我が家のおぼっちゃま君と飼い主達の日常

諭吉と龍之介
 ・・・そして日常にあった事件簿!

クレート

2006年05月08日 | ワンコ
私の実家は和歌山である。
(正しくは、橋本という市であるが、どこかというのを説明すると・・・・難しいが、最近世界遺産になった高野山の麓で大阪との県境にある)
実家には、どうやって諭吉と帰るかというと、飛行機である。
諭吉がうちに来て、4ヶ月後(生後6ヶ月)のお正月休みの時、初めて飛行機で帰った。
  余談であるが、最初、羽田に向かうため、地下鉄/モノレールを利用した。
  が!そんな長く鞄に入っていることが許されなかった諭吉は、
  「ギャンギャン・ワンワン」叫んで車内大変であった。
  ジャーキーを与え続け、羽田に着いた頃には全部食い尽くしていた。
  よって、この事件から電車など利用せず、羽田-家を車(タクシー)で移動した。

最初の頃は、普通の鞄しななかったので、航空会社のクレートを借りて羽田から関西空港へ飛んだ。
往復にするとクレート代だけで1000円近くかかり、飛行機代と合わせて1万円くらい
結構高い。

そこで、いつも行っているドックショーにて、クレートを2000円で購入。
当然、飛行機でもそのまま使えるクレートです。

今度、龍之介を連れて帰るときは、もう1つ購入しなきゃいけないなぁ~

諭吉は、このクレートを結構気に入っているので、家ではそのまま入り口は開けているので気づいたら入って寝ているときがある

今回も見たら、諭吉が入っていた。にもかかわらず、龍之介も入ってきた
2匹だと、ちょっと狭いらしい。諭吉も「俺のものだ」っと言わんばかりの顔

やっぱり、もう1つ購入かぁ?

最新の画像もっと見る

コメントを投稿