完全無欠の「初老男」日記

ついに「完全な初老男」に昇格、引き続きよろしくお願いします。

まるで子供の様に夢中      ~ダーツを始めた(その3)~

2017年06月03日 | いま興味のあること



私は初老男である。





しばらく気の滅入るようなUpが続いたので・・・・。







気分を変えよう。










ダーツを始めた(その3)である。












前回やっと手に入れたダーツが、ボードに刺さらない。









しかし、必死で練習した。









ってところまでだったっけ。












世の中、そうした流れに乗ると次々にそうした「運」みたいなものが運ばれてくる。








って、だから「運」っていうのか。












別の趣味関係で、新潟に行った。(「念願のイベント」5月5日参照)









そのあとにダーツショップへ。











実は新潟県内にDARTS専門店は、そこしかないのである。









午後4時過ぎにオズオズとドアを押す。










誰もいない店内に若い店員さんが二人。















「あの、まだ始めたばっかりなんですけど・・・・。」














不思議なもので、ダーツはとても安価なものと高価なものがあり、あんまり段階的なものが無い。

















2000円位物の次の値段が6~7000円。ここは種類が少なくて、次は10000円になる。















これは安価なものは、材質が「ブラス」(真鍮製)の物と「タングステン合金」に分かれるからだと後で知った。















「投げてみますか?是非投げてみてください」











ちょっと焦ってしまった。














この時点で、おもちゃのDARTSボードにしか投げたことが無かった。











心を落ち着けて、渡されたモニターのダーツを投げてみる。












・・・・・一投目はボードに刺さらず弾かれてしまう。












勧められるままに砲弾型のバレルと、シャフト・フライト一体型のセットにケースを付けた8000円の物を買った。







家に帰り、ワクワクしながら投げてみると・・・。








先の東急ハンズの物より、さらにボードに刺さらないのである。












これには落ち込んだが、これにも理由があった。
















今回も最後までお付き合いいただきありがとう。これを読んでいる皆さんも、一つ一つのことが「成功」につながることを信じますように。








              May






気を持たすつもりはないのですが、時系列を追っているので話が進まずすいません。




























ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 私の認識が甘かっただけなの... | トップ | 引っかかるべきではないんだ... »

コメントを投稿

いま興味のあること」カテゴリの最新記事