ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

大勢集まってんだ!鉄柵を車道側にずらして場所を空けろ!デモは市民の権利だ!

2018年04月04日 | 日本とわたし
さあ、国会前に行きましょう!




国会前に行くと、こんな景色が目に入ります。




一体ここで何が行われようとしているのか?と驚くほどの物々しさです。

でもここは、市民が集い、自分の思いを書いたプラカードを掲げたり、光るものを手に静かに願ったり、近くの人と一緒に歌ったりしようとしているところです。

なのにこの態勢は、とんでもなく場違いで暴力的です。
たくさんの人たちが集まってくることをわかっていて、場所を大きく開けたり、通りやすいように交通を規制したりしないばかりか、
反対に、道を狭くし、硬い鉄柵や装甲車を使い、人々をぎゅうぎゅう詰めにして痛めつけたり、地下鉄の出入り口を封鎖したりするのです、警察が。









いろんな場所で、いろんな国で、デモは盛んに行われています。
けれども、はじめから平和的に、武器や危険物を持たずに行われることがわかっているデモに、こんな異常な数の警察官はいません。
いても、一緒に並んで歩いてくれる警察官が1〜2名、通りの角に立って見守る警察官が数名、そんな感じです。

こんな光景には絶対になりません。










ましてや、この警察官のように、人を突き飛ばしておいてニヤニヤしているような人はいません。


このことについては、官邸前見守り隊弁護団の方々から、過剰警備に対する申し入れが再々行われています。


気分が悪くなった人のために、

本当にたくさんの人たちが集まれば、赤いコーンも鉄柵も外されます。
そこまで警察も愚かではありません。
過剰警備を負かすことができるのは、人の数です。
そして、異常規制の縛りを決壊することができるのも、人の数です。

恐ろしいとか恥ずかしいとか面倒くさいとか苦手だとか、そんなふうに思う必要はありません。
行ってみてください。
すぐにわかります。
自分のために居るんだということが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍政権は本当にひどい。け... | トップ | 春よこい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事