世紀末GEL

GELの世紀末的な生活を紹介

ゲームやらパソコンやらアニメやら音楽の話を
カオスに綴っていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうぶつの森の通信プレイを通じてモラルについて感じた

2012年11月20日 00時00分00秒 | 日々の生活
先日のお休みの日の事。

どうぶつの森で通信プレイがしたいと思い、
秋葉原のヨドバシカメラの前、通称『すれ違い広場』に行って来ました。

その時は既に20時だった事から、人はまばら。
休日の昼間とか、人で溢れかえってるんだけどね。

というわけで、早速プレイ。
誰か、門を開放してる人は居るかな~??


…むぅ、居ないか。


仕方ない、俺がホストをやるか。
という事で、門戸開放しました。

5分後。

一人の人が遊びに来ました。
おお、やっぱりすれ違い広場なら、門を開放しておけば遊びに来てくれるんだな。



ただ…


その人は無言……



…あれ??



仕方なく、こっちから声を掛ける。
『こんばんは』
すると、向こうからようやく返事が。
『おばんです』


…それっきり、その人は俺の村からフルーツをあさり出しました。
う~ん…


そんなやり取りをしてると、更に二人目の人が遊びに来ました。



…また無言。



仕方なく、こちらから声を掛ける。
『こんばんは』


…すると、今度はその声も無視して、無心でフルーツをあさり出す。






…あのなぁ。。。。。




まぁ、あわよくば、俺の村に無いフルーツを置いて行って欲しかったが、
もはや、そんな問題じゃないね。
こっちが挨拶してるんだから、挨拶くらいしろよ。
まして、このゲームはコミュニケーションを楽しむゲームだろうが。
そんな挨拶っていう最低限のコミュニケーションができないでどうするんだよ。
ホントにね、モラルを疑うわ…


今回はハズレを引いたと思いたい。
今度アキバでプレイした時は、マナーの良い人と当たる事を切実に願う…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生活リズム天国 | トップ | 軽く落ち気味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の生活」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事