メイおばさんの料理帖

「メイおばさんの宝箱」からはみ出してしまった料理や食べ物や食文化のお話を世界のいろいろな場所から楽しくお届けします。

三つの「なあ」が出揃えば、、、、

2018-06-27 16:24:25 | お客様

前回の最後に

「お客様ディナーのテーブルの様子はまた明日ね。」

なんて書いた以上は、ちゃんとご報告をしなければ、、、、ね。

 

メイ家の手抜きゲストディナーの定番です。

とは言っても、一回やれば同じお客様にはもう使えませんが(笑)。

 

このディナーはここシアトルでしたらチョー簡単にできます。

何しろちょっとした日本食材ならほとんどすべて手に入る

「UWAJIMAYA」という大きなスーパーがありますからね。

 

けれども、ワシントンDCで同じことをするのはなかなか大変ですから

DCでは最初の客人にはだいたいギリシャ料理です(笑)。

 

というわけで、シアトル暮らしでは

①手抜きで行こうかなあ。

②初めてお夕食にお招きする方なら日本料理がいいかなあ。

③ちょこっと「UWAJIMAYA」に行ってくるかなあ。

 

と、三つの「なあ」が出揃えば

やっぱりこれしかありません。

具材を並べ、各自の前に寿司海苔を置いて

自由に巻いていただく「MY手巻き寿司」です。

 

「さあ、お好きなものをお好きなように

   海苔で巻いて召し上がってくださいね〜

   Anything goes!(なんでもあり!)ですよ〜

   どんどんマイオリジナルを作っちゃってくださいね〜。」

 

などと言おうものなら、客人の目が輝き始めます(笑)。

メイ家定番、何でもありの手巻き寿司です。

 

いつものように、ディナーテーブルに付く前には

ガラス窓の向こうにシアトルの摩天楼と海を見ながら

スティック野菜の味噌ディップやら、日本のお煎餅やら、、、、

 

昨夜の突き出しは、人参と胡麻の和え物。

そしてワカメと寒天の酢の物。

80をとうに越えていらっしゃるなんて

誰も信じないぐらいにお美しい仲良しおばちゃまから

あらかじめ釘を刺されておりました。

 

「メイ、昔と違ってあまりたくさんはいただけないから

 簡単になさってね。」

 

ということで、お言葉に甘えて、いえお言葉を尊重して

いつもよりもず〜っと軽くさせていただきましたよ。

 

中に巻いていただいたものは

*マグロ

*海老

*貝割れ菜

*火を通したグリーンアスパラガス

*玉子焼き

*胡瓜

*大葉

*しば漬け

 

これだけ。

いつもでしたら、この他にも

帆立貝だとか、シメサバだとか、イクラだとか、干ぴょうだとか

イカだとか、カニだとか、、、、、

頑張って盛り合わせちゃうんですけれど。

 

ね、シアトルってすごいでしょ?

お寿司用にこんな物がいつだって簡単に手に入るのですから。

手抜きディナーにはもってこいでしょ?

 

とは言えいつも思うのは、老若男女問わず、まず皆さん

「自分で作るお寿司」「どんな組み合わせもOK」

の手巻き寿司ディナーをとても楽しんでくださいます。

 

一晩たった今朝、入り口の前にこんなメッセージカードが置いてありました。

 「Dear XXX and XXX

  What a lovery evening I had last night.

  The marvelous cuisine、beautiful setting and (以下省略)」

 

これもまた大切なマナーです。

そしてこれは、間が空いてしまわないうちに速やかに行うことが肝心です。

メイおばさんはこんな「Thank You Card」をたくさん用意しています。

一番気に入っているこのカード、10枚入りを買ったはずなのに

もう2枚しか残ってない〜っ(涙)。

ってな具合に大盤振る舞いしております(笑)。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 簡単らくらくお客様ディナー | トップ | 3 ✖️ 4 の浮き浮きバラエティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お客様」カテゴリの最新記事