今夜も力うどん after

ミュージシャンMaysicoが綴るその後のいろいろ。麻布十番エリアにあるサックス教室アレイアミュージックカウンシル主宰。

逞しく、たまらなく魅力的になっていたかつての生徒さん

2024-03-17 17:47:22 | 音楽

2024年2月12日に28周年を迎えたサックス教室。
小さな教室だが、長い年月の中多くの方々との出会いと別れを続けてきた。

2007年頃だったか、大学を卒業して間もない長身のMちゃんが入ってきた。
3~4年ほどの在籍後、結婚をきっかけに教室を離れていったが、彼女のケッコンの縁はひいては私が連れてきたともいう。
ほんとうに偶然。まるで映画のようなストーリーで、教室の伝説のひとつかもしれない。

彼女と夫となった人は、一般的な話でいえば、エリートで華やかな世界の方。
結婚早々アメリカへ、帰国して数年、再び4年間のアメリカ生活を経て一昨年帰国していた。
その間もメールやLINEで時折連絡を取り合い、可愛いお嬢さんふたりと教室に遊びにも来てくれた。

素晴らしい快晴の土曜日、レッスン前に教室近くで久々の再会をした。
朝9時集合!!麻布十番というオシャレな街だっちゅーに、朝早すぎてナントカバーガーへ。
2児の母には見えない相変わらずのスタイルの良さ、がっつり食べる印象はなかったが、Mちゃん「朝から食べますよ~フルセット!!(でもこの後、また実母とランチ)」だと。
いいぞいいぞ、ということで二人分の食事と飲み物を豪快にテーブルに並べ、おしゃべりがはじまった。

Mちゃん、今話題の大谷翔平夫人に似ている。
当時からいつも自然体で気負うことなく生きていた彼女だが、17年の年月を経て、完璧に自分の言葉で、考えで実に楽しく豊かな時間を作ってくれる女性に成長していた。
特にアメリカでの主婦&母として、「やるしかない」生活で、逞しさや知恵、幸運に感謝すること、ギャグに変えることなど、枚挙にいとまないさまざまなことを身に付けてしまったようだ。
でもそれは、経験をする受け手の感性あってこそ。
レッスン開始の12時ギリギリまで、Mちゃんの話に耳を傾け、お互いの会話のキャッチボールをしたのだった。
「今度はランチですね!!」

書いてしまえばなんということはない。
しかし私がどれだけの幸せな気分をもらったか。
そのことを書いておきたかった。
嬉しかった。


Yellow Carnaval

2024-03-13 17:21:02 | 音楽

Yellow CarnavalというタイトルのFunk調のオリジナル。
書いたのは20年以上前だが、複数管でのアンサンブルテーマもあって、”みんなで”よく演奏をしてきたが、ちゃんと録音していなかった。
一昨年、まだまだコロナ禍残像の頃レッスン室でひとり黙々と録音した。
サックスはすべて私。
ドラム、ベース、キーボードトラックは、打ち込み。
作ってくれたのは、藤本淳也さん。あ、トロンボーンも!マルチプレイヤーの藤本君なのだ。
ベースは、この数年私の音楽活動には欠かせない、バンド「雑団」のベーシストでもある田代卓。
ギターは今は東北の地に暮らす、友人のギタリスト小野寺敏文さん。
一度も誰とも会わずに完成した作品です。

ちなみに、ロングベースソロの後のホーンリフはめちゃくちゃ不思議なタイミングで、
小節線を跨いでのタイは普通だけど、小節線を跨いでの3連符ってなかなかない?!

実はタワーレコードオンラインサイトで単体販売しています。

https://music.tower.jp/artist/detail/2002277421
よかったら是非ポチっとなを!!
フルサイズ試聴も実はYouTubeにあって、これ聴いたらわざわざポチっとはしないか...(笑)とは思うけど、こちら。

Yellow Carnaval


光と影あってこその街並み

2024-02-03 00:14:40 | いろいろ

都心。港区。教室周辺は、昨年から工事、工事、工事。
再開発という名のやたら高い高い物体を建てる、建てる、建てる。
解体という名の破壊。
かつての建造物たちは、
廃棄物として産廃場へと連れて行かれたのだろう。
あっという間に何事もなかったように更地になり、
もうすぐ基礎工事という名の土堀りが始まる。

最寄り駅からの道中には、表通りの喧騒とは一線を画す静けさと日々の暮らしがあった。
古くから続く街並みがあった。
一歩路地を入れば、時が止まったような風景と影があった。

光は暖かく、有り難く、なくてはならないものだが、
それを引き立てるのは影(陰)でもある。
日差しを避けるため逃げ込む先は、日陰。

陰翳礼讃という名著があるが、かつてこんなにコントラストを失った時代があるだろうか。
モノクロ感をすっかり失い、風情も粋もたたずまいもあったものではない。

電車に、バスに、新幹線に、飛行機に乗ってスマホ。
食事をしながらスマホ。
待っている時間にスマホ。
寛ぎの時間にスマホ。
そして歩きながらさえ、スマホ。
顔を上げ、空気を感じ、周りの風景を、変化を。
この目で、耳で、ものを見て聞いて、何かを感じているだろうか。
育つ環境や日々を暮らす風景が、人間の感性にどれだけ大事か。
やがてこの国で映画や写真は撮れなくなってしまう。
光と影あってこそなのに。


長らく中断しましたが戻りました。

2024-01-10 15:45:00 | 音楽

3月は母の誕生日。
父亡き後、毎年この日は姉と3人で賑やかに過ごすのが恒例。

ついこの前くらいの感覚の昨年の春も、姉がケーキを持参してくれ、
夜は近くの居酒屋でお祝いをした。
いつもと変りなく穏やかに笑って元気に過ごした。

唯一ふだんと違っていたことは。
母の家に来るたびに買ってきてくれる姉こだわりの高級コーヒーを
この日に限って1年分持って来てくれたこと。
でも、「なかなか来れないから、まとめ買いしただけ~」
そして、それが姉が母の家に来た最後になってしまった。

その半月後、姉に末期がんが見つかり、頑張ったのに、
3ケ月後には旅立っていってしまった。

あまりにも突然で、茫然として、未だに心から泣いたことがない。
唖然として涙が出なかった。

そんなことがあった一年だった。
風のように。そんな曲を作った。
昨年の数少ないライブでいちどだけ演奏した。
風のように、を感じてもらえたらウレシイです。デモ音源です。

またぼちぼち書き続けていきます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 


サックス(音楽)レッスン生募集@麻布十番・赤羽橋タワーマンションの囲まれた都会の音楽教室

2023-09-02 22:18:56 | ノンジャンル

1996年の創立以来、27年目シーズンを走り続けているサックスをメインとした音楽教室、
アレイアミュージックカウンシル。
レッスン室は、南北線麻布十番(徒歩5,6分)、大江戸線麻布十番、赤羽橋(両駅から約徒歩7,8分)
年月の経過とともに、周囲に2つのタワーマンションとさらに三田郵便局跡地に建設(現在も進行中)された
ラグジュアリーなマンション。
数年後の完成を目指し、現在地域の解体・聖地中の近隣一体にはさらにタワーマンションが。
そんな都会の真ん中にある「小さいおうち」的存在です。

主宰は、サックス奏者、作編曲家であるMaysico(メイシコ)こと河口実知子。
創立当初から一貫して、「習うだけでなく、演奏できるようになろう」をモットーに、
オリジナルのトレーニングツールと、あらゆるジャンルの練習素材曲、
音楽の歴史、時に理論的なこと、雑学まで、音楽が好きでたまらない主宰者のカラーと信条が特徴の
”ありそうでない”音楽教室です。

サックスレッスン生だけでなく、ボーカル、キッズコースなど、
それぞれもユニークな内容のレッスンや、
河口も生徒として、希望者によるベース教室(講師:田代卓)も実施中です。

交通至便。
とくにタワーマンションはじめお近くにお住いの皆様にとっては、
すぐそこにある、Enjoy Music!!の場所です。

体験レッスン(無料)を含め、レッスン生を募集しています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
問い合わせは当ホームページのこちらをご利用ください↓
アレイアミュージック問い合わせフォーム
https://areiamusic.com/contact/