弁護士歴13年の中堅弁護士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

下積み5年独立8年の経験を持つ弁護士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを発信するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士|深い知識・経験を要する内容であるため…。

2017-12-02 07:10:00 | 日記

全般的に、弁護士試験に一から独学で合格を叶えるのは、とても難しいという実態を認識しましょう。それは合格率が絶対に10%に満たない現況をみても、簡単に推察できることです。
これまで素人で法律知識が一切無いのに、短期の学習期間にて弁護士試験合格を果たす先達も存在します。この人たちに見られます共通する部分は、自身に丁度良い「質の高い勉強法」を見極めることが出来たことです。
深い知識・経験を要する内容であるため、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、基本弁護士試験においては、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を設定しておりますので、一つの教科毎に5年にわたって合格をしていっても、結構な国家試験なのです。
当インターネットサイトは、現役のプロの弁護士が、弁護士試験の効率的な勉強法指南をはじめとする、また様々な弁護士資格専門の通信講座の受験者たちの間での意見、口コミ・レビューなどを独自で調査し、解説を行っているホームページです。
実際合格者の合格率は、弁護士の資格を得る際の難易度加減を確認できる基準の1つでございますが、ここ数年、この値がありありと下伸びで、受験をされる人たちが注目しています。

基本弁護士試験におきましては、各科目各120分しか試験時間がございません。決められたタイムリミット内で、合格圏内に入ることができる点をゲットしなければいけないから、やはり処理能力は求められます。
的外れな勉強法を取り入れて、ゴールが遠くなってしまうというのはめちゃくちゃもったいないことであります。如何にしても、ベストな学習法で短期間にて合格を実現させて、弁護士資格を取得しましょう。
仕事を継続しながら真面目に勉強を行って、ようやく3回目の受験で弁護士に合格することが叶った、わたくし自らの経験をみても、昨今の難易度に関しては、めちゃくちゃ上がっておりより狭き門になっているといえます。
弁護士試験においては、受験の合格率がほぼ6%としたデータがでており、事務系の公的資格としましては、ハードルが高い資格とされています。ですが、全ての問題の内6割正解したら、合格することが出来ます。
現実難易度が高度な試験に関係無しに、それぞれの科目ごとにその時その時に受験可能なことなどから、そのために弁護士試験については、各年5万以上もの人が受験に挑む、資格試験です。

実際事例や演習問題で理解を深め十分頭にいれしっかり基礎を固めた後、実践的&総括的な問題へとスキルアップしていく、模範的な勉強法を採用するのが、弁護士試験の中における試験科目の簿記論にとっては、実に役に立つようです。
通学授業プラス通信講座の2タイプを並行して利用できる、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、GOODな教材類と、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、毎年弁護士合格者の全体の1/2以上を輩出するという輝かしい実績を誇ります。
いかなる問題集を利用して学習をするかということ以上に、どんな種類の工夫された勉強法で挑むのかということの方が、断然弁護士試験を通るためには大切なポイントとなります
2006年度から、弁護士試験の内容は、グンと変わりました。憲法・民法などの法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢択一形式の問題や、記述式問題(小論文)のような新たな傾向の問題も登場し出しました。
社会人をしながら、弁護士資格ゲットを狙っている方も多くいるのではないかと思いますため、自分自身のできる事柄を限られた時間の中で毎日着実に継続していくのが、弁護士試験合格へのショートカットになるのかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|並大抵ではないとさ... | トップ | 弁護士|税務分野の個別論点... »

日記」カテゴリの最新記事