レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHKよる☆ドラ『書店員ミチルの身の上話』 第3回

2013年01月22日 23時24分26秒 | 2013年ドラマ


『宝くじ』

内容
東京へやって来てしまったミチル(戸田恵梨香)
故郷で、嘘がバレてしまい。兵糧攻めに。
金に困ったミチルは、宝くじを売店で見てもらったところ、
2億の当選券があると言われるのだった。

新聞を買って確認すると、、、、やはり2億!
そこに春子(安藤サクラ)から電話がかかってくる。
すぐに立石武子(濱田マリ)早苗(あさだみゆ)に代わり、
宝くじを送るよう言われてしまい、肩を落とす。
枚数を数えると、、、、なぜか、1枚多い!?

敬称略


だから、ここまでは、分かってるんだよね。

知りたいのは“ここから”



楽天ブログ版
第3回
トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« サキ 第3話 | トップ | NHKドラマ10『いつか陽... »

2013年ドラマ」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

「書店員ミチルの身の上話」第3話 (またり、すばるくん。)
第3回「宝くじ」   
書店員ミチルの身の上話の身の下話の終焉、金の入り目が縁の切れ目ですか?(戸田恵梨香) (キッドのブログinココログ)
大島弓子の「ノン・レガート」で、主人公は宝くじ3000万円が当たり、弁財天にお賽銭を1円投入。 これに対し弁財天は「だめだわ・・・あんた・・・」とつぶやく。 このドラマの主人公のミチル(戸田恵梨香)の無軌道な生き方に・・・同期入社の春子(安藤サクラ)は「あんた・...
書店員ミチルの身の上話 (AKIRAのドラマノート)
第3話の感想 
書店員ミチルの身の上話 第3話 (ドラマハンティングP2G)
第3回「宝くじ」2013.1.22(火) ミチル(戸田恵梨香)は、宝くじが2億円の当選券とわかり、思いがけない幸運に酔いしれる。が、お金を預けた先輩のタテブー(濱田マリ)から「宝くじを送って」と連絡があり落胆する。しかし、頼まれた枚数より一枚多く買ったことに気づ...
書店員ミチルの身の上話(3)・原作は (ドラ☆カフェ)
視聴率は 5.2%・・・前回(6.5)より 宝くじ
よる☆ドラ 「書店員ミチルの身の上話」 第3話 宝くじ (トリ猫家族)
『「もし宝くじが当たったら」・・・ 誰しも一度は夢見たことがあるでしょう。 幸運のあとに何が待ち受けているのか。 たわいのない嘘から、後に果てしない災いの連鎖へと迷い ...
【書店員ミチルの身の上話】NHKよる☆ドラ 第3話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
高額当選おめでとうございます。 当選金があなたを幸せにするか思いがけない不幸をもたらすかは、 あなた次第だということを決して忘れてはなりません。(宝くじ読本) 書店員ミチルの身の上話 第3話「宝...
ビブリア古書堂の事件手帖二話&書店員ミチルの身の上話三話感想 (NelsonTouchBlog)
■ビブリア古書堂の事件手帖二話 「落穂拾ひ」じゃなきゃいけなかったんじゃくて、<新潮文庫>じゃなきゃいけなかったんだね(笑)水野絵梨奈が主人公だった二話。たしかに、綿の糸状しおりがついているのは新潮文庫だけだもんね。。 水野絵梨奈の振られエピソードは切...