ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

米国『銃規制に向けて行動する高校生たちと、それを支え守ろうとする大学』事情

2018年03月04日 | 米国○○事情
友人の志津子さんが、フロリダの高校で起こった銃撃事件の後、その高校のみならず、他の地区の高校生たちが抗議行動を行ったことに対する、大学の素晴らしい対応について書いた記事を、要約してくれました。

彼女のコメントとともに紹介します。

戦争を起こして経済を回しているような非道性を持ち、銃器をすべての国民が持つべきだなどという、とんでもない思想が根付いている国で、
戦争はやめよう、銃を捨てよう、などという願いは、到底叶うものではないと、事ある毎に思い知らされてきました。
小さな子どもたちから大人まで、どんなに大勢の人たちが命を奪われてもなお、良い方向に進まなかったのですが、
今やっと、この高校生たちの、一市民としての平和的抗議行動が、巨大な岩石を動かそうとしています。

******* ******* ******* *******

「後何人の生徒たちが死ななくてはならないのか」 
ー高校生らの銃社会への抗議が全米へー

【JUNGLE CITY.COM】2018年2月19日
https://www.junglecity.com/news/high-school-students-against-gun-violence-spread-around-the-nation/

フロリダ州南部のパークランド市にあるマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、14日に発生し、17人が死亡、10数人が負傷した銃乱射事件を受け、高校生などが主導する抗議活動が、全米各地で始まっています。

Women’s March の主催団体は、銃による暴力から学校を守る法律を可決することを、米国議会に求めるため、
事件発生から1ヵ月目にあたる3月14日に、午前10時から17分間にわたり授業をボイコットする、「National School Walkout」を呼びかけています。



また、同校の生徒たちとその家族は、3月24日に学校をボイコットし、ワシントン DCで抗議活動「March for Our Lives」を予定していると発表。
ワシントンDC まで行くことができない場合は、それぞれのコミュニティで活動することを呼びかけています。




******* ******* ******* *******

こういった連帯づくり、行動の早さはもちろん、その活動に対する大学(多くの高校生たちにとっては次に目指す場所)の姿勢と行動が、本当に素晴らしいのです。

志津子さんはそのことを書いてくれました。
では、どうぞ読んでください。
(まうみ注・転載にあたり、文字の強調を加えました)

******* ******* ******* *******

【「我々が求めるのは君たちのような高校生だ」と、大学が声明を出す】

フロリダの高校で銃撃事件が起こり、そこの高校生たちが声を上げ出した時、他地区でも授業をボイコットして、抗議行動を行った高校が続出した。
その時、多くの学校が集会を禁じ、「学校の命令に従わない者は罰則を与えるぞ」と脅した。
それでも構わずに、高校生たちが、フロリダの高校生たちの抗議行動に呼応して、授業を抜け出した。
事件のあった学校の集会に、駆け付けた他校生たちもいた。



あの高校生たちは懲罰を受けたのだろうか、と思っていた時に、こんな記事に出逢った。

Amid Threats of Discipline, Hundreds of Colleges Assure Prospective Students Anti-Gun Protests Cool With Them
https://www.commondreams.org/news/2018/03/01/amid-threats-discipline-hundreds-colleges-assure-prospective-students-anti-gun

アメリカの大学入試は、数回の全米一斉テストの点数や成績表の他、エッセイや課外活動記録(ボランティア活動なども含む)、教師の推薦書などを、入学を希望する大学に提出しなければならない。
そして大学は、それらを総合的に吟味して、その生徒を入学の有無を判断する。

抗議活動を行ったために懲戒処分を受ければ、それが大学側に伝わる可能性もあるだろう。
それに対して、アメリカの大学の多くが、
「平和的な活動の結果の懲戒処分があったとしても、それが入学拒否の理由にはならない」という声明を出した


NACACは、主に、アメリカの大学の入学選抜担当官、高校のカウンセラー、民間教育機関が連携しながら、生徒により良い教育と機会を提供することを目的とした、アメリカ最大の教育組織だ。
そのNACACが、ホームページに、250以上の大学や専門学校などが、懲戒処分に対しどのような立場を取るかが分かるデータベースを載せた。(リンク内参照)
https://www.nacacnet.org/…/college-and-university-update-o…/

その殆どが、「学生の市民としての関わりを奨励することが、大学としてのミッションの一つである」と述べている。

ハーバード大学の声明:
ハーバード大学のミッションは、我が校の学生が、市民としてリーダーシップを発揮出来る準備期間として、変容可能な基礎教育を与えることです。
問題であると学生が思うことに対しては、彼らが平和的に抗議活動を行う権利を持っている、という我々の信念が、大学のミッションの根底をなすものです。


MIT(マサチューセッツ工科大学)の声明:
市民としての責任については、MITに於ける他の殆どの事象と同様、行動することから最もよく学ぶことが出来ると信じています。
市民として責任を持つということは、まさに我々が、お互いに対して、また公共に対して持っている責任を、実行に移すことです。


UCLA(カリフォルニア大学ロスアンゼルス校)の声明:
平和的で、意義のある抗議活動や市民行動は、あなたの大学選考や奨学金授与に、何ら影響を与えるものではありません。
カリフォルニア大学のモットーは、Fiat Lux(ラテン語で『光あれ!』)であります。
UCLAは、最悪の状況下でも、楽観主義を抱くことで知られた大学です。
事件のあったストーンマン・ダグラス高校とコミュニティの人たちは、我々全てにとって、光の象徴であります。



大学の中には、ツイッターで声明を出し、銃規制を訴える行動に参加した、或いはこれからの抗議行動に参加する予定がある高校生たちに、サポートの意思を示しているところもある。

エール大学ツイート:
エール大学は、銃規制や、他の目的の校外活動に参加する高校生たちを、誇りを持ってサポートします。
そして、高校がそのような生徒に対し、懲戒処分を下したとしても、それで我が大学への合格決定が取り消されることは、絶対にありません。


テキサス大学ツイート:
我が大学は、自由な探求や表現という原則にコミットします。
そして、知識の拡充と、考えを交換する自由が守られる環境を、作ることに努めます。
そのような大学のメンバーは、それぞれの考えや意見を持ち、しっかりと守り、表現する権利を持ちます。
この大学の責任は、大学に入学を認められた高校生も包括するもので、憲法で認められた表現の自由の権利を実行することで、損なわれるものではありません。




真っ先にこのような声明を出した、MIT大の学部長は、大学新聞に、
「学生たちは、決まった特定の目的地を目指すのではなく、地図を広げて、羅針盤が指す方向を目指しなさい」と、
大学の選考に影響を出すと思うことなく、信念を持って、意義のある行動をしてもよいのだ、というようなことを書いている。
「MITの教育は、単に事実や数字を学ばせることではない。
人類の向上のために賢く、創造的に、効果的に何かが出来る能力と、情熱を成長することを学ばせることである」



3月14日には、事件で亡くなった17人の級友たちや先生の数に合わせて、17分の全米一斉校外活動が行われる予定だ。

そして、3月24日は、ワシントンで、「私たちの命のための行進」March for Our Livesを行う。

フロリダの高校生たちを、そしてそれに呼応する高校生たちを、大学の良識がしっかりと支え、守ろうとする動きは、実に胸をうつ。
また、ACLU(アメリカ自由人権協会)は、東はメイン州から西はテキサスまで、懲戒処分について言及している高校の生徒たちに向けて、
ブログで生徒たちの権利について説明し、動画でも「自分たちの権利を知ろう」というライヴストリームを流し
て、話題になっている。

守るのは大人だ。


******* ******* ******* *******
コメント (3)

はじめの一歩

2018年03月04日 | 音楽とわたし
先週の木曜の晩からお天気が崩れ、暴風と霰(あられ)や霙(みぞれ)や雪が、一日中降り続いた。
土曜日にはやっと何も降らなくなったけど、風が強くておまけに寒い。

そんな中、所属しているアマチュア音楽家協会の、去年から始まった小編成のオーケストラの、アシスタントコンダクターとして紹介してもらうために、バスに乗ってマンハッタンに出かけた。

セキュリティカメラが設置されてるぞ!というサインを見て、何かの捜査の際に、こんなふうに写真を撮ってるわたしはどう思われるんだろう、などと思いながら撮った。



リハーサルスタジオはビルの10階。
エレベーターを待っている、バイオリンや管楽器のケースを背負っている人たちの顔を見て、早くも心臓はドキドキ。
どんなふうに自己紹介をしたらいいものか…などと考えながら、つい俯いてしまった。

何の楽器も持たずに練習場に入って来たわたしを見て、みんなそれぞれ?…な顔をしている。
この練習の次は、次の土曜日に行われるドレスリハーサルだから、ちゃんと仕上がっていなければならないのに新入り?みたいな。

メンバーが全員揃った(本当はもっといたのだけど、舞台のサイズの関係で20名まで人数を絞った)ところで、アルベルトがみんなに、今夜は紹介したい人がいるのでと言い、わたしは慌てて立ち上がった。

えっと、まうみです。
と、名前だけ言って、次の言葉が出てこなくなってしまった。

アルベルトが苦笑いしながら、「彼女を今度、僕のアシスタント、第二指揮者として迎えることにしたのでよろしく」と、紹介してくれた。

へえ〜…。

改めてしげしげと見られること30秒。
あ〜緊張する。

フォーレのパヴァーヌ、ベートーヴェンのピアノコンチェルト第4番(ピアノはニール)、それからヴィヴァルディの小曲をカウンターテナーのマティアスと演奏する。

練習時間は全部で3時間。
曲を通す前に、アルベルトが気になっている箇所のダメ出しをするのだけれど、指揮者と演奏者たちの間に漂う緊張感が、ピリピリとこちらに突き刺さってくる。
ううむ、自分にできるのか、ほんとに…。
ピアノを教えるのとは全く違う。
それぞれが特大級のプライドを持っている、ニューヨーカー管弦楽器奏者たちと、一つの音楽を紡ぎ合わせていく。
ちっちゃい頃からの夢を叶えるべく、わたしがやる!と手を挙げた。
そしたら、じゃあお願いしようとあっさり決まって、それからじわじわと焦り出した。
鏡に向かってポーズをとってみたり、オーケストラの音楽に合わせて指揮の真似事をしたり、ユーチューブで指揮の勉強ビデオを片っ端から観たり、
いやいや、何やってんだか…。

でも、ほんとにやりたかったんだ〜。
だからやらせてもらう。
よろしくお願いします!



コメント