おひとりさまの健康な食卓

毎日の食事から考える「おひとりさまライフ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タレを使って料理に変化 : かじきまぐろと山芋の玉ねぎソース、米なすのピリ辛コンカッセ乗せ

2009-08-10 18:25:05 | 便利ダレ
8月9日(夕食)

昨日、野菜産直屋で青唐辛子を見つけた。
そういえば、母が青唐辛子味噌をよくつくっていた。
子どものころは辛くて苦手だったが、今ならおいしく食べられる。
青唐辛子と生姜を刻んで胡麻油で炒め、味噌をドンと入れて、砂糖、酒で味を調整。
そのまま食べるのもいいが、いろんなタレやドレッシングに加えると便利そう。
考えてみれば、これって薬膳味噌だ。

すりおろした玉ねぎ+醤油+酒+味醂+生姜汁で、便利ダレもついでにつくった。
これはいろんな料理に使える。
今夜はこのふたつのタレを使って、2品つくることに。

最近、山芋のソテーが気に入っているので、かじきまぐろのソテーと混ぜ、
バルサミコ酢を加えた、玉ねぎ便利ダレをかけてみたらどうだろう。
玉ねぎダレだけだと、モロ和風になってしまっておもしろくないが、
バルサミコとオリーブオイルを加えると、和洋風に一変。
タレもいっそうトロリとなって、かじきまぐろと山芋にうまくからんだ。
タレはたっぷりかけると、さらにおいしい。
炒めた生姜なんぞ乗せると、風味たっぷり。

昨夜の残りの米ナスは再び蒸し焼きにして、
トマト、ピーマン、玉ねぎのコンカッセをかけたら、おしゃれになる。
細かく刻んだトマト、ピーマン、玉ねぎに、
オリーブオイルとレモン汁、玉ねぎダレを隠し味に混ぜてコンカッセ。
そこに、さっきつくった青唐辛子味噌を加えると、ダイナミックに味が変化する。
米ナスとピリ辛味噌のコンカッセが、実にマッチ。
うは! おいしい。

この2品、近々、再登場となりそうだ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 野菜はおいしい:米ナスのス... | トップ | タレは無限のバリエーション... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

便利ダレ」カテゴリの最新記事