おひとりさまの健康な食卓

毎日の食事から考える「おひとりさまライフ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

便利ダレをもうひとつ : チキンの梅胡麻ソース和え、しめじのチーズ焼き

2009-08-01 16:33:43 | 便利ダレ
7月31日(夕食)

今日で7月も終わり。
ありがたいことに、涼しい日々が続く。

金曜といっても、別に勤め人じゃないから曜日は関係ないが、
一仕事終えたので、冷えた白ワインを飲むことに。

つまみは魚が続いたから、たまには肉を。
昨日、ないとばかり思っていた練り白胡麻が、棚の隅で見つかったので、
梅干しづいてる続きで、練り梅とぽん酢を混ぜて梅胡麻ダレをつくっておいた。
蒸し鶏にかけたらおいしいだろう、と思ってたので、ちょうどいい。

鶏の胸を酒蒸し(というか、酒につけてチン)して裂き、
梅胡麻ダレをぽん酢とオリーブオイルでのばして和えてみる。
ふぅ~む、練り白胡麻の味と梅干しって、意外にいいマッチ。
炒めておいたゴーヤを敷いて、トマトでも飾れば、
バンバンジー(棒棒鶏)とは一味ちがった、白ワインに合う料理になる。

白ワインに合うもう1品は、しめじのチーズ焼き。
しめじに軽く塩・コショーし、チーズとオリーブオイルをかけて、
オーブン(オーブン・トースターでもいい)で焼くだけの簡単料理。

エシャレットが、冷蔵庫のなかでしなびそうになっていたので、レスキューする。
「焼いて食べると旨い」と聞いたことがあるので、網焼きしてみた。
うは! ほくほくして、まるでニンニクの丸焼きみたい。
ニンニクより短時間で焼き上がるし、これはやみつきになりそうだ。
今夜は鰹節をかけて、シンプルに醤油で食べてみよう。

ちなみに、梅胡麻ダレのつくり方。
材料は、練り白胡麻、練り梅(あるいは梅干しを細かく叩いたもの)、
ぽん酢、胡麻油。分量は適当だけど、練り胡麻4、練り梅1くらいの割合。
ねっとりした基本のタレをまずつくり、
あとでぽん酢、酒、味醂、レモン汁、オリーブオイルなどでのばしたり、
唐辛子を入れたりすれば、いろんなバリエーションができる。

便利ダレ、またひとつ見つけた。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夏バテ解消 : 丸干しのオ... | トップ | 気楽な友人との健康ランチ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

便利ダレ」カテゴリの最新記事