ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

ロワールのビオディナミワイン

2008-01-11 21:37:25 | ワイン&酒
このところは「ビオディナミ」という言葉が日常茶飯事のように聞かれ、

ビオディナミワイン と言われても、それほど驚くことはなくなってきたように思います。



それでも、以前ここでも取り上げた(2007/10/10)農薬まみれのブドウからワインがつくられていることを思うとやはりゾッとしますし、化学肥料によって育ったブドウからのワインは、できれば遠慮したいなぁ・・・と思ったり・・・





そこで今回、(社)日本ソムリエ協会のwebサイト「ワイン村」の記事で、

私は、フランスのロワール地方のビオディナミ生産者を取り上げました。

シャトー・トゥール・グリーズ (Ch. Tour Grise)というところですが、
偉大なワインというよりも、飲んでいてほっとする味わいのワインをつくっています。



パリのランチで飲まれているワインの話も聞けましたし、
これはぜひ日本に入れてほしいなぁ~と思う面白いワインも紹介しましたので、
興味のある方は、ぜひ「ワイン村」にアクセスしてみてください。


http://www.jsa-winemura.jp/  「キャッチ The 生産者」 第42回

コメント

Doveのチョコレート

2008-01-11 14:59:47 | 甘いもん
毎度お馴染みの、アメリカ在住の友人Aちゃんのお土産です。

今回紹介するのは、「Dove」のチョコレート 




Dove Origins  Rich Dark Chocolate Tasting Squares


“Dove”というと、洗顔フォームとかボディソープを思い浮かべますが、
実はアメリカではお菓子も作っているメーカーでもあるのです。

Doveのチョコはアメリカではとてもポピュラーで、スーパーで手軽に手に入るようで、

この事実を知ったのは1年位前でしたが、日本では売っていないしねぇ・・・と諦めていたところ、Aちゃんがお土産に持ってきてくれました

Aちゃん、いつもThanksです~




紙バッグの中には3種類のビターチョコが入っていました。
それぞれに使われているカカオ豆の産地が違い、フレーバーも違います。


(上)はエクアドル産カカオの「軽快なフローラルとフルーティな香り」が楽しめ、

オレンジ色(左下)はガーナ産カカオを使った「濃密で力強いフルボディ」タイプ、

(右下)はドミニカ共和国産カカオで、「フルーツとワインのフレーバー」のするもの。



ふむふむ・・・と3つを食べ比べてみると、

紫色は確かに果実ぽい感じがあり、ワイン的な感じがなきにしもあらずです。

軽いとされる赤色は、それほど軽くもなく、やっぱりビターチョコの重さがあります。

最もフルボディのオレンジ色は、やっぱり一番タンニン分的なものを多く感じ、なめらかさに欠けるように感じます。




見た目もほとんど同じだし、注意深く食べ比べないとわかりにくいかもしれませんが、なかなか面白い比較テイスティングができました。

ごちそうさまでした~

コメント