ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

ぬるい赤ワインに寒い席

2019-12-01 22:19:55 | ワイン&酒

地元の古い友人たちと、遅れに遅れていた私の誕生日会という目的で集まりました。

お店は、私が以前から行ってみたかったところで、友人が予約を取ってくれていました。

 

ビールが豊富で、ワインリストもかなり豊富だったので、ビールの後にワインをボトルで頼んだところ、ボトルの肩口に触ると温かい赤ワインが来ました。

少しだけグラスに注いでテイスティングすると、案の定、生ぬるくて、このままでは飲めたものではありません。

はて、どうしたものか…

 


お店のスタッフに、冷やせませんか?と訊くと、「赤ワインは常温でお出ししてます」とのこと。

ええ?今だにそんなこと言われるとは思いもしませんでした。

 

常温って何度?

それに、予約客なのに出入口に一番近い端っこの末席で、出入り口のドアが開くたびに外の風が入ってきて、超寒いんですけど…

この席の温度と比べたら、ボトルの温度の方が絶対に高いですよ、ええ…

 

 

それでも、氷の入ったアイスバケツを用意してくれたので、よしとしましょう。

ですが、「ワイングラスの方にも氷を入れましょうか?」の一言は余計だったかも。

 

しばらく冷やして注いだワインを飲んだ友人いわく、「全然ちがう!」

もちろん、冷やした方が断然おいしい、という意味です。

 

 

今や、季節やシチュエーション、ワインの性質などによって、提供温度を変えるのは普通のこと。

真夏に、「常温」の赤ワインを飲むなんてことはありえないですし、白ワインやスパークリングワインだからといって、キンキンに氷で冷やさなければならない、とは限りません。

口に入れて生ぬるいと思ったら、冷やした方がおいしく飲めますし、冷たすぎて味がわからないと思ったら、クーラーから出し、自分がちょうどいいなと思う温度に調整します。

 

 

その店はチェーン店でした。

ワインの提供温度に関しては、全店共通のマニュアルがあるんでしょうかしら?

他の店舗に行く機会があったら、提供温度を確認してみたいです。

 

それにしても、席が寒くて参りました。

飲んだら暖かくなると思っていましたが、結局、最後まで寒かった…

 

あ、料理の方はおいしく、お腹も膨れ、満足しました。

ごちそうさまでした。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 「ロティスリーレカン」のラ... | トップ | 伊バルバレスコで単一畑を所... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ワイン&酒」カテゴリの最新記事