レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真田丸 第3回

2016年01月24日 18時41分38秒 | 2016年ドラマ


「策略」

内容
武田家が滅び、昌幸(草刈正雄)は、織田家へくだることを決断する。
その後、一族を率い、真田の里へ。
昌幸の決断を聞き、弟・信尹(栗原英雄)は疑問を呈したものの、
その覚悟に信尹だけでなく、叔父・矢沢頼綱(綾田俊樹)も得心するのだった。
早速、昌幸は、織田家へおりる方策として、
里のある信州国衆懐柔の策を重臣・高梨内記(中原丈雄)と練りはじめる。

そのころ家康(内野聖陽)は、
本多正信(近藤正臣)本多忠勝(藤岡弘、)と戦の後始末に追われていた。

そして昌幸、信幸(大泉洋)は、織田家へおりるため一丸となるべきと
信濃の国衆・室賀正武(西村和彦)出浦昌相(寺島進)らと話し合うが、
上手くいかず。そこで。。。。昌幸は、信幸に書状を手渡し。。。。

一方、信繁(堺雅人)は、
想いを寄せる地侍・堀田作兵衛(藤本隆宏)の妹・梅(黒木華)に
土産を届けるのだが。同じく幼なじみで、高梨の娘・きり(長澤まさみ)は
その様子が面白くない。
そんな折、真田の里の者と、室賀の里の者がもめていると知る。

敬称略


こう言っちゃなんだけど。

ホントの意味で、信繁に役割が与えられるのは、もう少し先の話。

たとえ、今作が“真田家”の物語だということで、

昌幸、信幸が、メインで描かれたとしても。

やはり主人公は、真田信繁なのである。


だから、何かを描かなくてはならない。

そうなると。。。。やはり、半分は、今回みたいな物語になると言う事だ。

メインで、昌幸、信幸を使い“真田家”を描きながら、

人物紹介も、キャラ見せも兼ねて、信繁の物語を描くということ。

その中にあっても、シッカリと昌幸、信幸、信繁のキャラで魅せる。


今のところ、結構、良い感じのバランスですね。

特に、真田兄弟は、最後まで描かなければなりませんから。

まあ。。。ちょっと信繁は、描きすぎかもしれませんけど。

仕方あるまい。主人公ですし。


あとは、この描きすぎの部分を、

どれだけ、鼻につく描き方にしないか?ってだけかな。。

実は、それこそが、今作の一番頭が痛くなる部分。

やはり、脚本家が脚本家なので、どうしても好みがあるのだ。

色濃く描きすぎれば。。。。。

 

この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手裏剣戦隊ニンニンジャー4... | トップ | 家族ノカタチ 第2話 »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事