ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

米国『春のドカ雪』事情

2018年03月08日 | 米国○○事情
昨日は一日家の中にこもっていたので、こんなことになっていたなんて全く知らなかった。
月々6000円ほどの会費で、どんなクラスでも受けたい放題のYMCA。
木曜日の今日は、ピラテスと陰ヨガのクラスを受けている。
YMCAまでの、車でほんの10分ぐらい、町の中を走って初めて、全く知らずに過ごせたのは実にラッキーなことだったんだと知った。












日曜礼拝の伴奏バイトに通った教会の前庭でも、






根元から倒れてしまっている。


枝がしなやかな木は、なんとか無事だった。



ここも、通り全体が塞がれている。




根っこごと倒れたので、歩道の敷石ごと盛り上がっている。



なんてこった…とショックを受けて家に戻ると、ドライブウェイの入り口でロビンちゃんたちと出会った。


ふっくらしたオレンジ色のお腹が特徴の、春を告げる鳥ロビン。
なんじゃこりゃ?って顔してる。
そうだよねえ…わたしもそう思うよロビンちゃん。
でも、気をつけてね。
上から重たい雪の塊が、急に落ちてくるかもしれないからね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝日新聞がんばれ!毎日新聞... | トップ | 鈴木教授「自身でしっかり考... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

米国○○事情」カテゴリの最新記事