ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

泡のないプロセッコワインもあります

2019-08-09 18:55:19 | ワイン&酒
昨日紹介したザリガニパーティーで、私が持参したワインは、昨年のイタリア取材の際にワイナリーで購入した「泡のないプロセッコ」でした。

正式には、Conegliano Valdobbiadene DOCG Prosecco Tranquillo



Tranquillo(トランキロ)は「静かな」という意味なので、「泡のないスティルワイン」ということになります。


Col Vetoraz Conegliano Valdobbiadene DOCG Prosecco Tranquillo 2017

Col Vetorazのワイナリーは、2019年7月7日に世界遺産に登録されたコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネの丘陵地の上の方にありました。



私が訪問したのは、2018年5月の緑が美しい季節でした。




トランキロは右端のワインです。
他の栓はスパークリング対応のワイヤーがかけられていますが、トランキロは普通のコルク栓とキャプシルです。



使われているブドウ品種はグレッラで、泡がない分やさしく穏やかな飲み口。
アルコール度数も11%とライト。

プロセッコはスパークリングワイン、というのが一般的な認識だと思いますが、実は、泡なしのプロセッコも造られていて、むしろ、泡なしの方が歴史が古いんです。
別のワイナリーを訪問した際、「おじいちゃんが造っていたのは泡なしだったと聞いている」という話を聞きました。

でも、今は泡なしトランキロは非常に少なく、現地で探しに探しましたが、見つけたのは、買ってきた「Col Vetraz」のものと、現地のレセプションで出ていた下記のワインだけでした。


GREGOLETTO  Conegliano Valdobbiadene DOCG Prosecco Tranquillo 2017

造っている生産者は少ないと思いますが、この地の古い伝統ワインですから、残ってほしいですね。





「Col Vetoraz」のワイナリーのテイスティングルームから見たブドウ畑が絶景でした



下には、初日のランチで訪問したレストラン「Salis Ristorante Enoteca」が見えました。
このレストランのテラスからの眺めは最高でしたが、Col Vetorazは、それよりもっと高台にあったんですね!




このワイナリーには猫ちゃんがいまして、思わず激写



もっと撮ろうとすると、ツンと顔を隠してしまいましたが…



かわいいお顔と、お腹を見せてくれた、ツンデレな猫ちゃんでした(笑)


[参考]
イタリア・プロセッコDOCGのコネリアーノ、ヴァルドッビアデネの丘陵地が世界遺産に登録!
https://blog.goo.ne.jp/may_w/e/40313847c4415c96c998cccb1433372a



コメント   この記事についてブログを書く
« 北欧の夏の料理「ザリガニ」... | トップ | ブドウ畑の斜面でプロセッコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワイン&酒」カテゴリの最新記事