ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

安倍さん、総理という地位に恋々としがみつく姿はあまりにも浅ましい。もうお辞めなさい!

2018年03月28日 | 日本とわたし
まんがイラスト ぼうごなつこのページより


http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/blog-entry-1534.html

ちなみに、コレ↓が実際の映像(いつものことですが、安倍首相の答弁がうだうだと長ったらしいので、1.5倍速にしてあるようです)
https://www.trendsmap.com/twitter/tweet/978853354347646979

これは普通のスピード。だから安倍さんのうだうだがきちんと聞けますし、原稿があるのにぐちゃぐちゃな答弁してるのが見られます。
小池晃・共産党【国会中継 参議院 予算委員会】平成30年3月28日


<昭恵氏>名誉職55件 森友・加計含み
【毎日新聞】2018年3月28日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000087-mai-pol

安倍晋三首相は、28日の参院予算委員会で、妻の昭恵氏が務めていた名誉職が計55件あった、と明らかにした。
名誉校長を含む学校と保育園での役職は、学校法人「森友学園」が建設予定だった小学校と、学校法人「加計学園」の認可外保育施設の二つだったという。

首相は26日の同委で、
「妻が名誉校長を務めているところはあまたあるが、行政に影響を及ぼしたことはない」と答弁。
しかし、28日に、共産党の小池晃書記局長から「どこか」と問われると、学校と保育園は2件だけだったと修正した

森友学園、加計学園ともに、国有地売却や獣医学部新設の規制緩和に「役人の忖度(そんたく)があったのでは」と野党が追及しており、小池氏は「反省が全くない」と批判。
首相は、「既に辞めたものもある。ほとんどの名誉職を辞退する」と釈明した。【遠藤修平】


******* ******* ******* *******

安倍昭恵夫人の中身のない「万能感」がキモチワルイ
「私の力」を勘違いしていませんか?

【週刊現代】2017年4月13日
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51384

引用はじめ:

これが「普通の主婦」であれば家庭問題に過ぎないが、ファーストレディだと、権威を利用しようとする人も出てくる。
森友学園も、そうした意図があった可能性が高い。

ところが当の昭恵夫人は、

「私は利用されてもいい。それでその人が、やるべきことをやれるのであれば、全然かまわない」と公言してはばからない。

前出の西田氏はこう分析する。

「僕との対談でも、『普通の人でありたい』と言いながら、『自分のできることをしたい』と言っていました。
昭恵さんの影響力は、『総理夫人』という立場によって生まれるものですが、その一方で、『普通でありたい』のは矛盾しています。
ご自身の政治的影響力については、きちんと認識できていないように見えました」


昭恵夫人は、自分の立場を客観的に理解していなかった
昨秋、本誌で、昭恵夫人と小池百合子都知事の対談を行った際には、「気になっていることは?」と問われ、

「いま、大麻を広げようと思っていて。私が応援していた(大麻栽培を行う)人が逮捕されてしまったんですが……」

など、あっけらかんと言っていた。

折しも、元女優の高樹沙耶被告が、大麻取締法違反で逮捕された直後。
にもかかわらず、昭恵夫人の口ぶりと態度は、イタズラがバレた少女のようでしかなく、まるで屈託がなかった。

結局、勉強嫌いで、社会経験も乏しい、見識のない「不思議ちゃん」のお嬢様が、絶大な権力を手に入れてしまったことで、中身のない「万能感」が生まれてしまったのだ。

しかし、さすがの昭恵夫人も、行動を見直さざるを得ない状況だ。

「今回の一件のせいで、国会は大幅に時間を食われ、重要法案の審議もままならない。
国民に迷惑がかかっていることを考えると、昭恵さんも、自身の行動を律したほうがいいでしょう」(前出・伊藤氏)

自分がやりたいことをやれば周囲も幸せになると、昭恵夫人は考えているようだが、残念ながら世の中そう単純ではない
そこに思いが至らない点で、昭恵夫人はファーストレディかもしれないが、「レディ」ではない。


******* ******* ******* *******



結局、昭恵さんが名誉校長を務めていた(本人の意思ではなく無理やり辞めさせられた)学園のどちらもが、国民の税金や共有財産を横流しした疑いが強くかけられているところじゃないですか!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「節度、節制」「国を愛する... | トップ | さくらとピアノ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自民党と官僚組織が何十年も前からずっと共謀しているのかも。安倍が頼まなくても改竄する犯罪組織になってるのかも (Unknown)
2018-03-29 23:23:04
自民党の森友の犯罪の揉み消し工作を官僚組織に頼んだのが、
自民党の誰かではあっても安倍とは限らないし、森友の犯罪を行った後とは限りません。

何十年も前に、当時の自民党の議員が、
自民党がこれから犯す犯罪の数々をすべて、未来永劫揉み消すように頼んでいて、
それ以降、今に至るまで、何十年間も揉み消し工作が繰り返されているのかもしれない。
天下り先を作ってそこの役員に血税の中から金をくれてやる法案等を国会で無条件に通す見返りとして。
つまり、何十年も前に、自民党と官僚組織の間で、
・自民党は、官僚が国を私物化できるようにするための法案を国会で無条件で通す。
・官僚組織は、自民党が権力の座に居座り続けられるための、あらゆる工作をする(犯罪の揉み消しもその一種)。
という裏取引をしたのかもしれない。

そのことは、官僚組織が、
天下り先を増やしてそこの役員に血税をくれてやる政策ばかりしてる自民党には協力して来た。
天下り先を減らしてそこの役員に渡す血税を減らす政策をしようとした民主党には妨害しかしなかった。
ということからも、想像がつくと思います。

本犯罪は、
安倍一味が財務省に、森友の犯罪を犯した後、犯罪揉み消しを個別に頼んだ、
というような、小さい犯罪ではないと思います。
自民党と官僚組織が、何十年も前からずっと共謀していて、
自民党が犯罪を犯す度に、自動的に官僚組織が揉み消し工作をする、という仕組みが出て上がっていて、
そういう工作が、何十年も前から何度も何度も繰り返されているように思えます。
その一部が、財務省と国交省が連携ミスしてくれたお陰で、顔を出したのですよ。

森友の犯罪を犯した後、犯罪揉み消しを個別に頼んだ、という構図に拘って証人喚問やってたら、
堂々と否定されて、実際はそれよりも凶悪なことが行われてることが、闇に葬られてしまいます。

証人喚問する相手と、質問の仕方が間違っている。
佐川は取材で「自分は部下に命令していない。部下が勝手に忖度してやっただけだ」と答えている。
取材で自分は命令していないと言ってる人間に、命令した動機を質問をしたら、
国民に頓珍漢な質問だと思われ、うんざりされてしまう。
国民は、「本当に動機を知らないだけかも???」と思って、怒りの気持ちが湧き起こらない。

証人喚問するのだったら、
警察の取調べで、命令したことを認めている人物の中で、命令系統の最も上流の人物、
つまり、誰からも命令されていないのに部下に命令したと言ってる人物を証人喚問して、
「誰からも命令されていないのなら部下に命令した動機は何だ?」と質問した方がいい。
そうすれば、国民は「動機を知ってるくせに隠してる」と怒りの気持ちが湧き上がる。

あと質問の仕方も、
「安倍から頼まれたからか?」ではなく
「自民党から頼まれたからか?」
という感じにすべきだし、
「森友の犯罪が行われた後、その犯罪の揉み消し工作を頼まれたのか?」ではなく、
「昔、自民党がこれから犯す犯罪を揉み消す裏取引をして、それを果たすためにしたのか」
という感じにすべきです。
コメントをありがとうございました。 (まうみ)
2018-04-28 09:15:38
一党支配がこれほど長く続くということは、いろんな歪みや劣化をもたらすものだと、よその国の現象で学んだつもりでしたが、それは日本も例外ではないということを、もっと考えなければならなかったと思います。

また、政治というものを人(議員)任せにせず、自分の暮らしと密接している物事として捉え、政治家をしっかり見張ったり、議会の傍聴や意見の提出などという行動を、生活の中の一つとしてこなかったことを、深く反省しています。

天下りというシステムもまた、腹立たしく思っていてもだからどうこうするのではなく、長い間見過ごしてきました。

民主主義、議会政治、立憲民主など、言葉は知っていても身を以て理解している人は、本当に少ないです。
それは多分、日本の教育現場で、そのような事柄がきちんと教えられていないことが、大きな要因になっていると思います。

小学校から高校大学を通して、しっかりとしたカリキュラムを作る、マスコミも政治的な事柄をきちんと取材して伝える。
社会の隅々から目覚めが起こると、それぞれの中で政治をどう捉えるのかが、もっとはっきりしてくるかもしれません。

おっしゃる通り、これは単純な事件ではなく、単発的に起こったものではありません。
同じようなことは、今までにも、数えきれないほど起こっていたと思います。
それがやっと公の場に引きずり出されてきたのですから、野党のみなさん、そして主権者のわたしたちは、慎重に、けれどもアグレッシブに、賢く徹底的に、とことん追求しなければならないと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事