おひとりさまの健康な食卓

毎日の食事から考える「おひとりさまライフ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

常備ダレでサラダ三昧:しめ鯖の洋風サラダ、納豆サラダ薬膳ダレ和え、大人のポテトサラダ

2009-10-29 12:48:40 | 便利ダレ


10月28日(夕食)

先日、茹でて残ったじゃがいも。
そろそろ使ってしまおうと、ポテサラをつくることに。
冷蔵庫を覗いているうちに、たまにはサラダをつまみに一杯もいいかなと。
しめ鯖と納豆も使って、ちょっと変わったサラダ三昧をやってみよう。

冷蔵庫で冷たくなったじゃがいもは、チンして温めてつぶし、
汁を切ったツナ缶を加え、マヨネーズと粒マスタードで和える。
じゃがいもは温かくないとつぶれないので、温めるのをお忘れなく。
そこにオリーブ(私はつくり置きのガーリックオリーブを使用)の輪切りと、
きゅうりを入れ(なくてもいい)、塩を加えて、レモン汁と味醂もちょこっと。
最後に煎り白ゴマをたっぷりかける。
ツナとマスタードとオリーブで、ポテサラが大人のつまみへと大変身する。

納豆は、実は先日つくったニラ薬膳ダレで食べてみたいと思っていた。
これはニラ1束分を細かくザクザク切ってつゆの素と混ぜ、
そこにニンニクと生姜のすりおろし、そして、七味唐辛子をドカンと加えたもの。
黒酢、胡麻油、味醂もちょこっと入っている。
半端じゃないのがニラと、それ自体が薬膳になっている七味唐辛子の量。
激辛だが、塩味、甘味、酸味のバランスをうまく取ると、
そのままかけてよし、炒めものに使ってよしの、使い勝手のいいタレになる。
常備ダレとして、オススメのひとつ。

このタレを納豆に混ぜて、ブロッコリーをたっぷり盛ると、
ビールにぴったりのつまみになった。

最後にしめ鯖。酢漬けの魚とヨーグルトはよく合うけれど、
もうひとひねりしてみようと、レムドレを組み合わせた。
しゃきしゃきの水菜と、ヨーグルトとレムドレ味のしめ鯖、
そしてオリーブの輪切りを一緒に口に入れれば、
こちらは、ワインとの組み合わせ抜群のおつまみサラダに。

風邪の治った今夜は、ビール片手に、おひとりさまのサラダ三昧。

コメント   この記事についてブログを書く
« やっぱり野菜が好き:冬瓜の... | トップ | レシピを楽しくバージョンア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

便利ダレ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事