レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

流星ワゴン 第2話

2015年01月25日 21時50分52秒 | 2015年ドラマ

「笑って泣ける親子の新コンビ!土下座愛」

内容
ワゴンに乗り、過去を変えたはずの一雄(西島秀俊)
しかし、何も変わっていなかった。
そして再び、忠雄(香川照之)とともにワゴンへと。。。。

到着したのは去年の1月9日。一雄は喪服を着ていた。
思い当たるのは、取引先の会長・財部聡一郎の葬儀。
到着すると自分をリストラした藤木常務(木下ほうか)の姿があった。
葬儀後、精進落としという名の、常務派の決起集会が開かれ、
参加した社員は、リストラされなかった。
そのとき一雄は、打ち合わせがあり参加しなかったのだ。
参加する事だけを伝えに行ったつもりが、藤木の態度に不快感を示す忠雄は、
その場を後にしてしまい、、、、後を追いかける一雄。

やがて一雄は、妻・美代子(井川遥)息子・広樹(横山幸汰)を見かける。
拾ってきた子犬を飼いたいという広樹に
美代子は、夫が反対するだろうと説明していた。
その様子を見た忠雄は、この時間に帰った理由は、これでは?と一雄に告げる。

敬称略


前回の事があるので、

どれだけ、一雄が父のことを憎んでも、

間違いなく忠雄は。。。。。。なわけである。

だから、どれだけ対立したって、言い合ったって

“結果”は見えてしまっている。


そう。

よく言えば、人情モノとして、キッチリ作り込まれている。

でも、悪い言い方をすれば、ワンパターン。

そういうことだ。


もちろん、それが悪いことだとは思わない。

そういう構成のドラマだし、それが今作のオモシロ味でもあるからだ。

実際、面白いしね。


ただ疑問なのは。

ふたり。..というか、幽霊を混ぜると4人ですが。

それらの人物は、“経験”を共有しているし、“記憶”もあるわけだ。

だからこそ、一雄は自信の苦悩を橋本に話をする。


ここで、問題点が浮かび上がる。

“変わらないこと”に関しては、一雄が苦悩しても良いが。

“父の真実の姿”に関しては、前回があるから理解を示しても良いワケなのだ。

なのに。。。その部分にさえ、なぜか反発する一雄。

反発することはドラマとしては良いコトだけど

連ドラとしては、失敗していると言わざるをえないだろう。

だって、前回があるから!

そうなのだ。一雄がわめき散らし、父に当たる意味が分からない。

トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 花燃ゆ 第四回 | トップ | マッサン 第97回 »

2015年ドラマ」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

流星ワゴン #02 (ぐ~たらにっき)
『笑って泣ける親子の新コンビ!土下座愛』
【 流星ワゴン 】第2話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
確かに…つらい出来事は何も変わらないのかもしれません。 でも、結果は同じでも違うこともあるんじゃないですかね。 見る角度が変われば、 見える形も変わってくる。 流星ワゴン 第2話      ワゴン車の運転手・橋本さんによると、 ただひ...
流星ワゴン「笑って泣ける親子の新コンビ~守れ家族」 (のほほん便り)
出ました、土下座オンパレード! タイムスリップした経験が相手(特に家族)の記憶になく、ゼロに戻るなら、一雄(西島秀俊)は「辛いことを何度も繰り返したくない」と悩むようになりました。でも、押入れに黒髭ゲームがあるのを見て、ハタ。今回は、ワゴンに乗ってる、...
流星ワゴン (第2話・1/25) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系『流星ワゴン』(公式) 第2話『笑って泣ける親子の新コンビ~守れ家族』の感想。 なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。 一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)は葬儀会場に到着。そこで、藤木常務(木下ほうか)に誘われる‘精進落とし’に参加す...
流星ワゴン 第2話 (ぷち丸くんの日常日記)
一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)は、一雄が勤める会社の会長の葬儀会場に辿り着きます。 そこに、一雄の上司で常務の藤木(木下ほうか)が現れます。 後に一雄のリストラを決める張本人でした。 この日、行われる精進落としが、実は常務一派の決起集会だった...
流星ワゴン #02 (昼寝の時間)
公式サイト 再びワゴンに乗った一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)が次に辿りついた
「流星ワゴン」2 ☆☆ (ドラマでポン)
はいツンデレツンデレ。 1話の繰り返しでしたよね。父を大嫌いになったあれもこれも、本当のことを何も知らなかっただけagain 前回2時間もかけたことを繰り返されちゃ、2話から ...
2015年内的宇宙の旅(井川遥) (キッドのブログinココログ)
不安定な水曜日だな。 記憶が曖昧になるんだよねえ。 順番としては「流星ワゴン」から見るわけだ。 いろいろあるが・・・粗暴な父親に馴染めない繊細な子供が臆病なまま成人して粗暴な現実に対応できないという話だ。 で・・・「○○妻」は最悪な父親に育てられた子供が完...