お出かけ日和

お出かけの記録がメインです

父の一周忌を終えて〜亡き両親との思い出にひたる〜

2017年12月07日 | 供養関係

2012年12月9日

ガン発見から4ヶ月。

肝細胞癌との闘いの末、母は静かに息を引き取りました。(享年70歳)

かあさんの最期は在宅で…

と、父(当時85)の強い希望もあり、すぐさま、在宅看護に変更。

自宅へ帰れた時の母の嬉しそうな顔は今でも忘れられません。

夜は父が一人で母の看病をし、日中は私が実家に出向き父と交代。

次第に痛みが強くなり、七転八倒する母。
それでも母は、

入院は嫌!

と、入院を拒み続けました。

お医者さんや看護師さんのサポートもあったので、亡くなる一週間前まで、母は、大好きな自宅で過ごす事ができました。

しかし、亡くなる一週間前、あと少しいうところで母の容体が急変。

在宅看護は難しい状態になり、結局、入院させる羽目に…。

母は、自分の余命を最期まで知らないまま、天国に旅立っていきました。

辛く、悲しい別れでした。


そしてここから、

遺された父(当時85歳)の独り暮らしが始まりました。

その日から、私は実家に通い、時には電話やメールで、父の無事を確認してきました。



そんな父も、母が亡くなって四年後の、
2016年8月21日にパーキンソン病が発覚。

日に日に筋肉が麻痺し、食事も水も禁止。

飲まず食わずのまま、骨と皮になり、

2016年12月8日

母と同じように、闘病から約4ヶ月後、母が待つ天国へ旅立っていきました。

どんなに辛い時でも弱音を吐かなかった父。
今でも尊敬しています。

どんなに辛い時でも笑っていた優しい母。
今でも尊敬しています。

二人とも、本当にありがとう!

二人がいなくなってから、孫が二人も結婚したよ!結婚式に出て欲しかったなぁ。

準備も着々と進んでいるよ。
着物たくさん作ってくれてありがとう。


良い機会なので全部出して虫干ししているよ。
これからも孫達を見守っていてあげてよね。




…失くしてからわかる 親のありがたみ…

私は、二人のように 尊敬される親になれるだろうか?



2017年12月3日は、そんな父の一周忌でした。

亡き父のケータイの電源を入れてみたところ、

私からのメール、そして、父が打った返信がちゃんと残っておりました。


2014年の父との思い出のメールがこれ。

緑の文字が私、白文字が父からの返信です。



毎回、同じようなやりとりですが、



思い出に、いつまでも残しておこうと思います。





父は、パソコン、ケータイが得意でした。



メールは、父が病に倒れた、2016年8月まで続きました。



デイサービスでもらった献立表に印をつける父。(当時85歳)



父は、クソ真面目で大変几帳面な人でしたので、いつでも必ずハンカチを持っていました。



病に倒れるまで、部屋はもちろん、台所も水回りもいつもピカピカでした…



パーキンソン病にならなければ、

きっと100歳まで生きたと思います…。

戦争中、酷寒のシベリア、そして満州で三年半を過ごしてきたせいか、精神的に強い父でした。

父は、定年まで、某 新聞社で働いていたので、文字を書く事に対しては、とにかくうるさかった。


病に倒れた2016年8月で途切れたメール…


いつまでもそのままに…



コメント (8)

父の一周忌〜穏やかで良いお天気でした〜

2017年12月03日 | 供養関係
今日は、亡き父の一周忌法要でした。

法要の後の御斎は、風情豊かな

黒茶屋へ!



2回目の利用ですが、とても素敵なお店です。

長男のお嫁さんは、ちょっと緊張気味…



父方の従姉(茨城県)と会うのは一年ぶり。

笑顔が可愛いお姉ちゃん(61)大好きです〜〜!
横にいるのは従兄(63)



父方の従姉たちは皆若く見えます。


母方の、お祭り好きの叔父(74)が献杯の挨拶。



父を偲んで、思い出話をしました。



24名で約2時間。

楽しいひと時を過ごしました。

亡き父と亡き母の命日は1日違い。
来年は父の三回忌と母の七回忌を同時に行う予定です。
コメント (6)

今日はお墓参り〜父の新盆〜

2017年07月09日 | 供養関係
13日からお盆。

2016年12月に亡くなった父の新盆です。


東京のお盆は7月13日から。

少し早いですが、今日は、親戚たちが我が家にやって来ます。

その前に、お墓で合流し、お墓参りをしてきます。

妹とは、娘の結婚式以来会っていないので、約2ヶ月ぶりの再会。

相変わらず、マイペースな妹です。


では、支度してでかけてきま〜す!



…昨日の軽井沢は、運転手だった為、ほとんど写真が撮れず。

アウトレットにも寄ってきました。
軽井沢も暑かった〜。



コメント (18)

亡き両親に会いに〜お墓まいり〜

2017年06月06日 | 供養関係
月命日には少し早かったのですが、お天気が良かった昨日、亡き両親のお墓まいりに行って来ました。



2012年12月9日

母(70)

肝細胞癌の為、発見から4ヶ月、闘病の末 亡くなる。


2016年12月8日

父(89)

パーキンソン病の為、発見から4ヶ月、闘病の末 亡くなる。


2人とも、病気がわかって4ヶ月で、サヨナラ…と、あちらの世界へ行ってしまいました。

父と母は15歳違いのおしどり夫婦でした。

先に、父より15歳年下の母が70歳という若さで亡くなり、ひとりぼっちになってしまった当時85歳の父。

父は潔癖症だったので、掃除洗濯に関しては毎日ぬかりなかったが、心配だったのは、食事が作れない事でした。

母が肝臓癌で入院してからは、私が父の食事の世話をしていましたが、母が亡くなってからは、介護保険を利用し、ヘルパーさんをお願いした事で、私の負担もかなり減りました。

父には、朝食はパン二個と、ヨーグルトとバナナを食べてもらうようにし、昼夜はヘルパーさんに食事作りをお願いしました。

洗濯は、父本人が、とにかく完璧な干し方で、日々奮闘してくれていました。

掃除も、病気で体が動かなくなるまで、毎日きちんとしてくれていたので、いつも、ホコリひとつない綺麗な実家でした。

そんな父も夏の暑い日、夜遅くから朝までの約10時間、台所へ続く居間で倒れていました。

前々から転ぶことが多かった父でしたが、倒れる1ヶ月前くらいからその症状はひどくなり、この日は全く自由が効かなかったようで。

いつもなら、何かあるとすぐに、ケータイから電話やメールをくれていた父でしたが、
それがこの日はそれができなかったみたい。
ケータイは、手の届かないベッドにありました。

翌朝、たまたま早く実家に顔をだした私が見たもの。
それは脱水で苦しむ父の姿。

すぐさま救急車で病院へ搬送するも、診断結果は

パーキンソン病!

毎月、かかりつけの医者に通院していたのに、その時病名はわからず…。

嚥下の状態も悪いとのことで、その日から亡くなる日まで、病気側からは一滴の水ですらだしてもらえませんでした。

しかし、家族の見舞時だけなら、プリンかヨーグルトはオーケーとの許しを得たので、プリンかヨーグルトを食べさせてあげたいがために、私は極力、病院へ通い続けました。

腹減った…

が父の口癖になっていました。
思いっきり食べさせてあげられない辛さを思い出すと、今でも涙が溢れて来ます。

そのうち、ガリガリにやせ細り、寝返りも打てなくなった父。
胃ろうはしない!と、拒否した父の意思をくんで、生きるためにした事、それは、高カロリー点滴。

パーキンソン病の進行で、そのうち言葉も聞き取れなくなり、入院から4ヶ月後、亡き母の元へ旅立っていきました。
なにもしてやれなくて本当にごめんなさい。


…母と、1日違いの命日。
両親のお墓まいりは、毎月欠かさず行ってます。
妹が来た様子はいつもないんだけどね…。

その代わり、私の両親の墓のすぐ近くに、お父様のお墓を建てた友人が、たまにお参りを、してくれます。本当にありがたい事です。

いつもありがとうございます!

昨日のお墓まいりは暑かった。





パパ、ママ、元気でやってる?

娘が結婚したよ!長男も来週入籍だよ!次男も彼女と上手くいってるよ。見守ってあげてよね。

ママ、生きてたらまだ75歳だったんだよね。これから一緒に旅行たくさんしようと思ってたのに残念だよ。パパと仲良くやってる?又、ガミガミうるさい亭主関白オヤジになってる?ママはそれでもいつもニコニコ笑ってたよね。でもね、ママが亡くなってからの4年間、パパはかなり丸くなって、とても素直で、とても優しいかったんだよ。1人にさせてしまってかわいそうだったなと思うよ。反省してももう遅いけどね。ママの指輪、パパのケータイに時計を見ると涙が出る時があるよ。2人に会えないのは寂しいけれど、私はまだまだ頑張るよ。お墓まいり又来るからね。みんなの事見守っていてね。バイバイ、パパママ。



お墓まいりから帰ってから、改めて仏壇に手を合わせました。

パパママ、やっぱり2人に会いたいよ…



亡き父から電話がかかって来ることは…
もう二度とない



私は、

今を生きる…
コメント (6)

準備完了〜日曜日は四十九日法要〜

2017年01月20日 | 供養関係
毎日、寒いですね〜。

東京は雪予報が出ています。
今朝、雪がちらつきましたが、現在は降っておりません。このまま降らないで〜。

しかし、気温が低く湿度が高いので、今夜どうなるか?心配です。


さて、

明後日、日曜日は、

亡き父の四十九日法要です。
今日はその準備をしておりました。

法要のお布施と、
位牌を作ったので、開眼供養料。
そして、墓石に戒名や俗名や没年月日を彫刻をしてもらったので、彫刻代もあります。

納骨もあるので、石屋さんに心付けも必要ですよね。

お坊さんはそのまま帰られるそうなので、
御膳料やお車代も…


そして、

お坊さんや親族にお持ち帰りいただく品も買ってきました。

お返しは又、後日、別に発送するとして、

とりあえず、当日のお持ち帰り品だけは先に準備をしました。



四十九日が無事に済んだら、香典返しを!
と思っていたので、その手配もして来ました。

皆さん、半返しで、
無難なところでカタログギフトにしました。



おかげで懐は

サムーーーイ!!!


頂いた香典というものは、
お返しやお料理でパッと消えてしまいますね。

葬儀代の支払いも終わり、
正に、葬式貧乏!です。


…何はともあれ、

明後日は粗相のないようにしなくては。
人一倍、人に気を使っていた父が恥じないように…。

お清めの席は、素敵な料亭を予約しました。

3500坪の敷地の中に佇む、素敵な料亭です。
お墓から更に車で10キロ走らなければならないんですけどね。

それでも親戚達は、いつも法事の後のこの席を楽しみにしてくれているようでして…

母の時に使った料亭の姉妹店を予約しました。


大赤字!

ですが、

頑張って法要を済ませたいと思います。



父の事が一段落したら…

いつもの私に戻って、

遊びに出かけますよ〜〜!!笑


又、いつもの私に戻ります。



あっ、今、北海道に住む友達からLINEが来ました。


ここ数日、羽田空港近辺に泊まっていた彼女ですが、今、徳島県へ飛んで行きました。

明日は息子さん(次男の同級生27歳)の結婚式だそうです。

おめでとう〜!幸せになってね!

いってらっしゃ〜い!!
コメント (18)

今日は迎え火〜東京のお盆〜

2016年07月13日 | 供養関係
東京は今日、

お盆の迎え火です。

日曜日、旦那と両家の墓参りへ行き、月曜日、実家へ行き、お盆の支度をして来ました。

母が亡くなって4回目の夏。

お盆の提灯など飾った仏壇の脇で、父は毎日寝ています。
もちろん、昼間も枕一つ持ってきて、仏壇の脇でゴロゴロしています。

母が生きていたら今年(早生まれなので来年3月)75歳。
父は今年89歳。

やっぱり、順番が違うわよね〜。
母は早すぎました…。


夕方、実家へ行ってきます。



コメント (20)

お彼岸~義父と実母のお墓参りへ~

2016年03月19日 | 供養関係
今日から三連休ですね。

次男は、志賀高原の焼額へスノボに出かけて行きました。



私をスキーに連れてって

という映画に出てくる焼額山。
原田知世ちゃんが年賀状を書くシーンのあのホテル。志賀プリンスホテルに一泊するそうです。

私もスキーに連れてってもらいたかったなぁ。


一人暮らしの長男は、今日から沖縄旅行!


ついさっき、「空港まで電車で行くよ!」
と、ラインが来ました。

高速道路は渋滞しているので、電車移動が賢明ですね。

2人とも、貴重な休みをエンジョイしてきてね。


さてさて、私の方ですが、

今日は旦那と娘と3人で、旦那の父親、私の母親のお墓参りへ行ってきます。

お墓参りのハシゴです。
道路混んでそうだわぁ。

お花の準備オッケー!!



しかしまだ2人は起きてこない…。

お墓参りが終わったら、旦那の買い物のお付き合いでアウトレットへ行く予定です。


お天気イマイチですが、お墓参りへ行ってきま~す!

皆さん、素敵な三連休を送って下さいね。
コメント (16)

親戚の7回忌~気温マイナス5度 寒~い~

2015年12月23日 | 供養関係
ルートイン渋川での朝。



山に雪はナシ!

シングルルームでグッスリ。
1人部屋は煩わしくなくていいですね。

午前8時 朝食はバイキング


叔父達は朝風呂に入った様子。
私はいいや。外はマイナス5度…。

チェックアウトして、



お寺へ向かいました。

叔母夫婦と、従妹の旦那さんと娘さんとパチリ。

とにかく寒い!!ロングダウンにすれば良かった!
フォーマル用のコートを持ってないので、今回はチェスターコート。笑



親戚の7回忌が終わり、車でお墓へ移動。

お参りをした順に、白い団子が配られる…
中身が入ってない月見団子のようなものだが、
皆、これが苦手……。

叔父



叔母夫婦



叔母と私



ん~~~!




墓参りの後は会食



従妹は、両親と共に、お酌にまわっていました。



従妹の次男(中1)。(長男は他界)
この子からは良くラインが来ます。
主に恋愛相談ですが。



従妹の長女(19)と、
ハトコの「キムタク」こと、木村たくや(本名)!笑



何故か、青椒肉絲と



酢豚も出てきました。


お腹いっぱい。


午後2時 おひらき。

午後3時半、自宅に帰って来ました、

父の代理での出席でしたが、知らない人とも話が出来て、充実した一日となりました。

それにしても寒かった。
スキー場を連想しましたよ~。


コメント (24)

明日(今日)は法事~群馬で前泊~

2015年12月23日 | 供養関係

夕方、自宅を出発。

叔父のベルファイアで、群馬県にある

ルートイン渋川

に来ています。

父の代理で、明日(今日)は法事。

母の義弟のお母様の7回忌ですが、お母様のお顔は見た事がある 程度…。

粗相のないよう頑張ってきます。


今夜は、母の弟と母の妹夫婦(一緒にゆず大根を作った叔母)と4人で、ルートイン渋川に宿泊。



叔父達とルートインの中で夕食。






つまみ系ばかり。笑

ワイワイガヤガヤ…。



独身の叔父が一番楽しそう!!
ビールを4杯も飲んでいました。



私は今夜はお酒遠慮しま~す。

1人部屋なのに、お風呂に入らず寝ちゃったら困るからね!

一応、部屋着に着替え記念撮影。



食後は、ロビーでコーヒーを飲んで…



母の妹夫婦の部屋で二次会!



私まだお風呂入ってないのに~!
まぁ、たまにだからいいでしょう。
皆、沢山話したいんでしょうね。



午後11時お開き!

つっかれた。

私はその後大浴場に行って…

帰りに販売機のビール…と思ったら売り切れ。

発泡酒を買ってきました~。



わぁ、もうこんな時間。


今日は法事。

ここから10分の距離にお寺があるので、チェックアウトの時間までゆっくりですが。


でも そろそろ寝なくちゃなぁ。




おやすみなさい。


あっ、叔母と合作。

ブロ友さんである、田舎親爺さんの美しい奥様 MKママからのレシピにて作った

ゆず大根!



上の写真の叔母が切る担当。
私は講釈担当でした。

MKママのレシピとちょっと違ってしまいましたが(ゆず絞った)おいしく出来上がりました!MKママありがとうございました~。




コメント (16)

びっくりポン!~母との再会?~

2015年10月14日 | 供養関係
今から2年10ヶ月前
末期癌の母と永遠の別れをしました。

火葬場で母を待つ間、浄土宗の僧侶が、

「49日までに必ず一度お母さんの姿でお別れに来る。その後はしばらく会えなくなるが、3年目を迎える頃、仏様になったお母さんがもう一度あなたの前に会いに来る。」

と、延々と死後の世界の話をして下さいました。私は、そんなの迷信だからと、たいして大きく受け止めていませんでした。

しかし、私も父も妹も…
49日までに一度だけ、生前の元気な母が夢枕に立ったのです。

夢ってすぐに忘れてしまうのだけど、その夢の光景だけは未だにしっかり脳裏に焼き付いているのです。

雨の中、私が車で母を迎えに行った。
すると、母は親友のTさん(お亡くなりになっています)と二人で私を待っていました。

そして私にいつもの調子で「ひっちゃん、荷物ここでいい?」と、後部座席に入れました。
私はすぐに「濡れてるんだからトランクに入れて!」と、天然で能天気な母に注意しました。
母は親友を車に招き入れ、いつものようにニコニコ笑顔で「あらそうなの~?」と、笑ってごまかしていました。

これが母の死後、初めての母との再会でした。

そして年月は流れ…
たまには母の夢は見ていましたが、ハッキリ内容までは覚えていません。

それが!

昨晩、夢枕にハッキリと母が現れたのです。

今度は観光地。
母の生前、祖母、母の姉弟夫婦、私の家族、妹家族、父など総勢17人の温泉旅行。
毎年必ず実行していたその旅行のシーンで、ハッキリとした母と再会したのです。

こちらに向かってくる母。
「ひっちゃん、これ持ってて!」
と、あっけらかんと能天気に笑う母の姿に、「失くすから自分のバックに入れときなよ~!」と叱る私。他のメンバー、誰一人として声を発しません。

もしかしてこれ、あの時僧侶がおっしゃってた事?

母はやっと仏になれたのかな?
やっと余裕が出てきたのかな?

朝ドラじゃないですが、本当に、

びっくりポン!や。


…今日父はデイサービスで留守ですが、気になって実家へ行ってきました。

仏壇の前に座り、母の遺影を見て、
「出てきたでしょ?」
と、話しかけると、パッと居間の方に人影が…

お化け~~!!

瞬間移動ではありませんが、そのすぐ後に座敷の方に人影が…いくらなんでも怖すぎる…

実は、我が家でも同じ現象があったばかりなのです。

料理をしていたら、キッチンのテーブルに母の姿が見えた気がして振り返ると、今度はリビングのソファーに母の姿を見た気がしました。

我が家に母が遊びに来ると、いつもキッチンまで私を追いかけてきて、リビングに座っればいいのに、わざわざキッチンのテーブルに座る。

「お茶持ってくからあっち座ってて。」

と、私が言うと、ニコニコしながら

「はいはい!」

と、リビングへ移動する。
毎回これが必ず繰り返されていたんですよね。

母、どこかにいるのかな?

なんだか不気味な話ですみません。
全てノンフィクションです。

さて、来月米寿を迎える父が、デイサービスからもらった敬老の日のお祝いプレート


母の遺影もと思ったけれど、今はちょっと不気味な感じなのでやめておきます。
代わりに、父が色を塗って額に入れたウサギ


皆さんはこんな経験ありませんか?

お父さん、お母さんに会いたくないですか?

わっ!
こんな時に妹からメール!
メールなんて二週間に一通くればいいくらいなのに…
これまた不気味だわ~!

なになに?
「今週末はPTAのバスツアーだからパパんち行けない!」か。
一ヶ月に一回来るか来ないかの妹だから、全くあてにしてませんよ~。

母は妹のところに会いに行ってるのかな~?
少しは妹を叱ってくれないかな。
まぁ、基本怒らない人だったから、望んでも無理でしょうね。妹は諦めましょう。

コメント (18)