ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

「日本で最も長く首相を務めた安倍晋三氏、起訴逃れのために辞任へ」「安倍首相は辞任するのではなく逃げている」 by Daily Beast

2020年09月01日 | 日本とわたし
二つの記事を紹介します。
先日辞任表明をした安倍首相ですが、どうやらこれが本音と実情のようです。

引用:

8月28日の記者会見時の安倍首相自身の説明によれば、辞任表明したのは、持病の潰瘍性大腸が再発したためとされる。
ところが本紙の元には、こんな情報が入って来た。

「当初、官邸側は慶応大学病院に診断書を出してもらい、それを公表するつもりだった。記者会見に医者同席の案もあった。
ところが、大学病院側は拒否
なぜなら、潰瘍性大腸炎は再発しておらず、ストレスから来る一時的な症状悪化に過ぎないから。
いくら何でも“虚偽診断”はできないと。
そして、実は慶応大学首脳は、
“病気を政治に利用した”ということで内心はカンカンだというのです」

第1次安倍政権を投げ出した前回も、潰瘍性大腸炎が原因とされるが、この際に同じく慶応病院の医師団が公表した診断は「潰瘍性大腸炎」ではなく、強度のストレスと疲労による「機能性胃腸症」だった。



そうなんです。
「安倍首相は、6月の段階で潰瘍性大腸炎再発の兆候があることを知り、7月中頃には体調が悪化していた」と言っていましたね。
でも…。

6月20日
永田町の「ザ・キャピトルホテル東急」のレストラン「ORIGAMI」で、秘書官と食事
6月22日
丸の内の「パレスホテル東京」の日本料理店「和田倉」で、自民党の細田博之・元幹事長と食事
6月24日
赤坂の日本料理店「たい家」で、自民党の二階俊博幹事長、林幹雄幹事長代理と食事
7月21日
松濤のフランス料理店「シェ松尾 松濤レストラン」で、長谷川榮一首相補佐官、前秘書官の鈴木浩外務審議官、秘書官らと食事
7月22日
銀座のステーキ店「銀座ひらやま」で、二階幹事長、林幹事長代理、自民党の元宿仁事務総長、野球の王貞治氏、俳優の杉良太郎氏、政治評論家の森田実氏、洋画家の絹谷幸二氏と会食。
7月30日
丸の内の「パレスホテル東京」内の「和田倉」で、自民党の岸田文雄政調会長と食事

コロナ感染が収束しない、東京オリンピック開催もできない、頼みの綱だった黒川を失ってしまった…もう国会なんて出たくない。辞めたい。

信じられないことですが、もしかしたら本当に、こんな駄々っ子のような状態に陥った65歳児が引き起こした騒動の顛末を見せられているんじゃないかと思えてきました。

別の記事ですが、なかなか詳しく書かれているので訳しました。
日本の新聞が書かなくなったので…。

日本の安倍晋三首相は、表向きは健康のためだが、日本の刑務所の不快で危険な牢獄生活を恐れて、金曜日に辞任を決めた。

記者会見では、胃の痛みを伴う潰瘍性大腸炎を退任の理由に挙げたが、支持率が急落している時期に退任し、少なくとも1つの犯罪捜査を受けており、他の事件の再開を求める世間の声が高まっている。

安倍総理は辞任するのではなく、逃げているのだ。

安倍氏は選挙法違反の容疑で検察の捜査を受けている
この事件での証言は、安倍首相が政治スキャンダルにも関与していることを示唆しているかもしれない。

日本の捜査を盾にしてきた安倍の努力が水の泡になってしまった。

安倍総理が総裁を務める自民党の高官は匿名を条件に、
「もし安倍総理が検察庁の人事を積み上げていたら、まだ政権にしがみついていただろう」とデイリービースト紙に語った。
警察庁長官の中村格氏は今月に辞任しており、安倍氏は検察か警察に逮捕されることを恐れている
辞任することで、彼は多くの詮索から逃れることができるようになった。
中村氏は、安倍氏の内定者のレイプ捜査に終止符を打った警察高官だった。

法務省の関係者は、デイリービースト紙に、
「これで決まりだ。安倍総理は『社会的な罰』を受けて辞任し、彼の行為に関するいくつかの犯罪捜査は終了するだろう」と語った。
元特別検察官の郷原信夫氏は、
「安倍氏の関与が中心的な問題となる刑事裁判が始まったのと同じ週に彼が辞任するのは偶然とは思えない 」と述べている。

今年、安倍首相の支持率は、世論調査で27%にまで落ち込んだ
安倍の権力掌握と国民の支持率が落ちた原因について、日本のマスコミで引用されているものがたくさん出てくる。
確かに今年は多くの失策があった。
安倍総理はオリンピック開催に執着したために、コロナウイルスの脅威が増大していることを無視していた

マスクが不足していた時に、全世帯に、2枚のフェイスマスクを配ろうとした彼の計画は、高額な税金の無駄遣いに終わった。
マスクは小さすぎて不衛生だった上に、届くのが遅かった。
日本語で言う「アベノミクス」に似た言い回しで「アベノマスク」と名付けられ、あざ笑われた。
アベノミクスとは、金融緩和と金融改革という「矢」をイメージした財政政策で、首相が大々的に宣伝していたのだが、結局、改革は実現せず、政策は大失敗に終わってしまった

安倍総理は、「検査しなければわからない」という日本のコロナウイルス政策が見事に機能していたと主張していたが、それが失敗して感染率が再び上昇し始めた
これに拍車をかけたのが、「旅行に行こう」という奇妙な名前の宣伝キャンペーンの実施を、強硬に推し進めたことである。

彼の人気路線を脱落させたのは、コロナウイルスのパンデミックへの対応の悪さではなく、その中で自分の力を固めようとしたタイミングの悪さだ。
” #サヨナラアベ ”は、数ヶ月前から、ツイッターで話題になっていた。

一強安倍政権の終焉は、彼の下降スパイラルのきっかけとなった、5月始めに呟かれた一つのツイートから始まった。
日本の主流メディアをコントロールするために、多くのエネルギーを投入した首相が、ソーシャルメディアによって引き摺り下ろされたのは皮肉なことである。

5月9日の夜、35歳のOLのつぶやきが、世間の共感を得た。
ツイートの嵐は、普段は政治の事に無関心な(無関心を取り繕っている)芸能人や元検事などによって煽られ、自民党議員までもが反対意見を表明した。

ツイートの内容は、どちらかというと平凡な感じだった。
"検察庁法改正案に抗議します" 
5月14日までに「検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけたツイートが800万件あった。

その裏話を紹介しよう。

安倍首相は、政府機関や公共放送のNHK、さらにはマスコミにまで、じわじわと支配権を行使してきた。
2014年には内閣人事局を創設し、数百人のトップレベルの官僚の任命を内閣がコントロールできるようにした
野心的な政府関係者は注目し、それ以来、彼を怒らせず、好意を得ようと努力してきた
彼は、直接聞かれなくても不祥事を隠蔽するよう、彼らを煽ってきた
彼は好意を得るためにマスコミ幹部に食事をさせ、不愉快な時には執拗にマスコミをいじめた
日本の報道の自由度ランキングは、彼が就任したときは22位だったが、現在は66位になっている。

コロナウイルスの流行が始まったとき、安倍首相と与党自民党は、有事の際に内閣に絶対的な権限を与える憲法改正を求めた
この試みは失敗に終わったが、保守系雑誌『PRESIDENT』でさえ、日和見主義的で卑劣な権力掌握と呼んだ。
今年の夏に検察庁を掌握しようとしたとき、彼は行き過ぎていた。


致命的な負傷

検察に対する動きは、1月31日、安倍内閣が、日本で2番目に強力な検察官である黒川博文氏の退任を延期することを決めたことから始まった。
黒川氏は、安倍首相や菅義偉官房長官と非常に親しかったとされる。
マスコミは彼を、 "安倍内閣の守護神 "と呼んでいた。

検察官の大半は、63歳で定年退職するのが法律で定められているが、黒川氏は留任を認められた
安倍内閣は、「法の解釈を変えた」から問題ないと主張したが、野党や法学者、国民は反対した。
野党、法曹界、国民は猛反発した。

政権は身を引いたが、その後、検察法の改正案が提出された。
これは、黒川氏の留任を正当化するための遡及的な試みであり、日本のトップ検事の交代への道を開くものであった。

松尾邦洋元検事総長らが法務省に抗議文を書き、改正案は、安倍政権が、検察に意のままに行動させようとしたものだ、との考えを明言した。
書簡は、ジョン・ロックの言葉を引用している。
"法が終わるところには専制政治が始まる"という言葉を引用した。

安倍首相は国会で法案を擁護し、「(検察)の人事が恣意的に決定されることはない」と述べたが、それを信じた国民は全体のたった16%だった

例によって安倍首相は、他の不人気法案と同じように法案を強行に法制化するだろう(と思われていた)。

5月18日までに、支持率は34%に急落した。
同日、自民党は、同法案を一時的に破棄することで合意した。

その日(5月18日)の夜、600人以上の弁護士が東京地検に準備書面を提出し、「安倍首相が公金を使って有権者の花見パーティーを開いた」と告発した。

安倍総理の悪い決断には、不運が付きまとう。
週刊文春は、黒川が日常的に記者と麻雀をしていたことを報じ、明らかに日本の法律に反した賭博をしていた、と暴露した。
黒川氏は叱責され、辞任が認められた

10年近く政権を握ってきた安倍は、昨年国会で 「私は国家である」と宣言するなど、傲慢になってきた
長らく勝ち続けてきたが、誰の運も永遠には続かない。
検察を堕落させようとする立法の試みは、壮大な戦争映画のタイトルを言い換えれば、行き過ぎた法案だったのかもしれない。
それは後に完全に放棄された。


すでに裁判中?

現在安倍首相が直面している問題は、「サクラ疑獄」の捜査だけではない

懇意にしていた(友人)議員や支援者が容疑者となった、注目度の高い裁判に引きずり込まれている
今年6月、広島県内の政治家や支援者に現金数百万円を渡した疑いで起訴されたのは、河合克行衆院議員(57)と妻の河合杏里参院議員(46)
これは、2019年7月に行われる参院選で、票を確保するための見返りとして行われたとされる。
安倍氏は2019年9月に河井勝之法相を任命、氏は10月31日に辞任した。

裁判は今週から始まった。

自民党本部は、河合杏里氏に、150万ドル(1億5000万円)以上の選挙資金を提供しており、その一部は地方政治家への賄賂で、票集めに使われていた可能性がある。
安倍首相自身が、自民党総裁として、安里への莫大な資金提供を認めたのであれば、安倍は脚光を浴びることになるだろう。

元特別検察官の郷原信夫氏は、
「河合事件の検察官の冒頭陳述から、安倍首相の関与を示すことは明らかのようだ」とデイリービースト紙に語った。
安倍首相が強力に推した元法務大臣が、他の政治家への賄賂に関与しているとは......言語道断だ。
安倍首相には、刑事責任を回避できたとしても、道義的責任がある

安倍首相は、今回の裁判でいつ、自分の関与が疑われるかわからないことのストレスに対し、腹をくくっていない。

安倍首相の足元には、森友学園事件として知られる第三の火が燃えている2017年に、妻の昭恵氏の働きかけで、約800万ドルもの価値がある公有地が、右翼の学校運営会社に、100万ドルで売却されていたことが明らかになった、と報じられた。
その学校は「安倍晋三記念小學校」と名付けられる予定だった
スキャンダルが明るみに出ると、財務省の官僚たちは、安倍総理の関与を隠ぺいするために文書を改ざんし、破棄した
政府高官の一人であった赤木俊夫氏は、この作業を拒否したが認められず、改ざんの実行を強制され、2018年3月に抗議のため自殺した
彼は今年、彼の遺族である妻が明らかにした、証拠となる文書を残した。
現在、日本国民の7割以上が、モリカケ事件の捜査再開を望んでいる


彼は学ばなかった

安倍首相はこの夏、1ヶ月間、事実上、記者会見や国会での議論を一切避けて姿を消した
彼を取り巻く不祥事についての議論を、簡単に避けることができるようになった。
彼は、汚職事件への関与について質問されないように、今週の病院訪問のタイミングを計ったようだ。
河井裁判の前日である8月24日に、慶応病院を訪問したことで、注目は事件での彼の役割から、彼が総理大臣を続けられるかどうかに移った

安倍の大脱走は、日産のカルロス・ゴーン前会長の飛翔ほど劇的なものではないが、勇ましい努力だ。

安倍首相は、日本の憲法史上最長の首相だったが、これほど長い間に成し遂げられたことはなかった
もし安倍首相が何か遺産を残すとすれば、不人気だったいくつかの法案が法制化されたことだが、今では地雷のように横たわっており、いつか日本のもろい民主主義を吹き飛ばすかもしれない
それらの法律には、SF映画「マイノリティ・リポート」からすぐに出てきそうな超法規的な陰謀論法、マスコミや内部告発者を黙らせる抑圧的でオーウェル的な国家機密法、そして表向きは平和主義者である日本が戦争をすることを可能にする平和安全法制が含まれている

2006年から2007年までの悲惨な任期を経て、2期目の就任となった。
復活できたのは、安倍首相の後も国会で大きな力を発揮し続ける、右翼神道団体「日本会議」の支援があったからである。

歴史を覚えていない者は、それを繰り返す運命にあるという。
安倍首相の愚かさの根源は、彼が有名な歴史修正主義者であり、戦犯の孫であり、第二次世界大戦で日本が犯した残虐行為を認めることができないことにあるのかもしれない
彼は過去を否定しようとするのに精一杯で、自分の歴史から学ぶことすらできないようだ。
彼の人生は再放送なのだ。

彼は、2007年に辞任した時と同じようにオフィスを去った
取り巻きのスキャンダルにまみれながら、仕事をこなすことができず、人気がなく、無能とみなされ、不適切だった

彼を見逃すわけにはいかないだろう

******* ******* ******* *******

記事の文末の言葉が全てを表していると思います。
日本の新聞もがんばれ!

コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍晋三の総理大臣ごっこが... | トップ | 米国「COVID-19 & STAYCATION... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事