ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

みんな、だまされるんじゃないぞ!

2019年01月13日 | 日本とわたし
先日、この自民党議員のツイートの内容が悪質であるとして、ツイッタージャパンに通告しました。






「韓国は異様な反日政策。安倍政権のおかげ」と山梨大・島田眞路学長が発言
その後の大学の対応、ネット上の声

【論壇net】2019年1月9日
https://rondan.net/11687

引用はじめ:

過日より、山梨大学の島田眞路学長が放った新年あいさつの言葉が、波紋を呼んでいます。

次のようなコメントが、山梨大学のHPに載っています。

不穏といえば、韓国もレーダー照射、徴用工問題、従軍慰安婦など異様な反日政策をとっています
北朝鮮も、ミサイル開発を公然と続けていることが報道されており、これでは制裁を継続するしかありません。
英国のEU離脱、ドイツやフランスをはじめとするヨーロッパ各国の右傾化や、政府の不安定化、中東情勢なども、不穏な空気の要因です。
我が国も、このような不安定な国際情勢からくる影響を、受けるのは必然ではありますが、安倍政権が比較的安定しているのが救いかもしれません。


2019年の年頭にあたり島田眞路学長が挨拶

ーーーーーーー ーーーーーーー ーーーーーーー ーーーーーーー

批判を受けた山梨大学の回答文:

世界情勢について報道されている事柄を、客観的に捉え、世界情勢が混沌としている状況を伝えたまでです。
ツイッター上では多様な意見があるようですが、そのことに対してコメントはありません。
また、例えば『国や地域』『誰か・何か』を批判・差別する意図での発言ではありません。
通常、あいさつの作成については、事務局でいくつかの事項をピックアップし、それを基に学長が作成しております。
大学では、常に多様な情報をHP等で公開しており、常に反応があることは想定しているところです。


******* ******* ******* *******

韓国は、昭和のど真ん中生まれのわたしにとっては、長い間、あまり良いイメージを持つ国ではありませんでした。
昭和の10桁生まれの両親はともに、はっきり言って嫌っていたので、韓国のことを話す際にはいつも、批判めいた言葉がくっついていました。

韓国が急に近しくなったのは、日本で今の夫と一緒に暮らすようになってからのことです。
米国人の夫は、滞在ビザの獲得のために3ヶ月に一回、日本から出国しなければならず、大阪や下関の港からフェリーに乗って、韓国に行っていたのでした。
とても貧乏だったので、フェリーの最安値の切符しか買えず、船底の相部屋で雑魚寝をしながら渡航していました。

こちらに移住してからは、近くにコリアンタウンがあったりして、まずは食文化から馴染み始め、韓国人の生徒や家族と仲良くなるうちに、今まで知らなかった、知ろうとしてこなかった韓国が、色々と見えてきました。

社会や政治の問題から自分を遠ざけず、面倒だからと無視しない。

そう決めてから知った、アジアの国々と日本の関係。
その中にはもちろん、韓国も含まれています。

どうして今も、韓国の中に、日本を厭う人たちがいるのか。
どうして今も、日本の中に、韓国を厭う人たちがいるのか。

そのことについても、事あるごとに考えてきました。

そして行き着いたのが、やはり顔と顔を合わせた話し合いを、時間をたくさんかけてし続けていくしかない。
特に政治家に、その度量と胆力が必要だと。

韓国を一度、夫の両親と一緒に旅行した際には、各地でガイド役を務めてくれた人たちから、いろんな話を聞きました。
ガイドさんたちにとって我々4人は、アメリカから来た観光客でしたから、韓国の歴史を説明する中に、日本から受けてきた暴力や差別についての話もありました。
でもそういう話をする時も、一方的な批判ではなく、その時代に蔓延していた偏見や、軍隊による帝国支配を取り上げて、今ある私たちは、愚かだった時代の失敗を教訓に、互いを尊重し合わなければならないと話してくれました。
年齢でいうと、わたしの両親と同世代の方たちでした。

そして今、韓国がとても近しいものになっています。
前にもお話ししましたが、あるドラマと出会ったのがきっかけで、夫もわたしも、すっかり韓国ドラマにハマってしまったからです。

ドラマをたくさん観たからといって、それで韓国のお国柄や文化が理解できたと言えるのか?と聞かれたら、わたしにはまだ自信がありません。
でも、理解できてなくても好きになりました。
もっと知りたくなって言葉を勉強したくなりました。
言葉を勉強すると、韓国らしい優しさや荒っぽさ、表現の面白さが、あちこちに見つかるのです。
そして、何度も軍や政府からの凄まじい弾圧に抵抗してきた、反骨の精神と民主主義への渇望も。
だからあの『ロウソク革命』が、厳冬の最中に行われたのだと。

韓国のことを、常軌を逸した国だとか、感情だけで理が通じないだとか、協議や法の支配、倫理、道徳も通用するとは思えないだとか、
そんな無礼なことを並べ立てて公に非難するような人間に、議員という立場にいて欲しくないです。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 宮古島、宜野湾、沖縄、石垣... | トップ | 自民党議員の姑息な根回し→議... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たけ)
2019-01-14 18:07:44
こんばんは。(アメリカでは時刻は違うと思いますがこちらからの時間帯でのご挨拶でご容赦ください。(今後もです))
何か昔から居眠りしている議員の方とかいましたがよけい酷くなっていますね。
この議員の方のツイート何となく見たのですが頭が痛くなってきます。
正直日常でいろいろ大変なのでみるんじゃなかったと思っていますが。
他の方にお願いとかするとかではないんですがもし私がツイッターやっていたとしたら

自衛隊員の生命を大事になさってくださっているのはよく分りました。ただ民間人ならぬ国会議員の方が軽はずみに話し合いが成立しないような言い方で他国を侮辱することは結果的に議員が思われている自衛隊員、ひいては日本国民の生命を危険に晒す事になるのでは と思います。
軽率な言動はお控えください。

と伝えたいですね。
あと
山梨大学の島田眞路学長へも伝えるとしたら

日本の安倍政権も反韓で右傾ですよ。
と。
たけさんへ (まうみ)
2019-01-16 14:47:05
時差は全く気にしていませんのでご心配なく。

ここ最近の国会議員の(特に自民党)愚かな言動には、本当に呆れ返っています。
それに対する返信の中に、たけさんのご意見と近しいものもたくさん見受けられます。
ただ、その愚かな議員に賛同する人たちも少なく無いというのが本当に驚きで、なるほどこれが支持率が落ちない理由なのか、などと思ったりもします。

いったいどうしてここまでになってしまったのか、それを嘆いても仕方がありませんので、とにかくコツコツおかしいと思ったことはおかしいと、声に出していくしか無いと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事