メイおばさんの料理帖

「メイおばさんの宝箱」からはみ出してしまった料理や食べ物や食文化のお話を世界のいろいろな場所から楽しくお届けします。

イスタンブールの骨董グラスとメイおばさんの普段着ランチ

2018-03-03 01:46:37 | 器、キッチン

 

あらあら、写真を撮るならテーブルクロスの皺ぐらい

延ばせばよかったのに(涙)。

仕方がない、今となっては。

 

これは春3月のメイおばさんの「おひとり様お気楽ランチ」です。

 

冷蔵庫をバタンと開けて

しばし眺めまわしてから

またバタンと閉めます。

 

中にあったものでランチに使えそうなものを思いだしながら

数式を作ります(笑)。

 

人参 + レタス + プルーン + オリーブ = 彩りサラダ

 

豆腐 + 胡瓜 + キャベツ = 緑野菜の白和え風

 

とは言え、せめて一点ぐらいは贅沢をしたいもの。

というわけで、ふだんはなかなか使わない

こんなグラスを取り出しました。

 

 

おやおや、いいのかしら、メイ家の家宝なのに。

手が滑って割ってしまったらどうしましょう。

 

イスタンブールの骨董店で見つけたワイングラスです。

まあ、その細工のなんと美しいこと!

まあ、その色合いのなんと美しいこと!

 

一目惚れでした

そしてグルグルとTシャツで巻いて

そっとスーツケースの中に入れてはるばるトルコから持ち帰ったのでした。

 

白ワインでも、赤ワインでも、日本酒でも、ビールだって

美しく見せてくれる魔法のグラスです。

グラスの部分もさることながら

どうです?この柄の部分。

 

なんて美しいのでしょうか

「飛んでイスタンブール」と歌いながら

オスマントルコの世界に迷いこみそうな、、、、、

 

この日の「おひとり様ランチ」はグラスが主役で

あとは脇役(笑)。

 

とはいえ、美しいグラスがそこにあるだけで

なんてことない脇役たちもそれなりに輝き始めます。

 

ところがメイおばさん、どうしてもお庭を見ながら食べたくなりました。

しかもトルコのように絨毯の上にすわって。

 

そこで急遽二階から一階へとお引越し。

落として割らないように、ワイングラスをしっかり持って。

フカフカになっていく枕を目の前に見ながら(笑)。

ところでこのナプキンですが

これもイスタンブールの市場で買ったものです。

 

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓

コメント

ピンク ピンク ピンク

2018-01-20 00:20:22 | 器、キッチン

何色が好きですか?とでも問われたら

少し気取って「ベージュです。」とか「ダークブルーです。」とか

答えれば年相応の落ち着きがあっていいのでしょうが

 

メイおばさん、年甲斐もなく言っちゃいそう。

 

「あ、あの~、ピンクです。」

 

そんなところに持ってきて

先ほど届いたのはこんなピンクピンクの写真です。

 

百聞は一見にしかず

まずはご覧くださいませ。

メイおばさん、アメリカ暮らしの間は

しょっちゅう店内をうろうろしている

センスあふれるキッチン雑貨のお店「Sur La Table」です。

 

このお店、元はと言えばシアトルが発祥ですけれど

今では全米にあると言っていいぐらい。

 

しかも困ったことには

シアトルの家からもワシントンDCの家からも

歩いて行ける所にお店があるものですから

ついつい「遊びに」行ってしまって、、、、

 

しかも、日本では見られないような面白グッズが

たくさんあるものですから

メイおばさん、ついつい買ってしまって、、、、

時折後で反省します(笑)。

 

ちょっと思い出すだけだって

ポーチエッグを作るキットだとか

トウモロコシの髭取りとか

サクランボの種抜き(正確に言えば種飛ばし)だとか

お野菜がグルグルとパスタのように渦をまいて出てくる道具だとか。

時に気が向けば「お料理教室」にも参加しています。

 

そんな風に深~い縁のあるメイおばさんには

「Sur La Table」からしょっちゅうメールが届きます。

 

新製品のお知らせだとか、セールのお知らせだとか

レシピの紹介だとか、etc.etc.

 

一番最近はなんとピンク! ピンク! ピンク!

やっぱり黒づくめよりは、ラララと気分が明るくなりますし

キッチンのピンクってなかなか可愛いものですし、、、、

 

というわけで

バレンタインを前にした「Sue La Table」の

ピンクキッチン雑貨をご紹介しました。

 

はい、メイおばさん的にはかなり好きなのですが

メイおじさん的にはたぶん

 

「メ、メ、メイ。このシックなキッチンにそのピ、ピ、ピンクは

 ちょっ、ちょっ、ちょっとアレじゃない?

 もう若くはないわけだし、、、、」

 

でございましょう(笑)。

 

ちなみにこちらはイギリスのウィリアム王子の御家族

キャサリン夫人と長女のシャロット王女です。

やっぱりピンク ピンク(笑)。

 

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓

 

 



コメント

メイおばさんのクリスマスプレート

2017-12-30 01:19:34 | 器、キッチン

まだまだあるさ、と思っていた2017年も

あらどうしましょう、あと一日半!!

 

クリスマスモードなんてさっさと忘れ去って

大晦日&元旦モードにならなければいけないというのに

 

メイおばさんたら、今年とりわけもたもたしていて

上手に気持ちを切り替えることができません。

というわけで、すみません、もうひとつだけクリスマスのことを

書かせてくださいな。

 

クリスマスと言えばやっぱりカラーは赤でしょう。

じゃお正月は何色?と聞かれたら

う~ん、と返事に詰まってしまうのですが(笑)。

 

これ、ガラスのクリスマスプレートです。

けっこうずしりと重いのです。

もう思い出せないぐらい古くからあって

ふだんは奥の方に隠れているのに

クリスマスと言うと日の目を見ます(笑)。

 

何の模様かわかります?

わからないですよね~(笑)。

 

ミッキーやら、ミニーやら、グーフィーやら、ドナルドやら、小人さんやら

一番上にはクリスマスツリーらしきもの。

その両脇には星らしきもの。

 

けっこうな重さのガラスのお皿です。

よく見れば細部まで丁寧にできているのですが

ひとつとても困ったことがあるのです。           

 

何だと思います?

お料理を載せたら、この子たちがみんな見えなくなってしまうこと。

ただのガラス皿になってしまうこと(笑)。

いったいどこで買ったのかはさだかでないのですが

気づいてみたらもう何十年もある感じ。

 

とは言ったって、なにせ日の目を浴びるのは一年に一度

しかも昨今のメイおばさんの移動暮らしでは

クリスマスに日本にいるとは限りませんから

年に一度だって叶いません。

 

それでもこのお皿を出すたびに

いろいろな思い出がよみがえります。

 

このお皿を喜んでくれた子供たちは

今はもうメイおばさんよりも大人になって(笑)

こんなことを言います。

 

「ママ~、まだ持ってたの?」

「ママが割らずにいるなんて奇跡だね。」

「もういいかげんに捨てちゃったら。」

 

ごめん、捨てられない。

だって思い出がたくさんあるんだもの。

 

こちらはアメリカで買ったカラフルなクリスマスプレートです。

プラスチックですので軽いし安いし割れないし

立食パーティーなんかには便利なんですけれど

やっぱり格調がねえ(涙)。

 

おまけにもうひとつ。

このワインの瓶、中は何年も前から空っぽなのですが

これもまたどうしても捨てられません。

だって、見てくださいな、いろいろな言葉でクリスマスのお祝いが書かれているんです。

面白いと思いません?

テーブルの上に置いておくだけでクリスマス度がかなりアップします。

 

さあ、皆様、頑張って大掃除

さあ、皆様、頑張って買い出し

さあ、皆様、頑張って年賀状書き。

 

えっ?そんなもんみんな終わった?

いいなあ、、、、、、 

                                                                                           

読んでくださってありがとうございました。

ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。

       ↓

       ↓

 

 

コメント

レモンレモンレモン

2017-10-13 00:34:57 | 器、キッチン

ワシントン大学のブックストアで素敵な本に出会いました。

ワシントン大学と言っても、アメリカの首都、東のワシントンにあるわけではなく

西のワシントン州シアトルにある総合大学です。

 

まぎらわしい?(笑)

 

メイおばさん、大学という場所の雰囲気が好きなものですから

時々キャンパスを歩きます。

そして必ずブックストアに寄ります。

 

ブックストアと言ってもちょっとした図書館のように大きくて

大きな売店もカフェも付いてます。

 

立ち読みどころか座り読みも自由で

ブックストアの中にはテーブルもあればソファーもあれば椅子もあって

学生たちは新本を棚から取っては

自由に読んでいます。

 

太っ腹なことには、本をカフェに持って入って

コーヒーを飲みながら座り読みをしたっていいのです。

 

そんなブックストアで出会ったこの本を

早速ソファーに座ってページを繰っていたら

とにかくうっとり。

「the lemon cookbook」

レモンを使ったハードカバーの料理の本です。

 

レシピは朝ごはんからサラダ、サイドディッシュ、デザート、ドリンクまで

レモンが主役の50種類。

あちこちにこんな素敵なイラストが見られます。

 

美しいだけあってお値段も19ドル95セント(約2200円)と張りますが

やっぱり放っておけなくて買っちゃいました。

 

さあ、うっとり見ているだけじゃなく

ひとつずつ作って見なければ(笑)。

 

その二日後に、湖へと下るマディソン通りのキッチン用品のお店で

今度はこんなものに出会ってしまいました。

これまた放っておけなくて買っちゃいました。

ねえ、いいと思わない?

 

かくかくしかじか

メイおばさん、目下、レモンブームです(笑)。


読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓
       ↓

コメント

器ひとつでシンデレラに変身!

2017-10-03 00:54:55 | 器、キッチン

今年の1月

メイおじさんのお仕事にくっついて行った

オレゴン州ポートランドでのこと。

 

突然の大雪で予定が全てキャンセルになって

仕方がない、すってんころりん滑らないように注意しながら

せめて歩いて行けるご近所の

開いているお店でも見て回りましょうか、と

そろそろと歩いていたら

面白そうな中古品ショップがありました。

 

そこで出会ったのがこれ。

お値段はまさかの17ドル(約2千円)。

 

以来、何てことないメイおじさんとのお二人様ディナーでも

しばしば登場しています。

 

たとえばこれは「マカロニ&チーズ」

 

こちらは「ビーフのストロガノフ風もどき」

 

出たとこ勝負の「大根とカボチャのココナッツミルク煮」

 

この銀の器、たかが「マカロニ&チーズ」

たかが「ストロガノフもどき」

そして、たかが思いつきの「大根とカボチャの煮物」をも

まるでシンデレラのように変身させてくれるのです。

馬子にも衣装とはまさにこのこと(笑)。

 

この間なんて

シアトルの大きなスーパー「宇和島屋」で見つけて

買ってきたこれで

これを作って

これに入れました。

 

ハウス食品のカレールー「こくまろ」です。

さすがに裏には英語で説明が書かれています。

しかも図解入り(笑)。

 

ね、インスタントルーで作ったインスタントカレーだって

この器におさまればなかなかいい感じでしょ?

 

あら、ちょっと見てくださいな。

何かが映っていると思ったら

これ、もしかしてカメラを構えたメイおばさん?

やたら横に広がっちゃっていますけれど

実物はこんなじゃありませんからね(笑)。

 つまりそれほどピカピカってこと。

 

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓

コメント

アエロガーデン(室内菜園)いる?

2017-03-26 16:47:10 | 器、キッチン

これまでにも何度か登場したお店「Sur La Table」と言えば

シアトルの一号店を皮切りに、今では全米展開されている

ちょっとお洒落なキッチン用品のお店です。

 

お洒落なばかりでなく

えっ?と思うような面白グッズもあったりして

メイおばさん、これまでどれだけ「衝動買い」をしてきたことか(笑)。

 

自宅用ばかりでなく

これは面白い!と思えば

ついつい家族や友人の顔を浮かべて

お土産用に買い込んでしまいます。

 

ちょっと思い出すだけだって

ポーチドエッグを作るためのキットだとか

トウモロコシの髭取りとか

サクランボの種抜きだとか

ぐるぐるとパスタのようにお野菜が渦を巻いてでてくる道具だとか、、、、、、

残念ながら日本にはまだ上陸していないようですが
アメリカではあちらにも、こちらにも見られます。
創業40年でアメリカを中心に90店舗以上の展開をした人気店です。

発端の第一号店は
スターバックスの第一号店と同じ
シアトルのパイクプレースマーケットにあります。

実は、ここがまさにメイおばさんの「行きつけの店」なのです。
別段何を買うわでけでなくとも、ついフラリと入ってしまいます。

ワシントンDCにいる時はオールドタウンのキング通りのお店に入り浸ります(笑)。

そんな「Sur La Table」からは
けっこう頻繁にお知らせメール、販促メールが届きます。

そのたびに

「面白そう!」「いいなあ!」「買ってみようかなあ!」

「使いにくそう!」「いらない!」「買う気なし!」

 

などと値踏みをするメイおばさんです(笑)。

 

一番最近届いたのは上の評価で言えば

「面白そう!」でも「いらない!」

 

何かと言えばこんなもの。いったいなんだと思います?

「Aero Garden harvest Touch」

つまり、ハイテク室内野菜園。

 

229ドル95セント(約2万6千円)の定価がバーゲンで

179ドル95セント(約2万円)。

 

さてさて皆様、買いたい? それとも買いたくない?

(メイおばさんの答は一番最後にね。)

 

どんな物かともう少し詳しく言えば

 

*20ワットのLEDで育てるので土より5倍も速く成長します。

 

*植えて育てて収穫する楽しみを室内でどうぞ。

 

*白い光を当てれば早く成長するし、青い光にすれば大きく成長します。

 赤なら花や実をもっとつけさせます。

 

*昼と夜は自動でライトが切り替わります。

 

*もし水が必要な時にはお知らせします。

 

*バジル、ミント、タイム、コリアンダー、パセリ、ディルのミックスキットもあります。

 

*濡れた布で拭けば簡単にきれいになります。

 

そんな面白キットはなんと中国製。

けれども、アメリカとカナダ仕様ですから、日本の電圧では使えません。

 

メイおばさんの答は「いらない!」(笑)。

これで十分ですよ。

スーパーのハーブ棚から2ドル99セント(333円)で買ってきた

小さなプラスチックの器に植えられたローズマリーです。

いろいろなハーブがあります。

 

水を与えればけっこう長く持ちますし

たったこれだけでも、キッチンで何かが育っているって

なんだかとってもいい感じ。

 

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓

コメント

馬子にも衣装

2017-02-17 16:48:36 | 器、キッチン

この銀の器は

先月のオレゴン州ポートランドでの一目惚れの衝動買い(笑)。

 

 と言ったって中古品のお店ですから

お値段はまさかの17ドル(約2千円)。

 

お客様ディナーにと思って買ったはずが

何てことのないメイおじさんとのお二人様ディナーにも

しばしば登場しています。

 

たとえばこれは「マカロニ&チーズ」

 

こちらは「ビーフのストロガノフ風もどき」

 

そして今晩はこれです。

冷蔵庫で持てあましていたカボチャと大根を使い切ってしまおうと

苦肉の策でこんなタイのレッドカレー用のペーストを使って

同じく持て余していたココナッツミルクと合わせてみました。

ついでにライムを搾って入れました。

ココナッツミルクとライムなんて

ねえ、何となくいい感じじゃありません?

 

レシピも何もありません。

メイおばさんの行き当たりばったりです。

こんな料理本のこんなページがヒントになりました。

 「カボチャと豆腐と豆のカレー」

 

レッドカレーペーストとココナッツミルクのほかには

野菜のブロスと、お醤油と、ブイヨンパウダーと、オリーブオイルを使いました。

 

そんな思いつき料理なのにメイおじさんたら

「う~む、これは美味しい。

 メイ、レシピを取っておいてまた作って。」ですって。

レシピなんてないんですけれど(笑)。

 

この銀の器、たかが「マカロニ&チーズ」

たかが「ストロガノフもどき」

そして、たかが思いつき、いえ苦肉の策の「大根とカボチャの煮物」をも

まるでシンデレラのように変身させてくれます(笑)。

馬子にも衣装です。

あっ! 部屋が写ってる! 

左腕にサポーターと包帯を付けて右手でカメラを持つ

メイおばさんも写ってる!!!

 

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。
       ↓

コメント

料理が先か、お皿が先か

2016-11-28 23:12:09 | 器、キッチン

1~何を作ろうかと考えて

2~材料をそろえて

3~せっせと作って

4~できた料理を盛り付けて

5~そして食べます。

 

思えばいつも「料理」とはこの5段階。

そのどの段階も好きですが

時々ぱたりと思考が止まって、先に進まなくなってしまうことがあります。

 

どこらへんかと言えば、もちろん最初のところです。

1さえクリアすればあとはしめたもの(笑)。

ほぼベルトコンベアー式に先に進んでくれますもの。

 

「う~ん、今日は何を作ろう。」

「あ~、考えがまとまらない。」

 

ここで一声、メイおじさんが「今日は○○が食べたい!」とでも言ってくれれば

そこからドド~っとアイディアが湧いてくるのですけれど(笑)。

 

「何食べたい?」

「何でもいいよ。」

 

などと答えられた日にはいよいよ困ります。

 

そんな時のメイおばさんは

やたら料理本のページをパラパラとめくったり

これまでのわが料理史を思い出したり(大げさ!!)

あるいはお皿を先に選んで、じ~っと瞑想にふけったり(これまた大げさ!)

 

とはいえ、お皿から料理が浮かぶということだって

あながちないわけではないのです(笑)。

 

たとえば、、、、

 

ガラスの大皿と睨めっこしているうちに

ガラスのように向こう側が見えるような

薄いラディッシュを置いたサラダを作りたくなりました。

 

小さなココット皿には小麦粉と卵と牛乳を混ぜいれて

オーブンに入れ、超簡単な「ヨークシャープディングもどき」で

パンの代わりにしてみたくなりました。

 

この実に使いにくい細長い舟形のお皿にはいつも困りますが

じ~っと見ているうちに何となくアイディアが湧いてきます(笑)。

 

これはインゲンのサラダ。

茹でたインゲンの上から、ゆで卵と胡桃を刻んで散らします。

お味はシンプルに、たっぷりのオリーブオイルと白ワインビネガーと塩、胡椒。

 

こちらは変形揚げ餃子(笑)。

巾着のように餃子の皮で挽肉を包んで油で揚げます。

 ね、こんな風に並べるとちょっと可愛いでしょう?

 

長四角のこのお皿は一点物。

ワシントンDCの

ポトマック川に面した芸術家たちの工房で出会いました。

夫が気に入って作家さんから直接買ってしまいましたけれど

実はとても使いづらいんです(笑)。

 

まあ、こんな風に生春巻きなんかのせるといいんですけれどね。

だって、これを白いお皿にでものせたならばねえ

どこからが春巻きがわからないじゃないですか、ねえ(笑)。

ソースはこんな器の出番です。

3つありますから、3つ作らなければと

タイのスイートチリソース、酢醤油、そしてバーベキューソース。

 

かくかくしかじか、玉子が先か、鶏が先か

料理が先か、お皿が先か、、、、、、

永遠の課題でしょうか(笑)。

コメント

キッチンワーク三種の神器

2016-11-13 23:16:48 | 器、キッチン

メイおばさんのキッチンワークには「三種の神器」があります。

 その1はこれ。

メイおばさん、およそアメリカらしくないのですが

車で行ってど~んと何日分かをまとめ買いするのではなく

そのつどガラガラとこんなカートを引きずって

メニューに合わせて書き出したリストを手に

ひとつひとつ買い込みます。

 

シアトルでもワシントンでも歩いて5分もかからない所に

QFCやWhole Foodsがあるものですから

行き帰りのガラガラも苦にならないどころか

楽しい日課なのです。

 

帰ってきて最初にすることは

こんな風に買った物をキッチンに並べること。

 

チーズ、ズッキーニ、サーモン、モツァレラ、フェトチーネ

小さな紫色のジャガイモ、玉ねぎ、さつま芋、パプリカ、ミニトマト

生クリーム、ケイパー

 

この日は何を作ったのかしらと、写真を見てみれば

なるほどなるほど、これでした。

 

ジャガイモ、たまねぎ、さつま芋、パプリカ、人参、ブロッコリーを

耐熱容器に並べて塩と胡椒とたっぷりのオリーブオイル

表面を覆うようにチーズを振りかけてオーブンで焼くだけという

いとも簡単な一品ですが

ヘルシーなだけでなく、それなりに美味しいのです。

お仲間は、ミニトマトのカプレーゼ風。

モツァレラを半分に切って、ミニトマトにONして

楊枝で刺してワンバイトで食べられるような。

 

そしてサーモンとケイパーと生クリームのフェトチーネ。

 

前の晩の残り物も加えてこんな夕飯のテーブルになりました。

 

三種の神器の2番目はこれ、マグネット。

シルバーの壁の上にいくらペタペタつけても全然邪魔にならない

透明のマグネットです。レシピをこうして貼り付けます。

レシピを見ながら、買ってきた材料の仕分けをするにも便利です。

 

探していたのですがなかなかぴったりなのが見つからなくて

あきらめかけていたところに「DAISO」で見つけました。

シアトルにも100円ならぬ1ドル50セント均一の「ダイソー」があるのです。こ

れ全部で1ドル50セントです。

 

さて三番目の神器は、と言えばこれ、i-Padです。

今やなくてはならないキッチンアイテムになりました。

オーブン温度の摂氏を華氏に変換する時や

料理時間のタイマーとして大活躍です。

 

ただし気を付けなければなりません。

メイおばさん、一度大失敗して料理をしている途中で手が触れて

床の上に落としてしまったことがあります。

 

どうなったかですって?

こうなりました(涙)。

 

中の機能は問題ありませんでしたけれど

何しろザラザラになった画面に指がひっかかるものですから

とても危ないのです。

 

仕方なく日本に戻った時に、アップルストアで新しいのに交換してもらいました。

2万7千円も払って、、、、(涙)

 

以来、三番目の神器として使う時には

二度と同じ事件を起こさないよう、調理台の淵ではなくて

真ん中に置いて使っていますよ(笑)。

 

読んでくださってありがとうございました。
ランキングの方もどうぞよろしくお願い致します。

 

コメント

Sur La Tableのハロウィン

2016-10-23 23:48:47 | 器、キッチン

「Sur La Table」と言えば

シアトルの一号店を皮切りに今では全米展開されている

ちょっとお洒落なキッチン用品のお店です。

 

お洒落なばかりでなく

えっ?と思うような面白グッズもあったりして

メイおばさん、これまでどれだけ「衝動買い」をしてきたことか(笑)。

 

自宅用ばかりでなく

これは面白い!と思えば

ついつい家族や友人の顔を浮かべて

お土産用に買い込んでしまいます。

 

ちょっと思い出すだけだって

ポーチドエッグを作るためのキットだとか

トウモロコシの髭取りとか

サクランボの種抜きだとか

ぐるぐるとパスタのようにお野菜が渦を巻いてでてくる道具だとか、、、、、、


いい具合に

ワシントンDCの家からは歩いて行けるオールドタウンにも

ちょこっとメトロに乗った先のペンタゴンシティーモールにもあります。

 

シアトルではもっぱら一号店の

パイクプレースマーケットの店に立ち寄ります。

ここもまた困ったことに、歩いていけるものですから

ついついのぞいては、ついつい(笑)、、、、、

 

そうそう、8月にはお料理教室にも参加してみましたが

これはう~ん、微妙どころか「もう行かない!」レベル。

これについてもいつか正直に書かなくては、、、、、、

 

ところでこちらは9月初めのワシントンンDCの「Sur La Table」です。

まだ9月初めだというのに店内はすでにハロウィンモード。

 

「Cider Punch Mix」というカボチャ風味のパンチの素が並び

 

「Try a taste of Fall」(秋を味わってください。)というメッセージと共に

これが試飲できるようになっています。

 

スープの素も「Organic Pumpkin」スープです。

 

お皿も

 

カップも

 

エプロンも

 

こちらは焼き上がりのクッキーに押して絵型をつけるクッキースタンプですし

 

手作りお菓子の上にちょこっと乗せる飾り物だとか

 

メジャーとスプーン

 

ナプキンも。

 

ハロウィンが終わると今度はクリスマス。

こうして季節が変わり、時が流れて

みんな年をとっていくのです(笑)。

 

ちょっと里心がついているロンドンのメイおばさん

ついついアメリカのハロウィン模様を思い描いては

ホームシック状態です(涙)。

 

コメント