医療用かつら・ 医療用ウィッグ・女性用かつらをお作りする かつら美容師の日記!! 

医療用かつら・医療用ウィッグの活動に意欲を燃やしている姉と妹のブログです。美容室で医療用かつらをお作りいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春はお肌がかゆい〜   <医療用ウィッグ・医療用かつら 群馬県太田市ヘアクオーレ*antique*>

2019年04月01日 | 美容

  ポカポカ陽気でお出かけしたいのにお肌の調子が悪くてお化粧はのらないし顔はかゆいし最悪~な姉の永瀬です。

  花粉症だからかな?と思っていました。でも実はそれだけが原因では無いらしいのです。

 

  春のお肌トラブル危険因子 

 

  第1  花粉  やっぱり!!

  花粉皮膚炎と呼ばれ乾燥  赤み、チリチリとした痒みが特徴花粉症でない人でもなる様です。

 

  第2  気温の変化

  気温差が大きいこの時期体自身の調整が上手く行かずその為免疫力が落ちてしまいいつも使っている化粧品が刺激に
  感じたりしてしまいます。

 

  第3  乾燥  バリア機能の不全

  冬に乾燥しきったお肌は回復まで時間がかかります。弱ったお肌に春の紫外線や温風で刺激になり。。。
  バリア機能が壊れる。。。さらに  乾燥するとという悪循環になるので冬よりも春の方が肌荒れする人も多いようです。

 

 

 

  肌トラブルを防ぐ春のお手入れ法


 

  ①こすらない洗顔ゆっくり丁寧に。。。

  春のお手入れは花粉や黄砂ほこりを肌から落とすのが何より先決です。異物でお肌が傷つかない様に力を入れずそぉーっと
  クレンジング洗顔しましょう。刺激がある時は一時的に敏感肌用に替えるのも手です。

 


  ②保湿は水分メインでしっかりたっぷり

  角質の水分量をしっかり上げてバリア機能の働きを取り戻します。セラミドを補うのもおススメです。

 


  ③化粧品は『鎮静化』と『活性化』を使い分けましょう。

  冬場は血行の悪さ対策でお肌を活性化するお手入れをしている方も多いと思いますが春先はかえって炎症の元になる
  場合もあります。お肌のかゆみや赤みがある場合は、シンプルな成分の化粧水でパックするなど鎮静化のお手入れが大切です。




  よ〜し 今日から化粧水パックで鎮静化

  

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 医療用ウイッグのモデルさん... | トップ | 術後7ヶ月 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美容」カテゴリの最新記事