レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カエルの王女さま 第6話

2012年05月17日 22時48分35秒 | 2012年ドラマ

『あなたの嘘が許せない』

内容
ある日のこと玲奈(片瀬那奈)は、澪(天海祐希)の部屋で手紙を見つける。
それは、エージェントからの解雇通知だった。

一方、香奈絵(久野綾希子)忠子(石田ゆり子)を中心に、
みぞれ(大島蓉子)玉子(菊地美香)まひる(大島優子)南(福原美穂)
忍(千葉雄大)一希(玉山鉄二)らは、音楽堂取り壊し反対の署名活動を開始。
そこに、、、金も無く困り果てている澪が通りかかり、
歌とダンスで大盛り上がりで署名活動をする。

そのころ、署名活動を知った清忠(岸部一徳)は、哲郎(小泉孝太郎)を叱責。
「結果を出せ!」と。

やがて、シャンソンズの練習が開始されるが、
金も無く空腹で動けない澪が、自分たちでテーマを考えろと言い捨てたことで。
忠子が、、、メッセージソング。。。をテーマに決定する。

澪は、最後の勝負でパチンコ。。。しかし、上手くいかない。
そこに玉子が現れ、アドバイスしてもらい、、、ついに。。。。
「しばらく生きられる」と。

食事をとった澪は、復活し、練習に参加。
そして曲は自分が決めると言い始める澪に、忠子が反発。
それぞれが用意して勝負することに。

そんななか、玉子とパチンコ店通いをしていた澪は、
玉子の苦悩を知ってしまう。

そして追いつめられた哲郎は泥酔し、、、玲奈の部屋で。。。。

敬称略



今回は玉子。。。、、、ついでに、澪?


確かにドラマとしては、、色々と重ねて、悪くないと思います。

ただこれ。。。同じなんだよね。

ドラマが、それなりに作られているので、
書こうか書くまいが悩んでいたが、良い機会だし、書いておきます。


それぞれのキャラにトラウマだとか、負い目だとかあるのは分かります。

で、今度こそ!
なんて感じでシャンソンズだ。

同じ境遇の澪も重ねて、ドラマとしてちょっといい話。

あ。。。そういや、ダンスも!

そういう感じで作られているのだ。

確かに、間違っていない。

そういうモノだしね。

だが問題があるのは、“トラウマ”“葛藤”などでまとめるのは良いけど、

俳優を変更しているだけで、やっていることは同じ。。。なんですよね。


楽しさは感じながらも、微妙にズレが大きくなっている気がします。


ドラマとしては、ほんとによく作られていると思います。
印象として100点以上と言って良いくらい

でも一歩間違えば、引き延ばしているだけだよね。
1エピソードあれば十分に消化できたはずだし。

そういうスッキリしない部分があるから、どうしても。。。。なわけで。


ってか、今回の歌。。。練習してないし!!(苦笑)



楽天ブログ版

第6話 

この記事についてブログを書く
« Wの悲劇 第4話 | トップ | パパドル! 第4ドル »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事