしてそれを諌めないばかりか、自分も一緒になって、ちやほやしてくる輩や自分にとって有益な者だけに、特権を与えてきた夫。
似た者夫婦とはこの人たちのことを言うのです。
結局はそれが、公権力の私物化につながり、その尻拭いをするために、政治がどんどん歪められ、劣化の極みを招いてしまいました。
この二人こそ、刑務所に収監されるべき夫婦なのです。

2014年の12月6日に、塚本幼稚園(森友学園)での講演の際に撮影された動画より









さて、問題の文書について、どのような証拠が出てきたのか。

2018年3月6日 野党合同財務省・法務省ヒアリングより
森議員他:

昨日、近畿財務局にお邪魔をしました。
本省からの指示では、中に入れずに、合同庁舎のロビーの仮設の応接室で追い返すように、というご指示だったようですけれども、入れて頂きました。
入れたのは、彼らが本省の指示を無視したのではなく、私たちの説得に対応して頂いたということなので。
管財部にも行って参りました、9階の。
それから、8階の局長室にも、ちょっと入れて頂いたりして、全部見て参りました。

すぐ分かるんじゃないんですか?
その原本、1分で分かると思います。

この売払決議書、まあ決済文書ですよね、
決済文書の中で、全てに、いわゆるチェック印が付いているんですよ。







そういう中で、なぜか、この話題になっている調書だけが、その点(小さな黒点)が何も無いと。









この6枚だけが何もチェックが無いというのは、普通に考えて非常に不自然だから、聞いてるわけです。

昨日、原本のコピーだけは、近畿財務局管財部にございました。
なので、そのファイルを見せて頂きましたら、チェックが付いているんです。

(おかしいよ、だってその前にもらったコピーにはついてないんですよ!)
付いてないんです。

(もう二部あるってことははっきりしたんです)
(私の手元にあるものには、チェック無いんです)

ええ、私のところにも無いんですが、国会議員に配られたものには、チェックが無いんです。

原本だと言ってたものと、我々国会議員がいま受け取っている文書は、違うものだと。

原本見れば、話は終わるんです。
私たちが代わりに行きますよ。
あなたたち、捜査されている側だから、口裏合わせだ、何たらかんたらって言われたら困るっていうことがあれば。
私たちが代わりに大阪地検に行って、閲覧してきますよ、これ、コピー持って。



チェックだけではなく、文章そのものがごっそり消えているものもあります。






近畿財務局にあった原本コピーと、昨年国会に出されたものは違う。
これはもう、誤魔化しようのない真実です。

そのことを追及されてつい口から出た『バージョン』という言い訳。これにはわたしも吹き出してしまいました。










もう一度、声かけさせてもらいます。

今夜7時半、国会前南側 集合してください!!
身近なお友だち、ご家族も、どんどん誘ってください!!

安倍内閣総辞職!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« でた!ゼロ回答! | トップ | 練習って、しんどいけれど必... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事