MAYU CLUB ~まゆみの絵本棚~

絵本の読み聞かせの魅力を伝えたい!学ぶことにおいて生涯現役であり続ける、2児の母の活動&育児記録です。

絵本の読み聞かせの“MAYU CLUB” ~まゆみの絵本棚~ へようこそ!!

“MAYU CLUB” ~まゆみの絵本棚~ は子育てをきかっけに絵本にハマったまゆみの読み聞かせに関するブログです。 元気いっぱいな小1の娘と小6の息子に家庭で絵本を読み聞かせをする二児の母。今年度から小学校の図書室で司書として働いています。

便利!絵本リビングに無印のファイルボックス

2018年12月30日 | 絵本とインテリア
久しぶりの更新です。

2学期の仕事が終わり、自宅の大掃除もほぼ終わり、ホッとしています。
今は毎週あるブックトークの本を読んだり、原稿を書くのが忙しく、
なかなかブログを更新できませんが、時間ができたときに書けたらと思っています。

散らかすのが大好きで、片づけるのが苦手な子供が二人いるので(大きな子供も含めると3人?)
片付けても片づけても部屋が散らかり、最近は半ば片付けについては諦めモードでしたが、
やっぱりキレイにすると気持ちよく、部屋の中の空気も変わり、くつろぎ感も増します。



丸テーブルの下に、キャスターを付けた無印良品(以下無印)のファイルボックス(ホワイトグレー)を忍ばせてみました。

我が家はロースタイルなので、わざわざ立って物を取りに行くのが億劫で、
テーブルの上にあれこれ物を置きがちになります・・・

そこで、無印から既存のファイルボックスにキャスターを付けられるようになったことがわかり、
試しに買って使ってみたところ、とても便利で、少しずつ増やしていきました。

私が座っている座いすのすぐ近くに、キャスター付きのファイルボックス(ワイドで高さは半分)に、
基礎化粧品、ハンドクリーム、文房具、ミニごみ箱をセットしているのですが、
これがすごく便利で、座いすに座りながら、ほとんどの仕事が座ってできます(笑)

普段は丸テーブルの下に隠しておき、使うときはテーブルの下から出す・・・
キャスターの音も静かで、床に傷がつくような感じでもないです。

私は以前から無印のファイルボックスは収納の中で使っていたのですが、
リビングの外で使うことはほとんどありませんでした。

しかし、子供の勉強道具などを、絵本棚に入れておくと
なかなか子供が自分から手に取ってくれないので、持ち手のあるファイルボックスに入れて
子供がいつも座る場所に置くようにしました。

画像には写っていませんが、いつもは上の子が使っている机の下に置いてあり、
勉強するときは丸テーブルのところに持っていきます。
キャスターを付けているので、持っていくのも楽チンです。

画像に写っている、高さの低いのは、ポリプロピレンの収納キャリーボックスのワイド。
(正式名を始めて知りました)

ここに文房具などを入れて置くことで、ご飯の時は鉛筆や消しゴムなどを、
すぐに片づけられるように。
キャスターもつけたので、使っていないときは丸テーブルの下へ入れられます。

メモ帳や、食後に飲む薬なんかもいれて、子供達がよく使うもので、
テーブルの上についつい置くものを、ここに片づけるようにして、
食事の時に机が散らからないようにしています。

まだ床にあるものを口に入れてしまう子がいる家ではちょっと難しいですが、
小学生以上の子がいる家で、ローテーブル生活なら、この使い方はお勧めです。

ちなみに、子供のファイルボックスは半透明を使用。
ホワイトグレーだと、ファイルの中に中に何が入っているかわからなくなるので、
ちょっとゴチャッと見えても、入っているものが分かるほうがいいです。

鉛筆などを入れているキャリーボックスはホワイトグレー。
こちらは半透明でなくても、中に何が入っているかわかるので、
外から見たときに中身が透けないタイプにしました。

丸テーブルでいろいろな作業をすることが我が家は多いので、
やっぱりよく使う場所に、よく使うものが置いてあると便利だなぁ~と思いました。

ホワイトグレーは、最初抵抗のある色だったのですが、
意外とウッドとの相性がよく、少しずつ取り入れています。

ただ、個人的には半透明の方が優しい雰囲気があって好きです。
半透明は生活感が出るけれど、どこに何が入っているかがよくわかるので・・・

今回は絵本インテリアでなく、どちらかというと、机の上でやる宿題などのイメージが強い
インテリア収納の話になってしまいましたが、小学生の子をもつ家では、
リビングで勉強をすることは多いと思うので、少しでも参考になればうれしいです。

今年も1年スローペースな更新でしたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もこんな感じだと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ いつも応援ありがとうございます。またもやすっかりご無沙汰でしたが、このブログを陰ながら見守っていきたいと思う方、どうか応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)
コメント

絵本リビングに無印の座椅子(小)が仲間入り

2018年09月05日 | 絵本とインテリア
子ども達の学校が始まり、私の仕事も始まり、バタバタしていますが、
たまにはゆっくりする時間を・・・と思い、ブログを書いています。

前回のブログ記事にも書きましたが、(1)廃盤になったダメソファミニの代わりになるものを、
半年以上探した末、やっとみつけて購入しました。


丸テーブル用でなく、PCデスク用。日々の読書もここで。

無印良品の座いす(小)です。

ネット上にあまり情報がなかったので、無印の座いすについて、少し詳しく書きます。

背もたれの高さの記載がネット上ではなかなかなく、
座り心地も試したく、座いすをいろいろな店舗で探していたのですが、
かなりの大型店舗でないと置いていないので、試しに座るのは諦めて、ネットで購入をしました。
(基本的にはいつも、現品を確認して、購入するタイプなのですが・・・)

カバーは本当は部屋の雰囲気からして、生成がよかったものの、

「生成だと絶対子供達が汚す!!!」

と思い、少しくらいですが、綿平織ベージュにしたところ、やはり正解でした。

少し暗いベージュですが、届いた当日、カバーをかけたあとに、家の洗濯を干していたら、
試しに座ってみようと思っていたところ、
息子が勝手に座り、座いすのカバーにジュースを思いっきりこぼしました・・・

届いた初日に、しかも私が座る前に、前もって座いすには座らないよう言っておいたのに、
子どもとは、こんな生き物ですです(笑)

カバーは綿ですが、頻繁にガンガン洗える素材ではなさそうなので、
「汚れても目立たない」は、我が家では優先順位が高かったです。

最近はパソコンをするときに、背もたれができて楽になりました。
あと、低反発座布団に座ると底付き感がありましたが、
座いすには底付き感がないので、この点は見事クリアしています。

しかし、ダメソファのときのような、フィット感はなく、少し硬い座り心地なので、
座いすは「ソファ」ではなくて、「床専用椅子」なんだと思いました。

といっても、床にそのまま置いて使うと、リクライニングの金具の傷がつく可能性があるらしいので、
「床専用椅子」とは言い切れないかもしれませんが・・・(プレイマットの上で使っています)

大きいサイズ方が、子供と一緒に座れるらしいので、読み聞かせの時にいいかな~と思ったのですが、
大きいサイズはPCデスクに入らないので、デスクに入る、小さい方をチョイス。

背もたれは、高さが44センチくらい。
私が座ると、背もたれの上は、肩甲骨の下くらいでしょうか。

首まで座いすの背もたれに支えてもらおうと思っていなかったので、
小柄でやせ形の私には、小さいサイで丁度よかったです。

リクライニングをフラットな状態にして、私が横になることもしばしば。
当然足が出たりしますが、足は低反発マットに乗せればいいので、
寝ているときの背中を、座いすがしっかり支えてくれるので助かります。

リクライニングをフラットにした状態で、娘と一緒に座ることもあります。

背もたれは肩ぐらいまで、親子で座りたいとなると、大きいサイズの方がいいかもしれませんが、
圧迫感が苦手、子供や小柄な女性用と考えると、小さいサイズで十分そうです。

本当は家族でゴロっとできる、無印の定番のダメソファ(65センチ×65センチ)も考えたのですが、
ちょっと我が家には大きすぎます。

廃盤になった55×55センチのダメソファミニなら、許容範囲なのですが・・・

今出ているダメソファのミニサイズは、45×45で、悪くはないのですが、
カバーがブラウンなど濃い色が多く、埃が目立つので見送りました。
埃が目立つと、コロコロなどでとる手間が増えてストレスになるので・・・

なかなかピッタリの条件のモノはありませんが、
今は、新しくやってきた座いすの小サイズに満足しているので、
しばらくは新しい家具は買わずに、現状維持で過ごしてみようと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ いつも応援ありがとうございます。すっかりご無沙汰でしたが、たまにでも書けたらと思っています。どうか応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ 丸木俊 作・絵『ひろしまのピカ』小峰書店、1980年。
「娘のリクエスト。最近この絵本の存在に気がつき、リクエストしてくるように。絵がいろいろな意味ですごい。古さを感じず、伝わる絵本。」

★ リダ・フォシュ 文/ フェードル・ロジャンコフスキー 絵/ いしいももこ 訳 『野うさぎのフルー』 童話館出版、2002年。
「字が多く、読むのに20分はかかる絵本。長いが、石井桃子の訳が美しく、世界観も素晴らしい。家で親子で読むのにピッタリ。」

※サラ・ペニーパッカー 作/ ジョン・クラッセン 絵/ 佐藤見果夢 訳 『キツネのパックス 愛をさがして』 評論社。
「自分が読んだ本。戦争をきかっけに、仲良しのキツネと男の子が離れ離れになってしまう。その後二人は再会できるのか?!海外の人は戦争をどんな風に思っているか?戦争をテーマにしたブックトークで紹介したい本。」(児童書)

【注】

(1) 過去ログ「久しぶりの絵本リビング」
コメント

久しぶりの絵本リビング

2018年08月22日 | 絵本とインテリア
ご無沙汰しております。

今年の4月から小学校で司書の仕事を始め、
プライベートの時間を読書に充てることが増えたため、
なかなかブログを書く時間が作れませんでした。

夏休みはお休みが少しあるので、その時にゆっくり書こう!!

と思っていたのですが、子供たちの夏休みの宿題のフォローなどで忙しく、
思いのほか時間が取れず、あっという間に夏休みが終わろうとしているところです。

2学期が始まる前に、ブログを更新したい!!

と思い、久しぶりに絵本リビングの写真を撮りました。


丸テーブルがない状態の絵本リビング

プレイマットは一部残しています。
これがあると、子供がかんしゃくを起こしたりしたとき(ドンドンしたとき)
下の人に迷惑をかけにくいので、重宝しています。

ちょっと横に寝転がるときなども、床にじかに寝るより楽。
娘もよくゴロっと寝っ転がっています。
子どもと一緒に絵本を読んだりするのも、このプレイマットの上が多いです。

ラグのある生活に憧れるのですが、夫と息子が喘息持ちなので、
ハウスダストが出にくいプレイマットは重宝しています。

子どもが何かをこぼしても、サッと拭けて楽なので、
もうしばらくお世話になる予定です。

ちなみにいつも置いてあった丸テーブルですが、
ここ数日お手入れするため、別の部屋に移動させてオイルメンテナンスをしていました。

今日、やっとリビングに丸テーブルを戻したので、その画像を紹介します。


やっぱり我が家の絵本リビングには、丸テーブルがしっくりくる

ヒノキのテーブルということもあり、テーブルの表面は傷だらけで、凹凸が目立つのですが、
ここまで傷があると、子供がうっかり傷つけたり汚しても、目くじらを立てないで済みますし、
下敷きをしないで書き物をしても気にならないので、長く付き合っていこうかと思っています。

我が家はやっぱりロースタイルが落ち着きます。
ダイニング導入も考えたのですが、目線が高くなると、
キッチンのシンクの中が見えたりして、落ち着かなくて・・・

床は腰によくないかな?と思いながらも、
夫も息子も娘も、床でゴロゴロが大好きです。

ソファで寝転がるほうが楽かもしれませんが、
ソファあると、狭い部屋がさらに狭くなるので、置いていません。

以前は絵本リビングに無印のダメソファがあったのですが(1)、
娘がジュースをこぼしてしまい、ビーズクッションの中にまでジュースがしみ込んでしまったので、
泣く泣く処分しました・・・

ダメソファの代わりになる、簡単に動かせる小ぶりなソファ(座椅子)を、探している最中です。

狭い我が家では、大きな家具を購入するのには、かなり慎重になります。
けれど、衝動で買ってしまい「狭い!!」と感じながら生活をするのは嫌ですし、
手放すのは難しいので、購入には慎重なくらいがよさそうです。

ちなみに、絵本リビングに私のノートPCと、ノートPCを置く机が置いてあるので、
その画像も載せておきます。


この画像が普段のリビングの様子に一番近い 座布団が敷いてあったり、カバンが置いてあったり・・・

こんな感じでノートPCや、カバンが置いてあったりします。

画像にうつっている低反発の座布団が、実際は7枚あり、
その座布団を好きなところに敷いて、子供たちは座っています。

丸テーブルだと、インテリア的には丸い座布団がオシャレなのですが、
実用的なのは、やっぱり四角い座布団です。

座布団をつなげて足を伸ばしたりできますし、5,6枚つなげれば
ゴロっと寝ることもできます。

座布団カバーも四角だと手作りしやすいです。


働き始めてからは、画像の状態を保つのが難しく、
片づけてから寝ようと思っても、あまりに散らかっており、
なかなか片づけられないことも多いです。

けれど「それもあり」と割り切って過ごしています。
多少散らかっていても、絵本は読めますしね(笑)


最近は息子がリビングの机で勉強をしているので、
その時間はリビングで娘に絵本を読むことができません。
(そう、リビングに椅子と机がやってきました。このことに関しては後日つづりたいと思います)

なので、絵本タイムが少し減ってしまったのですが、
寝室へ移動して絵本を読んだりしています。

私が疲れていて、読むことができないこともしばしば・・・

けれど、リビングに絵本があるので、懲りずに娘は持ってきます。
「今日は絵本、勘弁して~」と思う反面、懲りずに持ってきてくれることを
ありがたく思うこともしばしばです。

そうじゃないと、いつの間にか読まなくなってしまう気がするので・・・

リビングに絵本が並んでいるのは、我が家にとってはいいことだと思っています。


小さいと思っていた子供達も、小6、小1となりました。
絵本リビングもあと少し。

子ども達と楽しい時間を、このリビングで過ごしたいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ いつも応援ありがとうございます。すっかりご無沙汰でしたが、たまにでも書けたらと思っています。どうか応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

(1)過去ログ 「絵本リビングに無印のフィットするソファが仲間入り

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ 島田ゆか 作・絵 『バムとケロのにちようび』 文渓堂、1994年。
「娘が大好きな、バムとケロのシリーズ。細かい絵が楽しい絵本なので、集団より親子で楽しむほうがおすすめ。」
コメント (4)

【画像追加】絵本リビングが学習リビングに?!

2018年04月16日 | 絵本とインテリア
久しぶりのブログ更新です。

今月初め、無事娘が小学校へ入学しました。

子ども達が二人とも小学生になったことをきっかけに、
私も念願の司書の仕事を始めることになりました。

今日は仕事のない日なので、久しぶりに部屋を片付け、模様替えも少しだけしました。


丸テーブルの下のプレイマットを、少し窓際へ。

模様替えした個所は、キッチンカウンターの下にある、絵本の表紙が見える本棚のところです。

今は絵本ではなく、小6の息子が塾で使っている参考書やテキストなどが、
表紙の見える絵本棚のところに置いてあります。

実は、絵本や本を絵本リビングにディスプレイすると、息子の気が散ってしまい、絵本や本を手に取ってしまうため、
やむなく絵本の背表紙が見える飾り方はやめ、テキストや参考書の表紙が見え、
いつでもテキストなどをとって勉強できるコーナーにすることになりました。


左側一列が娘の勉強関係の本、他はすべて息子も勉強関係のテキストやノート。

これでは、絵本リビングではなく、学習リビングですが、
娘は絵本の表紙が見えなくても、絵本棚から絵本をもってくるので、
しばらくはリビング学習好きな上の子に合わせて、様子を見ようと思います。

本当は絵本の表紙を見せたいのですが、歳の離れた兄弟がいると、できないこともたくさんあるので、
どこかを妥協して、うまくやっていくしかありません。

毎日床に、塾のテキストやノートがが散らかっており、塾に持っていくテキストも把握できず、
自分で物の管理ができなかったので、表紙の見える絵本棚は整理整頓に一役買っています。

あと1年もすれば息子は中学生。
その頃には個室で勉強すると思うので、学習リビングも1,2年の辛抱です。

今日の画像のように、絵本棚に絵本はたくさん入っているのですが、
やはり表紙が見えないと、絵本がそこまで主張してこないような気がします。

書店などに行っても、表紙が見える絵本は目立ちますが、
本棚に入っている絵本は、薄いものだとあまり目立ちません。

なので「季節の絵本」のコーナーを作って、
今が旬の絵本をとりやすくする仕組みを作っているのですが、
なかなか手に取ってくれず・・・

やはり表紙が見えることは大事だなぁとつくづく思いました。

娘はまだまだ絵本を読みたい年齢なので、息子の学業に支障が出にくい
絵本リビングにしていくことが、この1年の課題と言えそうです。

絵本リビングも、子供の成長とともに、形を変えていくんだなぁと思いました。
そう思うと、絵本関係の家具は、動かしいやすかったり、他の用途にも使えるものが
長く愛用できると思います。

表紙の見える絵本だなは、子供が絵本を卒業したら、
雑誌などを入れる予定だったのですが、その前に塾のテキストなどが入るとは思ってもいませんでした。

こんな使い方もできるのだなぁと・・・

娘が絵本を卒業したら、リビングに置く絵本はだいぶ減ってしまいそう泣きがしますが、
いつも絵本が見守ってくれるような、温かい雰囲気は残したいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ いつも応援ありがとうございます。忙しくなってきましたが、マイペース更新をしていこうと思うので、ぽちっと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ エドワード・アーディゾーニ 作/ 瀬田貞二 訳 『チムとゆうかんなせんちょうさん』 福音館書店、1963年。
「娘の強いリクエストで再購入したチムのシリーズの一冊。小学校での読み聞かせにもぴったり。読むのに約10分」(絵本)

★ エドワード・アーディゾーニ 作/ あべきみこ 訳 『時計つくりのジョニー』 こぐま社、1998年。
「チムの作者と同じ人が書いた絵本。エジソンのようなタイプの子に読んであげたい。小2~小3くらいがベスト。少し長い」(絵本)
コメント

絵本リビング模様替え ――小学校入学に向けて

2018年03月04日 | 絵本とインテリア
娘の幼稚園卒園&小学校入学が近づいてきたからか、
毎日イレギュラーな用事が多く、忙しい日々を送っています。

小学校に入ったら、娘がランドセルを置くコーナーを作ってあげたいと思っていたのですが、
バタバタしており、なかなか実現しなかったので、
先日の平日休みに、思い切って絵本リビングの家具を動かしてみました。


絵本棚が2つ減ったことで、絵本リビングが少しコンパクトに・・・

最近は絵本リビングの写真を、なかなか紹介できませんでしたが、
昨年末からプレイマットの面積が半分になりました。(1)

もう10年近く、絵本リビング全面にプレイマットを敷いていたのですが、
この冬は「床暖房を使いたい!」という子供たちの強い要望があり、
昨年末にプレイマットを半分はがし、今まで使っていなかった床暖房を使うようになりました。

ガス代は月に+3,000円UPしましたが、
エアコンを全く使わないで過ごすことができたのでよかったです。

本当はプレイマットを全面はがしたほうが、スッキリするのですが、
まだ子供たちがドタバタすることもあるので、
そういう時はプレイマットに移動してもらっています。

プレイマットの上はひんやりしないのでラグ感覚。

本当はラグを使いたいのですが、まだまだ食べこぼしも多いので、
もうしばらくは見た目よりも実用重視です。

ちなみに、減らした絵本棚は、リビングの近くにある納戸へ移動させ、
娘のランドセル&教科書置き場となりました。

納戸は今まで公開したことがなかったのですが、今回ちょこっと公開します。


我が家の1畳弱の納戸。絵本棚の上はランドセル置き場で、絵本棚の中に教科書を入れている。

我が家はキッチン横の廊下の向こうに納戸があるのですが、以前から納戸のドアをなくし、
オープン収納として使ってきました。

今までは息子のランドセル&教科書、ハンガーラック置き場だったのですが、
これからは娘のランドセルと教科書も置けるように・・・

お菓子などを入れているカラーボックスも置いていたのですが、
カラーボックスは処分し、無印の木製フックをつけて、つるす収納を作り、
そこにお菓子などを入れるようにしました。

娘の小学校入学にむけて、ランドセル&教科書置き場を、
なんとか確保することができ、ホッとしています。

子供たちの成長に伴い、今後は今まで以上に物が多くなりそうですが、
これからもよく読む絵本は、リビングに置き続けたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ いつも応援ありがとうございます。少しでも絵本リビング等のインテリアが参考になった方は、ぽちっと応援お願いします♪

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ アルビン・トゥレッセルト 作 /ロジャー・デュボワザン 絵 /三木卓 訳 『せかいのはてってどこですか?』 童話館出版、1995年。
「娘がリクエストしてきた。「井の中の蛙」の意味がよくわかる絵本。小4以上のよみきかせにお勧め。」(絵本)

【注】

(1) 過去ログ 「今年もよろしくお願いします」 参照。
コメント