高橋まゆみ・創作人形「まゆみの気まぐれ日記」

農道をかっぽして歩く笑顔のおじいちゃん。姿が見えなくなるまで手を振るおばあちゃん。やさしさはいつもそばにいた。

花冷え卯月

2019-04-05 07:03:54 | まゆみのつぶやき室

四月に入っても、雪が降り積もる日もあったりで、なんだかね・・・・・わからない。

 

桜の花も、咲くに咲かれずと言った奥信濃の風景であるが、間違いなく季節は巡る。

我が家でも、周りを見ても、今抱えているもの、こらえているもの、全て清算して、前向きに生きようとするもの。

時間がきっと、心穏やかにいい答えを出してくれるのではないかと思う。

 

4月と言うと、花粉・・・

ためしてガッテンと言う番組で言ってたと言う、小鼻の内側にワセリンを綿棒でつけて、鼻を少し揉むといいらしいですよ。

どこかのお国では、ほとんどそれをやっているので、花粉対策にいいとか。

おばあちゃんからの情報だが、やってみよっと!

 

3月の末、人形館の入れ替えをした。

半年間お借りしていた、私の好きな人形達。8人の作家さんに無事お返し出来たと思うが

 

作品をお借りして、展示出来たことは勿論だが、お話をしたこともないような作家さんとお近付きになれた事。

それが嬉しかった!本当に感謝とお礼を申し上げます。

 

何だか、飛んだとんだ文章になってしまったが、一つの事が終わり、また次が始まる。

4月からは、私の人形の写真を撮ってくれている、カメラマンの峰村さんの企画展を開催中です。

 

目覚めたように、雪の下から咲き乱れる花々の共演の季節。

お出かけください

 

 

コメント (15)

桜咲く頃

2019-03-03 09:22:40 | まゆみのつぶやき室

2月から3月に入り、肌寒い朝もやんわりと、春のおとずれを感じる今日この頃。

半年間にわたる今治の展示が終わった。

とにかく、広い広い展示会場なので、どう埋め尽くそうか・・・・・迷った。

地元内山和紙の大きなスタンドを作って頂き、全てケース入りにして頂き演出をした

 

以前はこの通路のような所での展示だったので、今回はゆったり。

 

以前は。タオルをまとった風呂上りの天使たちを、タオルとのコラボで作ったが、今回はこれ!

 

 

カラフルなタオルを背中に配し、可愛いペンギンの親子。

バックの風景はタオルにプリントしたもので、あまりにもクリアで迫力があるので、ちょっと負けた!

次の展示は、スヌーピー。

何とも今のプリント技術が高い事。

 

 

仕事で、遠く今治まで行けた事。会長はじめ奥様やスタッフの方々の気使いの有難かったこと。

感謝申し上げます

 

色々体制が変わり、人事異動があったりと人形館も落ち着かない時期でもあるが、とにかく、自分は担った仕事をやるだけだ。

 

4月24日から、いよいよ人形館も10周年目に入る

気を引き締めねば!!

 

コメント (13)

干支講習

2019-02-22 08:07:50 | まゆみのつぶやき室

毎年、冬の落ち着いている時期、サポーターやスタッフに作り方を知ってほしい・・と言う思いから講習している干支創り。

ここにきて、観光局と言う組織ゆえ、関係者の移動があったり、状況の変化により辞めるスタッフもいて、何とも寂しさもあるが、新しく入って来てくれたスタッフもいて、今まで仕事をしてきて、見習うべきところが沢山あるとも言って頂けた。

私は、作る事が仕事なので、なるべく、関係者の方に迷惑をかけないように、全うしてゆければと思っている。

 

さて、そんな中、今年は「亥」という事で、作りましたよ!

 

 

9回目ともなると、手慣れたもので、オリジナル性が出てくる。遊び心が楽しくなると言った感じで、笑顔や言葉が飛び交う。

時間が余ると、子亥(うりぼう)まで創る人も何人かいて親子がとても、微笑ましかった。

 

動物が苦手な私にとって、毎年頭を痛めるのだが、こんな事もあるから、普段の色々から逃げることが出来るのだろうと思う。

来週は今治タオル美術館の半年にわたる展示会の撤去に行ってきます。

また、来月で終わってしまう8人の作家さんの私の好きな人形展も、いよいよ最終月となる。

今回本当に思ったことは、「やりたいことがあれば、前に進む」だ。

そんな気持ちが、この企画展を実現させた。

どうぞ、まだひと月あります。

雪明りで開催中のお雛様と共にご覧くだされば、嬉しい限りです

コメント (5)

雪壁峠

2019-01-31 08:48:22 | まゆみのつぶやき室

明日から二月だ!

怖くて通れなかった富倉峠。久しぶりのお天気に誘われて、雪壁の峠道を超えた。

と言っても、こんな感じで道はきれいに除雪され、アスファルトも乾いている所も多かった。

今月は二度のスタッフやサポーターの干支人形の講習があるので、材料調達や必需品を買い出しに。

しかし一番は、この雪景色を拝みたい・・・・毎日拝んでるけどね!・・・・・。

白い、綿帽子のように積もった木々の雪が、さらさらと上から舞い落ちてくる。

なんてきれいなんだろう・・・・

家の前では除雪作業に追われる住民の姿

高く高く舞い上がる

最近、こんな風に楽しんで見られるようになったのは、地球温暖化で昔よりずっと雪が少なくなったから。

この壁になった雪も春と言う季節が、少しずつ溶かしてくれるのだろう。

 

二月は9日、10日、飯山雪まつりがあります。

また今大人気のかまくら祭りも始まっている。

 

 

雪を見に、お出かけください

コメント (12)

2019年  明けました!

2019-01-02 08:26:39 | まゆみのつぶやき室

 

 

元日の昨日はとても天気が良く、年末からやって来ていた孫たちが残していった足跡。

松飾りの、松を飾りに雪ダルマがお目見え。降り積もった雪の除雪場所では、滑り台をしたり、子供たちにとっては雪は遊び道具。

バタバタと給食おばさんと化した私は、準備不足なんだから・・・・と子供たちに叱られながら、これからゆっくり年賀状を書くのだ!

昨年は色々あった1年だったが、こうして年は明ける

光も差し込んでくる

皆の幸せを願いながら、今年は静かに前向きに過ごしたい

 

ぐずぐず泣いていても一日

  明日からどう生きて行こうかと考えても同じ一日

         考え方次第で苦しみや辛さの長さは変わる

 

こんな一説が本に出ていました

本年もどうぞよろしくお願いいたします

コメント (15)

2018年も終わり

2018-12-30 08:09:25 | まゆみのつぶやき室

先日、あまりにも朝露がきれいで思わず撮ってしまった

 

 

 

しかし、もう今では雪に覆われ。真っ白の銀世界

今日も深々と降り積もっていますよ!

年より任せだった雪かきも、主人が勤めに行ってしまえば私一人。

えっちら、ほっちらやるものの・・・・・・そううまくは行かない。雪の置き場所がない・・・。

あこがれて、この地にやってくる移住者もいるが、「覚悟」という物を背負って来なければ生活は厳しい。

 

北部地震で地震の震源地に向いてしまったお地蔵さんに久しぶりに会いに行った。

 

 

可愛らしい、白いニット帽と長めの衣装を身にまとって、ネックレスまでしているではないか。

村人?誰が着せているのかわからないが、ほのぼのと暖かい気持ちになって帰ってきた。

 

年寄りたちの真似事が確実に自分の物になった頃、こんなお地蔵さんをめぐってみたい。

2018年、いろんな方にご迷惑もかけたり、お世話になったり、楽しい想い出もできたり。

ありがとう・・・・・・しかないね!

 

                 高橋まゆみ拝

コメント (5)

年の暮れ

2018-12-02 07:49:25 | まゆみのつぶやき室

いよいよ今年も最後の月になりましたね。

 

先日こんな素敵なクリスマスカードが届きました

 

横着者の私にとっては、気が遠くなるほどの細かい作業。・・・・・そうです。今年春の企画展でお世話になった竹井さんの手作りカードなんです。

もう二度と作りたくないと言っていたけど、竹井さんのお礼の気持ちが伝わってきました。ありがとう!

年を重ねて思うのは、モノではなくキモチ。

相手の立場に立って、喜ばれることをしたい・・・・・なんて思うのです。

時には、どうにもならない事もあったり、相手の為にと思い込みすぎたり、行き過ぎたり・・・・・もあるけど。

B型だから仕方ない、性格だから変わらないと言い訳しよう。

今年はまだ雪も降らない12月。あたたかだ。

ぼちぼち、手の届かない所の掃除をしたり、家族に喜んでもらえる料理をしたりと、そんな年末にしたいと思います。

 

1年のお礼と感謝を込めて・・・・・・とりあえず

 

              合掌

 

 

 

コメント (15)

11月のあさやけ

2018-11-12 09:11:09 | まゆみのつぶやき室

 

先日、早起きの我が家の食事時、やけに窓の外が赤い

カーテンを開くと、何と真っ赤な朝焼けが・・・・・・・

数分と立たないうちにすっかり消えてしまったが、自然現象のすごさを見せつけられた気がした。

私は空が好きである

綺麗な月や星が出ていると、独り占めするのがもったいない気がして、つい気のおける友人に電話をかけてしまう

「今、外に出て!プレゼントする!」みたいな事を自慢げに言いながら。

でも、空はみんなの物だから・・・・どこにいても同じ空を見れるのだから・・・・・・。

 

と、言いながら、こんな物も目に入る。

 

 

長野へ行く途中の道端に、この時期いつもお目見えするのが、このリンゴ箱

リンゴジュースかジャムにでもするのだろう、た~くさんのリンゴが、所狭しと並び、風物詩でもある。

 

今年も後、ひと月とちょっと。

先日、飯山混声合唱団の定期演奏会に行ってきた。

50周年と言う合唱団だが、いつも楽しそうに、生き生きと歌っている。

そのピアニストのMさんから、頼まれたことがあった。もうかれこれ25年以上になるだろうか。

この定期演奏会の会場に飾る人形を一つ作ってほしいと。

その頃の私は、まだパートで働きながら、人形を作っていた程度。

一つのオブジェのような感覚で、大きな大きな1メートル30センチほどの妖精を作った。

25年も経つと、色も褪せ、顔も真っ白で、着ている衣装もほつれそうだった。

そこで私は奮起した

土台はしっかりしている。衣装やメイクを直せば、なんとか行ける。

当日、その衣装変えした人形は、妖精からピエロになって、会場に華を添えた

 

完成は、この手のひらに、ト音記号の飾りを持たせた。

頑張ってこられた、合唱団へのささやかな応援として・・・・

 

コメント (11)

トークセッション

2018-10-15 07:44:23 | まゆみのつぶやき室

10月に入り、朝晩の冷え込みに、紅葉が反応するように赤や黄色に木々を染めている。

人形館では「私の好きな人形たち」を開催中であるが、8人の作家さんをお呼びして、14日は飯山市の公民館で「トークセッション」が開催された。

前泊で7人の個性の強い作家さんが泊まられるので、どんなものかと思いきや、まぁ~おばちゃんトークで盛り上がる(笑)

ほとんどが初めてと言う飯山市

家から離れ、解放感もあったのか、みんないい顔をしている

トークセッションでは、一列に並んでいただき、私が質問をする形で行われた。

イベントの多いこの時期、視聴者は多くはなかったが、その分落ち着いて、想いを伝えられたのではないかと思う。

一人一人の人形との出会いや、人形に込める思い、またこれからの活動などを聞きながら、自分自身が聞きたかった事も聞け、胸のつかえが降りた気もした。

しかし、これだけ集まると、作家さんオーラがすごい!

 

飯山では、ほぼ見かけない個性的なファッションなので、花フェスタで開放になった道路を歩いていると、さぞ目立ったことだろう。

夢だった、あこがれの人形作家さんに会え、話をして、またどこかで出会えたら、きっと前とは違う挨拶が出来るだろうと思う。

8人の作家さん、今度は個人でおいで下さいませ。私がいい所をご案内しますので!

 

コメント (16)

私の好きな人形たち

2018-09-22 07:30:33 | まゆみのつぶやき室

まだまだ不安定な陽気の中、9月も後半に来ている

着々と届く、作家さんの人形達

楽しみでならなかった、今回の企画展「私の好きな人形たち」が27日から3月末まで、半年間開催される。

私の人形館で、大御所の人気作家さんの作品展示が出来るなんて、本当に夢のようで、ありがたい。

ラブコールを送った8人の作家さんの人形を紐解きながら、「あ~懐かしい」「やっぱり好き!」「すごい技術と感性」「どうしたら、こんな風に出来るのか、コツを聞きたい」「どんな気持ちで、この人形は出来てきたのだろう・・・・」など、自分自身がファンの一人となって、心の言葉が体に充満している。

 

 

人形創りは孤独な作業である

対象物と向かい合えば、出来上がるまで試行錯誤の戦いでもある

 

それゆえ、今回、出品して頂いた作家さんのお話も聞きたい。

そんな思いから、10月14日は、1時半から、飯山市公民館で作家の皆さんに来て頂き、トークセッションを行う予定だ。

短い時間なので、充分とはいかないが、こんな機会は滅多にないと思っている。

よろしかったら、お出かけ下さい。

 

また、二回目の愛媛県、今治市のタオル美術館での作品展が9月29日~2月26日まで開催される

建物から庭から施設内のショップやレストラン等がとても充実していて、1日でもいたい。そんな場所でもあるので、是非一度、お出かけください

12月23日は、私のトークも開催される予定です

 

この秋は、忙しくもありますが、それ以上に楽しみと、わくわく感でいっぱいです。

 

 

 

コメント (12)