最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

100パーセント独学で貫きたいのは理解できるけど…。

2017-05-11 10:00:02 | 日記

言うまでも無く、公認会計士試験に挑戦する場合には、全身全霊を傾けないと満足のいく成果がみられない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。一寸の時間も無駄にせず空いている時間を出来るだけ効率よく使って受験勉強をコツコツ続けた方が、結果合格につながる試験なのです。
一般的に国家資格の内においても、より難易度が高い公認会計士の職種でありますけれど、何よりも合格への道筋が容易ではないほどに、やっと資格取得した未来は需要の高さや年収、かつ社会的地位の高さをゲットできるということも考えられます。
現実的に、公認会計士試験にオール独学にて合格を志すのは、難易度が高いという事実をあらかじめ確認しておくように。そのことについては今までの合格率の数値が10%以上ないデータによっても、目に見えて思い至ることです。
国家資格試験の公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、約10%と、難関と表されているにしては、合格率が高めとなっています。しかしながら、一度目で合格を実現するのは、可能性がほぼゼロと言われているようであります。
もともと科目合格制なので、公認会計士試験については、働きながら資格取得を目指す受験生も受験しやすくなっていますが、その代わり受験勉強生活がずっと続くことが一般的です。ですから、先輩たちのGOODな勉強法を手本にすることを提案します。

100パーセント独学で貫きたいのは理解できるけど、学習の時間管理や学習法などに、不安を持つ等の際においては、公認会計士試験対策用の通信講座に頼るのも、1種のアプローチ法なのであります。
ここ数年の公認会計士は、スゴク難易度レベルが高い試験で、通信教育をどこにするかで、合否の分岐点が生じます。ただし、数多くの会社があって、果たしていずれの業者が確実か、迷われる受験生もいっぱいいるとお見受けします。
基本的に公認会計士試験を独学で合格しようとするのは、壁が厚いですけれども、学習方法を上手く工夫するとか、有益な情報をちゃんと見聞きすることによって、短期で試験合格を果たすのも、不可能なことではないでしょう。
前もって法律に関しての経験などないのにも関わらずに、短期集中で公認会計士試験合格を果たすツワモノもいます。彼らのほとんどに同じように見ることが出来る点は、自身にピッタリの「効率的な勉強法」を確立したことです。
当然公認会計士資格試験で合格を得るには、手際の良い勉強法で実行するのが、大変大事といえるでしょう。このホームページでは、公認会計士試験の開催日だとかお勧めの教科書のセレクト方法など、受験者にとりまして価値ある色々な情報をとりまとめました。

簿記論の科目につきましては、内容のボリューム量は大量なわけですが、その大部分がいろんなテーマの計算試験問題でつくられているので、公認会計士を目指すには他の国家資格よりも、比較的独学で挑戦したとしましても、学習しやすい試験科目内容とされています。
通常通信講座を受講するという時には、公認会計士だとか公認会計士にしても、両方ご自宅宛でテキスト一式を送付して頂くことができますから、各々のペースで、勉学にいそしむことが可能であります。
超難関というように名高い公認会計士試験の難易度は、大変難しくって、例年の合格率も約2〜3パーセントと、法律系国家資格の中でも、10本の指に入る難関国家試験です。
実際完全に独学で、合格を勝ち取るのは、できないことではありません。ただし、現実的に公認会計士試験は10人チャレンジしても、1人でさえも受からないようなめちゃくちゃ厳しい試験でございます。試験に通るためには、高精度の学習ノウハウを自分のものにしなければいけません。
要するに公認会計士試験というのは、公認会計士を生業にするために絶対に必要な専門的な学識、かつそれに対しての実力や才能が十分あるのかないのかを、見極めることを第一目的として、執り行われる難関とされる国家試験でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他よりもかかる費用が安い…。 | トップ | 司法試験と同一の勉強法で進... »

日記」カテゴリの最新記事