ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

昭恵氏の証人喚問を求めます!

2018年03月11日 | 日本とわたし

http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/blog-entry-1523.html

【森友疑惑】自殺した近畿財務局職員の妻の無念「1人で抱え込んだ」”主犯”は佐川前長官?
【AERA】2018年3月11日
https://dot.asahi.com/wa/2018031100014.html?page=2

引用はじめ:

もともと近畿財務局は、森友側との交渉には乗り気でなかった。
財務省は1月、神戸学院大の上脇博之教授による情報公開請求に対し、森友学園への国有地売却関連文書を5件、2月には20件、計約300ページにのぼる文書を国会に提出したが、
それらをひもとくと、15年半ば、近畿財務局と森友側の交渉が、暗礁に乗り上げていたことが読み取れる。

同年4月には、森友側が、軟弱な地盤を理由に、貸付料の減額を求めてきたことに対し、
省内で「『無理に本地を借りていただかなくてもよい』と投げかけることも考えている」と、契約破棄も検討していた。

ところが、安倍昭恵首相夫人が、同年9月に小学校の名誉校長に就任したころから、風向きがガラリと変わった
同年11月には、昭恵夫人付の政府職員が、同省に「問い合わせ」、回答のファクスを森友側に送付
そのころから、交渉内容が一変していく。
賃貸契約の破棄を検討していたはずが、同年12月には「国有地の売買価格の交渉」、さらには「売買価格を学校法人に提示して、買い受けの可否を判断させる、などの調整が必要」と変貌していた。


******* ******* ******* *******








決済文書の書き換えが、どのように行われていたかの表です。




とにかくこの森友疑惑に関していうと、極右の教育に感動したと足繁く通い、名誉校長まで引き受けた昭恵氏と、そのことを追求されて動揺し、勢いに任せて吐いたこの人の言葉が、すべての根源だったと思います。
昭恵氏を国会の証言喚問に立たせずに、この疑惑の問題は解決しません。




そしてこの人たちも。






決裁文書改ざん疑惑のキーマンは財務省から消えていた
【日刊ゲンダイ】2018年3月9日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/224678

昨年9月に財務省を離れ、翌10月に、異例の待遇で、所管外の独立行政法人に迎え入れられている、
森友疑惑の決済文書において、最終責任者として当時、近畿財務局管財部長だった小堀敏久氏です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとくよくよタイム | トップ | 真性の国難・安倍総理大臣に... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ショウ)
2018-03-12 21:59:06
受け売りですが安倍総理はもっと早く辞任するべきだったのでは、と。
ご本人は 不名誉を積み重ね、国民は物凄い迷惑を受けて。
ここまでなりふり構わなかった理由の一つは森友学園の軍国化の目的が自分が総理でなくてはならなかったのでは、と。

ショウさんへ (まうみ)
2018-03-13 02:31:43
ここまで来ました。
もう前に進むことに集中しましょう。
ネットでは「削除前文書の内容から、逆に、安倍の関与無しが証明された」とのおかしな意見があふれ返る。 (Unknown)
2018-03-20 03:12:40
ところが、ネットでは、
「安倍と妻の名前は載ってたけど、関与を示す記述が無い(無味乾燥に名前が載ってるだけ)から、
 削除前文書の公開によって、逆に、関与が無いと証明された(勝手に名前を載せられただけ)。」
という、おかしな意見があふれ返っていて、
国民の大半が、それを真に受け、騙されてしまいそうです。

つまり国民の大半は、
「官僚が、用も無いのに勝手に名前を載せた。
 必要も無いのに、安倍がどう思うか気にして判断材料に入れてしまった。
 削除も、功名心から総理に気に入られたくて勝手にやっただけ。
 大臣が命令したのなら、大臣が、勝手に命令しただけ。功名心から気に入られるために勝手にやっただけ」
と、ピント外れな解釈の仕方をしていそうです。
このままでは、大臣の首だけ飛んで、安倍政権は生き残りそうです。
もし仮に、国民が安倍を首相の座から降ろしたとしても、総理を自民党の中から選ぶ(衆院選で自民党を選ぶ)。

日本のように、国民のほぼ全員が文系人間の国(理系の大学に入るのは就職目的で人生観は文系)では、
自分の頭で考えることができない、丸暗記だけなら誰にも負けない、という人間ばっかりだから、
ネット上にどんな意見があふれ返っているか、大手マスコミがどう報道してるかを見て、
周りがどう思ってるか推測し、必死にそれに合わせる。

ところで、
官僚は、必要も無いのに、安倍がどう思うか気にして判断材料に入れる、などというミスをしたのか?
頭の回転の速さとミスの無さでは誰にも負けない官僚が、そんな、しょうもないミスをするわけがない。
申請を却下したら大変なことになる理由が安倍であり、安倍さえ居なければ却下しても大丈夫、
と判断できる根拠があったからこそ、安倍の名前を載せたのです。
官僚は、人間性が身勝手、冷酷、残虐であっても、能力は高い。
国民の多くは、官僚が大失態したときに「無能だからそれをしてしまった」と言って馬鹿にしてるけど、
官僚は知っててわざとやってるのです、「国民は口で言うだけでクーデターを起こさない」と見下しながら。
すべて計算ずくなのです。
だから、必要も無いのに、安倍がどう思うか気にして判断材料に入れてしまった、などということは無い。

官僚が安倍と妻の名前を載せたら、それは、判断の重要な要素を安倍が占めるからです。
国民の大半は、それもわからない、
官僚がミスして載せただけ、官僚が無能なだけ、削除した理由は、ミス・無能を隠すため、
と思う人間ばかりです。
ほんとに困ったものです。
Unknownさんへ (まうみ)
2018-03-23 11:17:18
この件についてはずっと、あちこちの記事を丁寧に追っているのですが、もう本当にとっくの昔に詰んでしまっている疑惑を、よくここまで引きずらせているものだと、呆れると同時に、別の意味で感心してしまいます。

報道側から、そして当事者から、もっともっと真実が公の場に明かされることを願いつつ、これからも注視していきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事