弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士|並大抵ではないとされております弁護士試験の難易度というのは…。

2017-12-02 04:30:00 | 日記

一般的に弁護士の資格取得は、全体の合格率が6%あたりという統計が出ており、事務職系の資格の中においては、狭き門の資格に入っています。とは言っても、全部の問題中最低6割正解できたら、絶対に合格実現できます。
安めの価格設定、出題される範囲をピックアップし、費やす学習量を出来るだけ減らしたコース、高品質の教科書などが人気になっている実績豊富なフォーサイト。今日弁護士の通信講座をあげるならココでしょ!というほど、高人気となっています。
並大抵ではないとされております弁護士試験の難易度というのは、物凄く高度なもので、合格率を見ても大体3%未満と、法律系国家資格の中でも、上位を誇っている難関資格試験となっております。
現実的に弁護士試験につきましては、簡単な試験ではありません。合格率で言えば、僅か1割前後。とは言っても、一回だけの試験ではあらず、何年もかけることで合格を志すつもりであるなら、特段やれないことではないです。
司法試験と同じ勉強法で取り組むと、未経験の弁護士試験だけの受験生に比べ、総勉強量が多大になりやすいものです。そればかりか妥当な結末は迎えられず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。

実際送られてきたDVD映像や、教科書を見る学習の仕方に、ちょっと不安感があるのですが、実際通信講座を活用して、弁護士の試験に合格した人も沢山いますし、完全に独学するよりは、合格への道が近いと思うようにしています。
法律系国家資格において、深い知識・経験を要する職分の、弁護士と弁護士なのですが、難易度を比べますと弁護士の方が難度が高くて、そしてまた活動内容にも、大分めいめい相違しているのです。
確かに弁護士試験を受験するにあたっては、生半可な姿勢ではいい結果が出ない、高難易度の試験であると思い知らされます。言ってしまうならば費やせる限りの時間を最大限に使って受験勉強に努めたという方のみが、結果合格することが可能な試験なのであります。
一般的に会計事務所または弁護士事務所で働いて、本格的な経験を積んで実力をつけながら、確実に学習をしていくとした方は、あえて言うならば通信講座が最適といえるでしょう。
法科大学院(専門職大学院)を修了した方であったとしても、不合格の結果となることがあるわけですので、効率的な能率の上がる勉強法を検討し挑戦しなければ、弁護士試験に合格をするのは厳しいでしょう。

生涯学習のユーキャンの弁護士の試験対策講座は、毎年毎年約2万人の方たちが受けており、ほとんど法律知識を持っていないといった受験者であれども、一歩一歩国家資格がとれるまでの過程を一からマスターすることが可能である、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。
科目合格制をとっている、弁護士試験においては、1度の機会に、5種の科目を受験することは決められておらず、各々の科目に分けて受けても良いということになっております。1度合格できた科目は、この先弁護士になるまで合格は取り消されません。
ずっと前から弁護士試験に関しましては、難易度が高いと言われております、国家資格の中の1つです。このサイトでは、弁護士試験にストレートで合格するための質の高い勉強法等を、私の合格実現までの実体験をもとにして色々記そうと思います。
勉強時間が連日存分にある方ならば、通常の勉強法をやり続けることにより、弁護士試験の合格も実現可能ですけれど、毎日何やかやと日常生活で暇が無い人に対しては、確実な術ではございません。
現在、あるいはこの先、弁護士の資格を得るために独学の勉強法で受験を行う人達に向けた、多様な情報等を配信するサイトです。そこでは試験に合格する為のノウハウをはじめとする、詳しい仕事の事柄、そのやりがい等をお伝えしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 弁護士|めちゃくちゃ難関の... | トップ | 弁護士|深い知識・経験を要... »

日記」カテゴリの最新記事