Qing Hai 便り

中国青海省での日々・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

端午の節句

2007-06-19 18:49:49 | Weblog
           


   今日は、旧暦5月5日。「端午の節句」です。

   この日は、古代の詩人「屈原」という人がが川に身を投げて
   亡くなった日でもあるらしく、この詩人を記念する日でもあるらしい。


    「端午の節句」
   中国では、この日は、「ちまき」を食べて過ごすのだけど、学生たち、やってくれました。

   2時間目の授業開始5分後ぐらいに、2人の学生がたくさんの「ちまき」を持って教室に。
   「端午の節句」だから、お祝いのためにみんなで食べましょうと。

   授業中なんですけど・・・。
   と思いつつ、そんな風に買ってこられたら「食べてはいけない」とは言えない。
   みんなで食べちゃいました。

   でも、「やられた」と思いつつも、みんなでお祝いしようという気持ちがなんだかうれしかったです。

                                            
コメント (6)

日本語劇

2007-06-05 01:01:17 | Weblog
               


   5月28日。日本からのお客様を迎えて交流会が行われました。
  (このお客様は日本の非営利活動法人の方々で、私たちの学校に無償資金援助を
   してくださっている方々です。)

   さてさて、この交流会のなかで2年生が日本語劇を行いました。
   この日本語劇、もともと6月の終わりにやる予定だったのに、突然、主任から交流会でやるように言われ、
   学生も私も大慌て 休み返上で練習しました。


   劇の名前は「梁山拍と祝英台」。
   女性が学校へ行くことを許されていなかった時代に、男装して学校へ通った女性と
   そこに通っていた男性とが恋をするお話です

   劇をしたのは、物語のほんの一部分で、10分ほどのものだったのだけど、
   観客の方を泣かせるほどの名演技っ!
   演技指導も学生自身で行って、私がしたのは発音指導のみ。
   「すごいっ!!」の一言でした。 

   学生ってすごいですね。感激、感激の一日でした 
コメント (5)