弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士|最初から独学のみで学ぶという…。

2017-08-18 01:10:01 | 日記

昔は合格率十数%以上に落ち着いていた弁護士試験でございましたが、ここ数年は、1割以下の率となって定着しています。合格率が全体の一桁といいますと、難易度トップクラスの国家資格として、認知されることになります。
実際とても難しいというように知られている弁護士試験の難易度の状況は、大層高めで、合格率の数値も約2〜3パーセントと、法律系国家資格の中でも、トップクラスの難関の試験となっています。
法人税の個別の検討論点をやりはじめたら、関わる演習問題に可能なだけトライし、とにかく問題に手慣れておくとの勉強法を行うのも、弁護士試験の傾向を踏まえた簿記論対策についてはかなり効果のあるものです。
現実司法試験と等しい勉強法での進め方であると、初心者の弁護士試験に限る受験生よりも、学習量が非常に沢山になりがちであります。そればかりか満足のいく成果は見られず、対費用効果が低くなります。
実際に合格率のパーセンテージは、弁護士の受験の難易度の高さを表す判断基準の一つでありますが、ここ数年、このレートが大幅に下向きで、受験生たちに関心を持たれています。

今、または近々、弁護士の資格を得るのに一切独学で挑戦する方に向け公開している、多様な情報等を配信するサイトです。サイトの中におきましては合格を実現するための身につけておくとベターなテクニックはじめ、実際の仕事に関して、その魅力等をお知らせしております。
勿論、弁護士試験の内容というものは、半端な行動では良い結果が生まれない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。一寸の時間も無駄にせず空いている時間を出来るだけ効率よく費やし勉強に取り組んだ人が合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
基本弁護士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、非常にハードルが高いわけですが、学習法を効率的にするとか、様々な情報をキッチリ集め自分のものにすることで、短期にて合格を志すといったことも、出来てしまうのです。
通信講座が学べる専門学校も学習方法ともども色んなものがあります。であることから、数多くある弁護士の講義コースの中から、お仕事をされている方でしても効率よく学べる、通信講座を持っている専門学校の比較をしました。
合格率の数字が全体から見て7%のみといったら、弁護士試験はスゴク難易度がシビアな感じにみえるものですが、絶対評価で到達点数の少なくとも60%以上の問題をしっかりクリアすれば、合格を勝ち得ることは疑いないのです。

資格試験を受験する前に会計事務所あるいは弁護士事務所で働いて、実戦での経験を積み増しながら、じっくり学んでいくというような方でしたら、通信講座のスタイルを選ぶ方が最善といえるでしょう。
最初から独学のみで学ぶという、心の強さはありませんが、己の進度で勉学に励みたいと考えている方ならば、やはり弁護士の通信講座を選択した方が、ベターな勉強法であるといえるでしょう。
イチから全て独学でこなしてはいても、試験までの日程管理及び勉強法等に、リスクを感じるといったような場合は、弁護士試験専門の通信講座を受講してみるのも、1つのパターンなんではないかと思っています。
弁護士試験に関しましては、1科目ごとで2時間に限ってしか受験時間が設けられておりません。その中にて、合格水準の点を取らないといけませんから、もちろん処理能力は必須条件です。
ベテラン講師達からいつでもアドバイスを受けることができるスクールへ行くメリット点につきましては、魅力あることですが、常に攻めの気持ちさえ保ち続けることにより、弁護士向けの通信教育で学習することで、しっかり成果をあげることが出来るかと思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|たった一人で独学に... | トップ | 弁護士|専門学校の弁護士資... »

日記」カテゴリの最新記事