13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

司法書士|現実難易度が高度な国家資格試験ですが…。

2017-11-14 06:50:01 | 日記

会社に勤務しながら寝る間を惜しんで勉強に励み、とうとう3度目の試験にて司法書士合格を獲得しました、わたくし自らの実際の体験を顧みても、今はちょっと前より難易度については、とっても難しくなってきていると思っています。
街の法律屋さんとして、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する司法書士の試験を受ける際に、資格に関しては不問とされております。どんな人でもトライできますので、通信教育の中においても、性別は関係なしに幅広い層の方達から高い人気がある資格に挙げられています。
基本司法書士は、たった一人で独学だったとしても合格可能な資格の一つといわれています。なかんずく現在、会社勤めの人がやる気を出して励む法律系国家資格としては期待ができますけれども、同時にめちゃくちゃ高い難易度となっています。
合格率につきましては、司法書士の資格を得る際の難易度レベルを把握する判断基準の一つでありますが、ここ何年かは、この%の数字がありありと下がってきており、多数の受験者たちで話題になっております。
今現在、もしくは将来、司法書士試験に自分ひとりの力で独学で受験を行う受験生たちのために作成を行った、ポータルウェブサイトとなっています。例えば合格を勝ち取る為のキーポイントまた、仕事の内容、業種の魅力などを色々掲載しております。

通常司法書士試験を受けようとする際には、年も性別ともに受験の資格なんか無く、学歴に関しては条件にありません。今に至るまで、法律についての勉強を行ったことがない場合でも、名の通ったいい大学卒の経歴が無くとも、司法書士の資格をとることは可能でございます。
網羅的なテキスト内にも載せられていない、学識が必要とされる問題につきましては、スッキリと諦めるようにしよう。つまりいざ割り切る行動も、難易度高の司法書士試験で合格を得るためには、重要とされます。
司法書士試験においては、平均の合格率が約6%少々と言われていますので、事務系の公的資格の中では、競争率の高い難関資格に入っています。しかし実際には、全体的に問題の6割正解したら、合格できるのです。
合格率の数値が僅か3%の高難易度の、司法書士試験において合格を獲得するには、独学で行う勉強だけで臨むのは、手強い場合が多く存在し、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して勉学に励むのが大部分となっています。
現実難易度が高度な国家資格試験ですが、各科目毎何年かにわたって受験するといったこともできることによって、そのために司法書士試験については、毎年毎年5万名以上が受験申込みする、受かりづらい試験なのです。

リミットがある時間を上手に使い、学習に取り組めますため、会社へ行きながらや家の用事などと両立しての司法書士資格をとろうと思われておられるという方には、通信での教育(通信講座)を受けることは、まことに役に立ちます。
従前は司法書士試験に関しましては、相対してとりやすい資格なんていった様に述べられてきましたけど、今日においては大層難関資格になっていて、相当努力しないと合格できないという資格になっております。
一般的に法人税法の中身は、ビジネスをする上で、必要不可欠な知識といえます。しかし、暗記することが膨大であるため、業界では司法書士試験の第一の関門等と表現されていたりしています。
以前は合格率10%以上の台に落ち着いていた司法書士試験でございましたが、今では、1割以下の率でおさまりつづけています。当然合格率が一桁といえば、高い難易度とされる難関国家資格として、広く認識されます。
現実的に全必須科目の標準の合格率については、10〜12%ほどで推移し、他の難関国家資格よりも、合格率が上であるように思ってしまうかもしれませんが、それに関しては各試験科目の合格率でして、司法書士試験そのものの合格率ではありませんから、覚えておいてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 司法書士|最近司法書士の通... | トップ | 司法書士|実際に講座を学ぶ... »

日記」カテゴリの最新記事