Qing Hai 便り

中国青海省での日々・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戻ってきました

2006-04-27 23:57:46 | Weblog
                 


  先週の金曜日に青海に戻ってきました。

  みなさま、ご無沙汰しておりますがお元気でしょうか。
  帰ってきたその日は結構暖かかったのに、昨日、今日とちょっぴり肌寒いです。
  昨日は雨が降り、ちょこっと雪も降ったようです。
  朝、部屋から見える山を見ると、上のほうがちょっぴり雪化粧。4月も終わろうとしているのに・・・・。

  写真は左から順に、①北京の空港 ②北京-西寧の空からの景色 ③西寧の空港です。
  「砂漠化」「黄砂」ということばを思い起こさせる風景を眼下に見ながら、帰ってきました。
  北京-西寧間は一面、茶色の景色です。
  この茶色の景色が緑の景色に変わる日がいつか訪れるのだろうか。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

首都北京

2006-04-12 15:57:16 | Weblog
今、わけあって首都北京に来ています。
なので、Qing Hai便りは一時休止。

Qing Hai に帰ってからまた書こうって思っていたんだけど、
ちょっと長く書いていなかったので、北京から書き込んじゃう
ことにしました。来週にはQing Hai に戻れるとおもいます。
また戻ったら書きますので、よろしくお願いしまーす。

この記事をはてなブックマークに追加

意外と

2006-04-03 21:13:24 | Weblog
中国青海省西寧市。
ここへの派遣が決まるまで聞いたこともなかった名前。
でも、ここ、実は結構日本とつながりがあるんです。

西寧市で開かれた観光プロジェクトに参加したところ、
日本語が話せる中国人が2,3人。聞けば、日本へ留学したことがあるとのこと。

また、ここには大学以外にも日本語教育の施設があって、
そこから日本の某大学へ留学する制度もあるらしい。
私の同僚の一人もこの教育施設で勉強し、日本の大学へ留学した1人。

ここの名前を聞いたこともなかっただけに、日本語が話せる人がいることにまずびっくり。
そして、日本への留学経験を持つ人がいることにさらにびっくり。

今、西寧市では2つの大学に日本語を専門とするコースがあり、その他、
第二外国語として勉強するコースを持つ大学が1つある。
そして、大学以外の日本語教育施設が1つ。

これが今後どのようになっていくのか、まだよく分からないけれど、
青海省西寧市、意外と日本とつながっています。
ちょっとは身近に感じてもらえればなぁなんて思います。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加