13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

司法書士|つまり司法書士試験とは…。

2017-11-06 10:50:00 | 日記

毎年毎年、司法書士試験の合格率の値につきましては、おおよそ2〜3%位であります。学習にかける時間数とのバランスで考えますと、司法書士の資格取得試験がどれほど難易度が厳しいか推測していただけると思います。
昔より、法令知識皆無のレベルから着手して、司法書士試験合格に絶対必要なトータル学習時間は、「3000時間程度」と伝えられています。事実、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
リーズナブルな値段設定や学習範囲を選定し、学習の量をカットしたカリキュラムづくり、高精度の教科書などが好評の高合格率を誇るフォーサイト。今日司法書士の通信講座をあげるならココでしょ!といわれているくらい、人気が集まっております。
実際合格の結果が得られなかった時の、学習量・時間のリスク面を見ると、司法書士受験対策として専門予備校の通信講座、その他には直に専門学校を選ぶのが、より安心ではないでしょうか。
つまり司法書士試験とは、司法書士になるために絶対に必要な法令などの知識はじめ、そのことを活かす技量の有りOR無しを、ジャッジすることをメインに、年に1度受験できる超難関の法律系国家試験です。

実際に試験の演習問題で見識を深め基盤をつくった後に、実践に基づく応用の問題へとチェンジする、典型的な勉強法で取り組むのが、司法書士試験での簿記論の教科については、効果が期待できるみたいです。
国内の法人税法に関しましては、会社を営む場合に、欠かすことの出来ない学識になります。とは言っても、覚えこむ量が沢山あることによって、司法書士試験の科目の中で第一の関門といった様に周知されています。
世間一般的に司法書士の代わりに法的業務を行う街の法律専門家として、社会貢献が期待されております司法書士のポジションは、社会的な地位のある資格に挙げられます。ですので、その分だけ試験の難易度についてもかなり高いものとなっています。
一般的にオール独学で、合格を勝ち取るのは、決して不可能じゃないでしょう。とは言っても、事実司法書士は10人試験に臨んでも、誰も合格できないハードルの高い試験といわれています。そこを勝ち抜くには、早期に正しい勉強の仕方・コツを身につけなければならないでしょう。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、高難易度の司法書士であるわけですが、合格に辿り着くまでの道のりが容易ではないほどに、資格を取得した後には就職先が沢山あるということや年収アップ、一層権威ある地位を持つことが出来る可能性もあります。

今の時代は司法書士試験の対策を掲載した、ホームページや、知識・経験豊富な司法書士が、受験する人に効率的な学習法を伝えるメルマガ等を出していて、情報収集及び士気を保持し続けるためにも役立つものではないかと思います。
現実的に司法書士試験の目立った特徴とされる点として、規準に沿って評価を実行する試験法となっており、合格者の上限人数をはじめから確定していため、一言で言うと出題された問題の難易度の加減が、絶対に合格率につながります。
結論から述べると、現実的に独学しようとも、十分、司法書士の職務に関してマスターできるなら、合格を叶えるということは可能であります。ただし、そうなるためにはかなり、長時間を費やすことが不可欠であります。
合格者の合格率の割合が3%のみの難関の、司法書士試験にて合格を得るためには、独学で行う学習だけで挑戦するというのは、簡単にはいかない事柄が多くあり、専門学校に通うか、家で通信講座を受けて学習するのが世間一般的でしょう。
実際に科目合格制度をとっております、司法書士試験のシステムは、1度のうち、5種の科目を受験することは決められておらず、時期を分けて一つの科目ごとに受験してもOK。1度合格できた科目は、この後も司法書士となるまで有効なものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 司法書士|学習にあてること... | トップ | 司法書士|通学での講座と自... »

日記」カテゴリの最新記事