最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国家資格取得をするための講座が受けられる学校もスタイルもともに様々です…。

2017-10-18 21:30:00 | 日記

国家資格取得をするための講座が受けられる学校もスタイルもともに様々です。なので、複数の公認会計士向けに開催されている講座の中から、多忙な方であっても学習することが出来ます、通信講座を開いている予備校を比較検討しました。
基本的に消費税法に関しては、公認会計士試験の主要科目の中では、あんまり難易度は高いものではなくて、簿記の基礎知識をキチンと把握していれば、比較して難なく、合格点を満たすことができる可能性が高いです。
合格率の数字については、公認会計士の試験の難易度を確かめる顕著なモノサシの一つなのですが、このところ、この%の数字が誰の目から見ても確実に低下気味であって、受験生たちの関心が深くなっています。
常日頃から「法律を軸に思考でモノを考えられる者」であるかそうでないのかということをチェックするような、かなり難易度が高度な試験に変わってきていますのが、今の公認会計士試験の実相ではないでしょうか。
実際に公認会計士試験の特筆すべき特徴とされる点として、定められた基準を軸に評価する試験の仕組みとなっていて、資格合格者の総数を取り決めていないので、要するに試験全体の難易度ランクが、直接合格率に反映されることになります。

通信講座(通信教育)については、学習教材の出来が最終的に合否を分けます。今時はDVDだとかネット経由の動画配信などの動画授業も豊富ですが、公認会計士の専門スクール毎で、教育カリキュラムは違いがみられます。
国家資格専門学校の公認会計士コースを受けたいのですが、そばにそういった予備校がない、仕事が多忙、学校に行くような時間を確保できないという方たちに対して、個々のスクールでは、自宅にいながら勉強できる通信講座を取り入れています。
網羅性の高い頼れるテキスト内にもピックアップされていない、学識が必要とされる問題につきましては、潔く降参するようにしましょう。要するに気持ちを切り替えることも、難易度レベルが高い公認会計士試験に合格するには、肝心なことなんです。
合格者が少ないと言われている公認会計士試験の難易度に関しましては、まことに難しくって、例年の合格率も3%以下と、日本国内の国家資格の中でも、指折りの難関国家試験です。
普通通信教育は、公認会計士試験に向けて専門の対策をパーフェクトに記載した、受験専用の学習教材がございますので、独学で取り組むよりも学習の仕方がキャッチしやすくて、勉強がやりやすいでしょう。

現実的に毎年、大体2万名から3万名がチャレンジし、その中の600人〜最高900人前後ぐらいだけしか、合格判定を得ることが出来ません。この現況に注視しましても、公認会計士試験の難易度の様子が把握できます。
可能でしたら危険回避、限りなく無難に、大事をとり慎重にという狙いで、公認会計士試験に立ち向かう場合、専門予備校に通った方が不安が減りますが、オール独学を選択することも良いのではないでしょうか。
公認会計士の通信講座内で、特に推奨されている学習講座は、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。使うオリジナルテキストにつきましては、公認会計士受験生のうちで、最良の教本として評判となっています。
国内においてもナンバー10に入る難易度である公認会計士試験については、11科目の法律の内からいろんな難しい問題が出るため、合格を目指すには、1年近くの十分な試験勉強が大事です。
一般的に従来から、法律知識がゼロの段階から取り掛かり、公認会計士試験合格に確保すべき試験勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。調べてみても、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間超とされています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 100パーセント独学にて公認会... | トップ | 事実「法をベースに客観的な... »

日記」カテゴリの最新記事