13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

司法書士|大概のことは全て集約したテキストでさえも記載されていない…。

2017-11-14 14:30:00 | 日記

司法試験と一緒の勉強法で実行するのは、新参の司法書士試験に狙いを定めた受験生に比べて、合計の勉強量がとんでもないものになる傾向がみられます。加えて満足のいく結果は生じず、費用対効果が望めません。
科目合格制となっております、司法書士試験に関しては、同時期に一斉に、5科目全部を受験するといった規則はなく、それぞれの科目ごと1件ずつ数年かけて受験を実施してもいいシステムです。1度合格できた科目は、この先司法書士になるまで合格として継続されます。
一切独学で司法書士試験にて合格を手に入れる場合には、自分なりに最善の勉強法を身につける必要がございます。そうした際に、他の何よりも優れた方法は、先達が実施していた勉強法と同じことを実行することとされています。
ずっと前より、法律知識ゼロの次元から取り組み出し、司法書士試験合格に絶対必要な合計の勉強時間は、大体「3000時間強」と周知されています。一般的に実例でも、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
実際に司法書士試験は、ハイレベルな国家試験といわれている試験なので、最初から司法書士のための専門学校に入学した方が、ベターです。だけど、独学で臨んだとしても人により、とても上手くいくなんてこともあるものです。

一言で言うと「足切り点」(第一段階選抜)としたような受験のシステムが、司法書士試験にはあるんです。要するに、「決められた点に不足しているならば、不合格になる」なんていう数字がはじめに設定されているのです。
大概のことは全て集約したテキストでさえも記載されていない、知識が要求される問題などは、スッパリ切捨てましょう。いさぎよく切り捨てるのも、難易度がめちゃくちゃ高い司法書士試験にて合格を勝ち取るためには、肝心なことなんです。
今現在、あるいは近い将来、司法書士に完全に独学で受験を行う受験者のために作り上げた、多様な情報等を配信するサイトです。当サイトにおいては合格する為の学習方法の秘訣やまた、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などを様々に伝えております。
現実的に司法書士試験を独学にてパスすることは、高難度でありますけれど、勉強法を変えてみたり、様々な情報をキッチリ収集することで、短いスパンにて合格を志すといったことも、可能といえます。
そもそも科目合格制をとっておりますため、司法書士試験においては、働いている社会人の人達も受験しやすいわけですが、その反面、受験勉強の期間が長期にわたる風潮があったりします。ですので、是非とも先達たちの勉強法の内容に取り組むことも重要です。

良い点が多い、司法書士専門予備校通学においての勉強法でありますが、現実的に数十万円を超える一定レベルの額が求められますから、どなたでも受講できるというわけにはいきません。
実際に通信教育講座ですと、司法書士試験の受験対策を不足なくピックアップした、司法書士向けの学習材があるので、独学で進めるよりも学習一連の流れがマスターしやすく、勉強を効率的に進めやすいはずです。
毎回、司法書士試験の合格率の数値は、およそ2〜3%ぐらいとなっています。長いスパンに渡る試験勉強時間との双方のバランス加減を考慮しますと、司法書士の国家資格取得試験がどれ程難関となってるかイメージすることができるのではないでしょうか。
大抵の人は、テレビCMなどが流れている有名な会社だから間違いないなどの、1つも根拠が無いうやむやな理由にて、通信教育を決定してしまいます。されど、そんなことでは難易度が高い司法書士に、合格はできないといえるでしょう。
今日の司法書士の資格取得は、受験者の合格率が6%ぐらいと言われていますので、事務職系の資格の中においては、高難易の資格になっています。だけど、出された全問題の内の6割正しい解答が出来れば、必ず合格圏内に入ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 司法書士|実際に講座を学ぶ... | トップ | 司法書士|実を言えば…。 »

日記」カテゴリの最新記事