弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士|税務分野の個別論点の問題をしだしたら…。

2017-12-02 11:40:02 | 日記

毎年総じて、弁護士試験の現実的な合格率については、ざっと2〜3%ほど。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間との相互関係を見ると、弁護士の試験がどの程度難易度レベルが高いものであるか察することができると思います。
一般的に司法試験と類似した勉強法で実行するのは、ゼロからの弁護士試験のみの専業受験生と比較して、勉強にかける量が多くなりがちです。また期待した結果は生じず、費用対効果が望めません。
一口に言って「足切り点」(定められた基準点)という厳しい仕組みが、弁護士試験には存在します。簡単に言うならば、「規準点未満なら、合格になりませんよ」という水準点が最初に設けられているわけです。
現在は弁護士試験の指南を記した、インターネットサイトや、現役で働いている弁護士が、受験生たちに向け随時メルマガ等をリリースしていて、情報能力またやる気をキープするためにも役立つかと思います。
今あなた達が、弁護士の合格に至るまでの事細かな体験談などを、沢山ネットなどで検索してご覧になっている要因は、大抵、いかようなアプローチ・勉強法が自らにベストなのか、迷いがあるからではないでしょうか。

合格者の合格率7%に満たないと、弁護士試験についてはかなり難易度の高い試験の一つと言えるでしょう。とは言っても、過度にビビることはありません。全力を注げば、皆さん間違いナシに合格を目指すことができます!
今日、直接予備校に行って受講しているといった受験者たちと、そんなに変わらないような勉強を実施するということができます。これを出来るようにするのが、今はもう弁護士資格取得の通信講座の主流の学習材といわれるDVD教材です。
言うまでも無く、弁護士試験に関しては、全力で臨むようにしないと満足のいく成果がみられない、困難な試験だというように強く思います。言ってしまうと制限ある時間を上手く利用して試験勉強をコツコツ続けた方が、結果的に合格できる試験といえるのです。
実際初めから法律に関しての経験などないのにも関わらずに、割と短い年数で弁護士試験に晴れて合格されるツワモノもいます。この人たちに共通して見られるポイントは、自分自身に相応しい「効率いい勉強法」をチョイスできたことといえるでしょう。
当然弁護士試験を独学で合格するのは、難関ではありますが、学習の仕方を変えてみたり、把握しておくと良い情報を積極的に揃えることで、短期で合格を狙うのも、可能でしょう。

普段からいろんな事柄に「法令を基に考えることが可能な人物」であるか否かを確認されているみたいな、物凄く難易度の高い資格試験に変化してきているのが、つい最近の弁護士試験の状況ではないかと思います。
従来は弁護士試験については、他の資格と比べて取得することが可能な資格だなんて言われていたわけですが、今日び大層難しくなっており、とんでもなく合格できないという資格になっております。
世間一般で難関というように名高い弁護士試験の難易度は、著しく高めのものになっており、例年の合格率も概ね2・3パーセントと、法的な国家資格の内でも、10本の指に入る難関系試験とされております。
税務分野の個別論点の問題をしだしたら、関係性がある例題に可能な限り積極的に取り組んで、確実に問題に慣れ親しんでおくとした勉強法をプラスするのも、弁護士試験の簿記論教科の対策に向けては非常に有効的です。
可能であればリスクを分散、安心できるように、念のためにという狙いで、弁護士試験のケースでは、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通う方が不安が減りますが、独学で行うというのを1つの道に選んでも良いのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 弁護士|深い知識・経験を要... | トップ | 弁護士|一般的に合格率の値... »

日記」カテゴリの最新記事